50件中 11 - 20件表示
  • 感染管理

    感染管理から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    個人用保護具(Personal protective equipment, PPE)は医療従事者が危険から身を守るために身につける衣類や器具を言う。医療現場での危険とは、ウイルス性肝炎やHIVなどの病原体を含む可能性のある血液・唾液・その他の体液やエアロゾルへの曝露を指す。個人用保護具はそれらの感染性物質と医療従事者の間に物理的なバリアを作ることにより曝露を防ぐことを目的とする。感染管理 フレッシュアイペディアより)

  • 結節性多発動脈炎

    結節性多発動脈炎から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    不明である。B型肝炎ウイルスやヘアリーセル白血病の関与が示唆されているが、いずれも認めないものも多い。結節性多発動脈炎 フレッシュアイペディアより)

  • D型肝炎

    D型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    D型肝炎(Dがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、小さな円形のRNAウイルスであるD型肝炎ウイルス(HDV、デルタ肝炎ウイルス)に起因する疾患である。このウイルスは(遺伝子的に)不完全な複製であり、したがって、別のウイルスと共存しなければ自己増殖しえない。ヒトでは、この共存現象が原則としてB型肝炎ウイルスの感染下でのみ起こる。この伝染が同時に起こった場合、同時感染(coinfection)と呼び、以前B型肝炎に感染した細胞にD型肝炎ウイルスが感染した場合は、重複感染(superinfection)と呼ぶ。D型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    産道感染(経膣感染): 出産時の出血や皮膚の擦り傷を介して感染。B型肝炎やHIVなど。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤明

    加藤明から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    1982年、ウイルス性肝炎を発病しリマ市内の病院で死去。49歳没。翌日のペルーの新聞では、『ペルーは泣いている』『ペルー人といってもいい日本人』などの大見出しをつけて加藤の死が報じられ、加藤の葬儀には5万人のペルー国民が参列した。加藤明 フレッシュアイペディアより)

  • 除斥期間

    除斥期間から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    乳幼児期に受けた集団予防接種等によって、B型肝炎ウイルスに感染しB型肝炎を発症したことによる損害につき、B型肝炎を発症した時が、724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例除斥期間 フレッシュアイペディアより)

  • アザチオプリン

    アザチオプリンから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    さまざまな副作用が出やすい。特に注意が必要なのは、骨髄抑制に伴う血液障害や肝障害、ウイルス性肝炎や間質性肺炎などの再発を含めた各種の感染症である。皮下出血など出血傾向、発熱やのどの痛み、皮膚の発赤や水ぶくれ、皮膚や白目が黄色くなるといった症状も表れる可能性があるので注意が必要である。アザチオプリン フレッシュアイペディアより)

  • アラニンアミノ基転移酵素

    アラニンアミノ基転移酵素から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    正常ではALTの方が高めの数値を示していることが多い。肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝腫瘍などの肝疾患ではAST、ALTの上昇が特徴的であり、100以上、ときに500以上を示す。なかでも、アルコール性肝炎や肝硬変、肝腫瘍ではASTの上昇が目立ち、ウイルス性肝炎や脂肪肝ではALTの上昇が目立つとされている。アラニンアミノ基転移酵素 フレッシュアイペディアより)

  • モアナ・ポッツィ

    モアナ・ポッツィから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    大部分の報道では、肝癌で死んだとされる。いくつかの扇情的な報道はエイズで死んだと主張したが、この風説は最終的には証拠立てられなかった。死のニュースは、1994年9月17日に報じられた。(人が突然肝癌で死ぬことは稀である。通常は数十年の飲酒の後、長期間肝硬変を患うか、B型またはC型肝炎に耐えた後に、肝癌で何ヶ月も苦しむものである。)モアナ・ポッツィ フレッシュアイペディアより)

  • TT型肝炎

    TT型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    TT型肝炎(ティーティーがたかんえん)は、近年、日本人科学者によって報告されたウイルス性肝炎の一種。TT型肝炎 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「肝炎ウイルス」のニューストピックワード