59件中 11 - 20件表示
  • 肖像権

    肖像権から見た森達也

    この件に関してドキュメンタリー作家の森達也は、ドキュメンタリーにおいて全ての被写体から撮影許諾を取るは事実上不可能であり、どんな内容であろうと全被写体の撮影許可を取るという慣行もないとしている。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た靖国 YASUKUNI

    映画靖国 YASUKUNI問題 - 映画制作者が靖国神社の許可を取らずに施設内を撮影したとされる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た政治家

    報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や公務中の公務員、芸能人のような公人に関する場合であっても、肖像権は存在し得るが、撮影の目的や場所、様態、必要性などを総合的に勘案して、それが肖像権を侵害しても良いとされる限度であるかどうかを判断した上で撮影を行えば、一般に違法性はないと考えられる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た迷惑防止条例

    後者の例としては、後ろ姿で撮られていたり、顔面を除いた身体の一部分のみが撮影されている場合が挙げられる。また、被写体が明らかに観光客と認められる場合も含まれる。後者の例では、いずれも個人の特定が実質的に不可能であり、人格を保護するという法益に反していない。ただし、衣服の上から身体の一部のみを撮影する場合であっても、人を著しく羞恥させ、又は不安を覚えさせるような卑わいな撮影の仕方(言動)をした場合、各都道府県が定める迷惑防止条例に違反する恐れがある。ただし、これは私人間における例外規定であり、被写体が著名人であれば後述の財産権を侵害する恐れがある。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たタレント

    著名性を有する肖像が生む財産的価値を保護する権利。著名性を有するということから、おのずとタレントなどの有名人に認められることになる。有名人の場合はその性質上個人のプライバシーが制限される反面、一般人には認められない経済的価値があると考えられている。例えば、有名人を起用したテレビコマーシャルや広告・ポスター・看板などを使って宣伝を行うとより多くの人が関心・興味を持つようになるなど効果が期待され、結果的に有名人には集客力・顧客吸引力があると言える。この経済的価値を「パブリシティー権」(あるいはパブリシティー価値)と呼ぶこともある。アイドル歌手などの写真を勝手に販売したり、インターネットで配布するなどして問題になることが多い。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た芸能事務所

    民法に定められている権利が、日本国憲法に定められている権利に負ける恐れがあるため、近年、芸能事務所が契約を結ぶ際には、契約書の中に「事前の承諾なしには画像の修正等は認めない」「過度の修正は認めない」「加工物の権利は芸能プロダクション側に譲渡するものとする」などを、事細かに明記するのが通例となっている。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た新聞

    肖像権が注目されるようになったのは、新聞や雑誌、映画などの普及によって個人の私的生活が世間に知られる可能性が強まった19世紀後期以後の事である。1890年に発表されたアメリカのサミュエル・ウオーレンとルイス・ブランデルズの共著による論文「プライバシーの権利」が肖像権に触れた最初の文章とされている。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たスター・ウォーズ・キッド

    スター・ウォーズ・キッド - 私人の動画が本人の許可を得ず流出し、インターネット上で流行した事例。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た帝都高速度交通営団

    ジョン・レノン事件 - 営団地下鉄(現:東京メトロ) が遺族のオノ・ヨーコらに無断で、アンディ・ウォーホル作のジョン・レノンをコラージュした肖像画のプリペイドカードを発売した問題。営団地下鉄は、販売を自粛した。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た京都府学連事件

    京都府学連事件(最高裁判所昭和44年12月24日大法廷判決)- 警察による撮影は、理由がある限り適法・合憲と判断されている。肖像権 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示