前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 肖像権

    肖像権から見た大日本スクリーン製造

    大日本スクリーン製造の関連会社である『マイザ』が製作・販売したCD『百人の顔』は、一般人約100人の顔写真を収録しているが、これについて、広告など商業目的利用への十分な説明が無いまま撮影し販売し、CDに収録の写真を使用した業者と被撮影者との間で、トラブルが頻発している。CDの販売は中止されたものの、既に販売されたCDは回収不能状態である。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たオノ・ヨーコ

    ジョン・レノン事件 - 営団地下鉄(現:東京メトロ) が遺族のオノ・ヨーコらに無断で、アンディ・ウォーホル作のジョン・レノンをコラージュした肖像画のプリペイドカードを発売した問題。営団地下鉄は、販売を自粛した。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たアンディ・ウォーホル

    ジョン・レノン事件 - 営団地下鉄(現:東京メトロ) が遺族のオノ・ヨーコらに無断で、アンディ・ウォーホル作のジョン・レノンをコラージュした肖像画のプリペイドカードを発売した問題。営団地下鉄は、販売を自粛した。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たジョン・レノン

    ジョン・レノン事件 - 営団地下鉄(現:東京メトロ) が遺族のオノ・ヨーコらに無断で、アンディ・ウォーホル作のジョン・レノンをコラージュした肖像画のプリペイドカードを発売した問題。営団地下鉄は、販売を自粛した。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た東京地下鉄

    ジョン・レノン事件 - 営団地下鉄(現:東京メトロ) が遺族のオノ・ヨーコらに無断で、アンディ・ウォーホル作のジョン・レノンをコラージュした肖像画のプリペイドカードを発売した問題。営団地下鉄は、販売を自粛した。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たジャニーズ事務所

    ジャニーズ事務所など、所属タレントの写真を一部例外を除いてウェブサイトでの公開を許可していない芸能事務所がある。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た迷惑防止条例

    現在、日本国内で刑事において盗撮行為を罰する際の法的根拠は「肖像権の侵害」ではなく、わいせつ罪や各地方公共団体が定める迷惑防止条例や映画館での映画作品盗撮を禁止した映画の盗撮の防止に関する法律にある。そのため、わいせつ要素が無い場合や迷惑防止条例に違反していない場合、無断で肖像を撮影・公開されても、刑事の面で罰せられることはない。しかし、条例レベルでの規制はまちまちであり、被写体が写真及び映像の画面上の一定以上の割合を占めた時点で、無許可撮影が条例に抵触する場合があり、公道や海岸で景色を撮る場合でも注意が必要である。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たスティーブ・マックイーン

    スティーブ・マックイーン事件 - 映画栄光のル・マンの主演俳優の映像を、日本公開時のタイアップ企業宣伝に本人の許可を得ずに使用した事例。当時の日本では肖像権についてあまり知られておらず、裁判所も「日本の慣行上問題はない」として不法行為成立のために必要とされる過失は認められないとして、損害賠償請求を否定する判断をした。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たルイス・ブランデルズ

    肖像権が注目されるようになったのは、新聞や雑誌、映画などの普及によって個人の私的生活が世間に知られる可能性が強まった19世紀後期以後の事である。1890年に発表されたアメリカのサミュエル・ウオーレンとルイス・ブランデルズの共著による論文「プライバシーの権利」が肖像権に触れた最初の文章とされている。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たチカップ美恵子

    アイヌ民族肖像権訴訟(1985年) - アイヌ民族の少女(チカップ美恵子)の写真に「滅び行く民族」というキャプションを付けて無断で書籍に掲載した事例。1988年に和解。肖像権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「肖像権」のニューストピックワード