59件中 31 - 40件表示
  • 肖像権

    肖像権から見たNHKアーカイブス

    現在では、映像が残っている過去のテレビ番組を公開するに当たっては、肖像権に配慮して、被写体の人物をすべて割り出した上でその人物若しくは関係者・芸能事務所に再放送・公開の許可を得ることがある(NHKアーカイブスなど)。その場合、一人でも、確認もしくは公開の許可が下りなかった場合は映像加工した上で公開することがある(場合によっては公開が不可能となることがある)。ただし、これは問題を避けるため業界により行われる自主規制であり、法令に基づくものではない。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た栄光のル・マン

    スティーブ・マックイーン事件 - 映画栄光のル・マンの主演俳優の映像を、日本公開時のタイアップ企業宣伝に本人の許可を得ずに使用した事例。当時の日本では肖像権についてあまり知られておらず、裁判所も「日本の慣行上問題はない」として不法行為成立のために必要とされる過失は認められないとして、損害賠償請求を否定する判断をした。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た幸福追求権

    人格権に関しては、「公権力が『正当な理由無く』個人を撮影してはならない」とする最高裁判例が存在する。この判例における法源としては、憲法13条(幸福追求権)が挙げられる。ただし、捜査の過程において高度な蓋然性が認められる場合はこの限りではない(山谷監視カメラ事件)。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た公務

    報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や公務中の公務員、芸能人のような公人に関する場合であっても、肖像権は存在し得るが、撮影の目的や場所、様態、必要性などを総合的に勘案して、それが肖像権を侵害しても良いとされる限度であるかどうかを判断した上で撮影を行えば、一般に違法性はないと考えられる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たアメリカ合衆国憲法修正条項

    米国においては、被写体の肖像権よりも、写真などの撮影者や、それらを加工した編集者の権利が最優先されるという考え方が一般的である。これは米国憲法修正第1条に定められている「表現の自由・言論の自由」は民主主義の絶対条件であり、「何ごとよりも優先される」という考え方によるものである。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た報道写真

    報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や公務中の公務員、芸能人のような公人に関する場合であっても、肖像権は存在し得るが、撮影の目的や場所、様態、必要性などを総合的に勘案して、それが肖像権を侵害しても良いとされる限度であるかどうかを判断した上で撮影を行えば、一般に違法性はないと考えられる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た言論の自由

    米国においては、被写体の肖像権よりも、写真などの撮影者や、それらを加工した編集者の権利が最優先されるという考え方が一般的である。これは米国憲法修正第1条に定められている「表現の自由・言論の自由」は民主主義の絶対条件であり、「何ごとよりも優先される」という考え方によるものである。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た公人

    報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や公務中の公務員、芸能人のような公人に関する場合であっても、肖像権は存在し得るが、撮影の目的や場所、様態、必要性などを総合的に勘案して、それが肖像権を侵害しても良いとされる限度であるかどうかを判断した上で撮影を行えば、一般に違法性はないと考えられる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見たプライバシー

    著名性を有する肖像が生む財産的価値を保護する権利。著名性を有するということから、おのずとタレントなどの有名人に認められることになる。有名人の場合はその性質上個人のプライバシーが制限される反面、一般人には認められない経済的価値があると考えられている。例えば、有名人を起用したテレビコマーシャルや広告・ポスター・看板などを使って宣伝を行うとより多くの人が関心・興味を持つようになるなど効果が期待され、結果的に有名人には集客力・顧客吸引力があると言える。この経済的価値を「パブリシティー権」(あるいはパブリシティー価値)と呼ぶこともある。アイドル歌手などの写真を勝手に販売したり、インターネットで配布するなどして問題になることが多い。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た公務員

    報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や公務中の公務員、芸能人のような公人に関する場合であっても、肖像権は存在し得るが、撮影の目的や場所、様態、必要性などを総合的に勘案して、それが肖像権を侵害しても良いとされる限度であるかどうかを判断した上で撮影を行えば、一般に違法性はないと考えられる。肖像権 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示