41件中 11 - 20件表示
  • 朝日賞

    朝日賞から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    朝永振一郎 (1946年) - 中原和郎 (1946年) - 増山元三郎 (1947年) - 坂田昌一 (1948年) - 今井功 (1950年) - 野副鉄男、吉田富三 (1951年) - 岡潔 (1953年) - 江崎玲於奈、梅沢浜夫 (1959年) - 加藤敏夫 (1960年) - 熊本大学医学部水俣病研究班 (1966年) - 広中平祐 (1967年) - 江橋節郎 (1968年) - 東北大学金属材料研究所付属材料試験炉利用施設研究グループ (1975年) - 伊藤清 (1977年) - 金関丈夫 (1978年) - B型肝炎研究グループ (1979年) - 「はくちょう」衛星観測チーム (1980年) - 利根川進 (1981年) - 多田富雄 (1981年) - 花房秀三郎 (1983年) - 西澤潤一 (1984年) - 富澤純一 (1986年) - 神岡観測グループ (1987年) - 岸本忠三 (1988年) - 豊島久真男 (1990年) -山本雅 (1990年) - 志村五郎 (1991年) - 真崎知生 (1991年) - 野依良治 (1992年) - 竹市雅俊 (1993年) - 小林誠・益川敏英 (1994年) - 丸山工作 (1994年) - 真鍋淑郎 (1995年) - 荒木不二洋 (1996年) - 伊賀健一 (1997年) - スーパーカミオカンデ観測グループ (1998年) - 柳田敏雄 (1998年) - 小川誠二 (1999年) - 赤﨑勇 (2000年) - 中村修二 (2000年) - 柳田充弘 (2000年) - 十倉好紀 (2001年) - 加藤和也 (2002年) - 板倉文忠 (2004年) - 蔵本由紀 (2005年) - 審良静男 (2005年) - 川人光男 (2006年) - 近藤孝男 (2006年) - 下村脩 (2006年) - 山中伸弥 (2007年) - 宮崎照宣・湯浅新治(2007年) - 福山幸夫・戸田達史・遠藤玉夫 (2007年) - 大隅良典 (2008年) - 深谷賢治 (2009年) - 豊島近 (2009年) - 諏訪元 (2009年) - 香取秀俊 (2011年) - 坂口志文 (2011年) - 松波弘之 (2012年) - 神谷信夫 (2012年) - 沈建仁 (2012年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・マーティン・テミン

    ハワード・マーティン・テミンから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    レナート・ドゥルベッコ、デビッド・ボルティモアとともに、1970年代にウィスコンシン大学マディソン校で逆転写酵素を発見し、1975年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。さらに彼は、腫瘍ウイルスが逆転写酵素を使って宿主の細胞の遺伝情報をどのように書き換えるかということを明らかにした。またこの発見は、フランシス・クリックが提唱し、広く信じられてきたセントラルドグマの概念に修正を迫るものであった。クリックや当時の他の分子生物学者は遺伝情報は、DNA→RNA→タンパク質と一方向にのみ流れるものだと信じていたが、テミンはある種の腫瘍ウイルスが、逆転写酵素を使ってRNA→DNAの方向に遺伝情報を伝えることができるということを示した。この現象は、同じ頃テミンと一緒にノーベル賞を受賞することになるデビッド・ボルティモアによっても、独立に発見されていた。逆転写酵素は、エイズを引き起こすHIVやウイルス性肝炎の原因となるB型肝炎ウイルス (HBV) などのウイルスも持っているため、この酵素の発見は近年の医学における最も重要な発見の一つとなった。また分子生物学におけるPCRや医療診断に使われる重要なツールにもなっている。テミンは1992年にアメリカ国家科学賞を受賞した。ハワード・マーティン・テミン フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイス〜命なき者の声〜

    ヴォイス〜命なき者の声〜から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    警備員。2年前までは科学警察研究所で火災を専門に分析する部署に勤めていた。火災現場でカーペットに包まれた聡を抱きかかえたまま、一酸化炭素中毒により死亡。ウイルス性肝炎に感染していた。『CSI:科学捜査班』の大ファン。ヴォイス〜命なき者の声〜 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁追跡捜査係

    警視庁追跡捜査係から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    元強行犯係の係長。激務が祟り、ウイルス性肝炎に罹り入院していたが、2カ月前に退院。リハビリを兼ねて追跡捜査係に回された。警視庁追跡捜査係 フレッシュアイペディアより)

  • 瀉血

    瀉血から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎の一種であるC型肝炎では、体内に異常蓄積された鉄分を減らすため、食餌療法と並行して瀉血療法が行われることがある。C型肝炎では、肝臓に蓄積された鉄分により活性酸素が発生し、肝炎症状の悪化を招く。このため肝臓に蓄積された鉄分を減らすために通常は鉄分を含む食品を取らないようにして症状の悪化を食い止めるが、既に鉄分が過剰に蓄積されている状態では、通常の新陳代謝ではなかなか状態が改善しないことがある。このため、瀉血によりヘモグロビンの形で多量の鉄を内部にもつ赤血球を体外に排出させ、体内の鉄の総量を減少させる治療が行われる。これは、あくまで肝炎の進行を抑え肝硬変及び肝がんへの移行を防ぐための対症療法であり、肝炎自体の治癒を目的とするものではない。瀉血 フレッシュアイペディアより)

  • D型肝炎

    D型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    D型肝炎(Dがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、小さな円形のRNAウイルスであるD型肝炎ウイルス(HDV、デルタ肝炎ウイルス)に起因する疾患である。このウイルスは(遺伝子的に)不完全な複製であり、したがって、別のウイルスと共存しなければ自己増殖しえない。ヒトでは、この共存現象がB型肝炎ウイルスの感染下でのみ起こる。この伝染が同時に起こった場合、同時感染(coinfection)と呼び、以前B型肝炎に感染した細胞にD型肝炎ウイルスが感染した場合は、重複感染(superinfection)と呼ぶ。D型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • E型肝炎

    E型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    E型肝炎(Eがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、E型肝炎ウイルス(略称HEV)と呼ばれる接触感染性ウイルスによって起こる。ウイルスが発見されるまでは日本においては経口伝播型非A非B型肝炎と呼ばれていた。日本の感染症法での取り扱いは4類感染症。E型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • G型肝炎

    G型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    G型肝炎(Gがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、GBウイルスC(GBV-C、またはしばしばG型肝炎ウイルスまたはHGVと称される)が原因であるとしばしば指摘されている。しかし、GBV-Cが実際に肝疾患を引き起こすかどうかについてはまだ明らかにされていない。1G型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • TT型肝炎

    TT型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    TT型肝炎(ティーティーがたかんえん)は、近年、日本人科学者によって報告されたウイルス性肝炎の一種。TT型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • F型肝炎

    F型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    F型肝炎(Fがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、肝炎との関連が考えられているあるウイルスが原因だと仮定されている。F型肝炎 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「肝炎ウイルス」のニューストピックワード

  • 周りの人に言うことが大切。それは同時に周りの人への啓発にもつながる。

  • 肝炎で苦しむ人減らしたい

  • 全日本少年サッカー組み合わせ決定