50件中 21 - 30件表示
  • ヴォイス〜命なき者の声〜

    ヴォイス〜命なき者の声〜から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    警備員。2年前までは科学警察研究所で火災を専門に分析する部署に勤めていた。火災現場でカーペットに包まれた聡を抱きかかえたまま、一酸化炭素中毒により死亡。ウイルス性肝炎に感染していた。『CSI:科学捜査班』の大ファン。ヴォイス〜命なき者の声〜 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野四郎

    飯野四郎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    飯野 四郎(いいの しろう、1936年 - 2008年9月2日)は、日本の医学者、医師。医学博士。専門は、肝臓病学。日本「ウイルス性肝炎治療の父」と呼ばれる。飯野四郎 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・マーティン・テミン

    ハワード・マーティン・テミンから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    この現象は、同じ頃テミンと一緒にノーベル賞を受賞することになるデビッド・ボルティモアによっても、独立に発見されていた。逆転写酵素は、エイズを引き起こすHIVやウイルス性肝炎の原因となるB型肝炎ウイルス (HBV) などのウイルスも持っているため、この酵素の発見は近年の医学における最も重要な発見の一つとなった。また分子生物学においてmRNAからのcDNAの合成、PCRや医療診断に使われる重要なツールにもなっている。また、アジドチミジンなどの逆転写酵素阻害薬はHIVに対する治療薬として用いられている。ハワード・マーティン・テミン フレッシュアイペディアより)

  • 肝硬変

    肝硬変から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝疾患、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、肝レンズ核変性症(Wilson病)などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) が原因として注目されている。肝硬変 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日賞

    朝日賞から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    B型肝炎研究グループ (1979年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ ディビジョン1

    2006年のJリーグ ディビジョン1から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    62,240人と、当時Jリーグの最多観客数を更新したこの試合、21分にマグノ・アウベスのゴールでG大阪が先制するも、27分にはポンテのゴールで浦和がすぐに追いつき、さらに前半終了間際のワシントンのゴールで浦和が逆転。後半に入ってもワシントンが追加点をあげて突き放す。G大阪は後半途中から、ウイルス性肝炎で長期離脱していた遠藤保仁を投入し反撃に出るが、反撃は78分の山口智の挙げた1点止まり。浦和が3-2で勝利し、14年目での初優勝を飾った。この試合は、2013年に行われたJリーグ20周年企画「Jクロニクルベスト」において最も得票を集めた試合となった。また、同節で勝利した川崎がG大阪を交わして逆転で2位になり、翌年のAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。2006年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • 悪性腫瘍

    悪性腫瘍から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    イニシエーション(:en:Tumor initiation)とプロモーションによって細胞増殖が起き過形成となるとアポトーシスの機構が働き細胞の増殖が抑えられる。しかしアポトーシスが進行して細胞数が減ると逆に体内でアポトーシスを抑制して細胞増殖を促進するようになる。例えば放射線で誘発されるリンパ腫の実験ではアポトーシスを起こしやすい動物系統がリンパ腫を発生させやすい。アポトーシスが起こり細胞が減少するとアポトーシスを抑制して細胞増殖を促進させるようになりこれが癌化への引き金となる。ウイルス感染(エプスタインバーウイルス(EBV)、パピローマウイルス(HPV)、ヒトT細胞白血病ウイルス、B型及びC型肝炎ウイルスなど)、化学物質による発がんも放射線誘発発がんと同様にアポトーシスの亢進に引き続くアポトーシスの抑制(遺伝子bcl-2の活性化など)が癌化に際して重要な要因となっている。がん抑制遺伝子p53はDNA損傷の修復を助けるが損傷を修復できない場合にはアポトーシスを誘発させて細胞ごと消去する。p53に異常があるとアポトーシスが起こりにくくなり発がんにつながることになる。悪性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 貧血

    貧血から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    通常、貧血は健康ではない状態であるが、これを他の症状の治療に利用することがある。ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。これを食い止めるために、食事制限などによって人為的に鉄分欠乏状態を起こさせる。貧血 フレッシュアイペディアより)

  • 無症候性キャリア

    無症候性キャリアから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    代表的な例の一つに、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 感染症(後天性免疫不全症候群、エイズ)の場合がある。HIV感染症では感染直後に一過性の風邪様の症状があらわれるが、その後長い場合では10年間以上、症状の顕れない時期(無症候期)が続き最終的にエイズを発症する。しかし、無症候期の間もHIVは血液中でT細胞に感染しながら徐々に増殖しており、この時期の宿主も感染源として血液や性交渉を介してHIVを伝染させる能力を持った、無症候性キャリアの状態にある。このほか、ヒトT細胞白血病ウイルス(ヒトTリンパ球向性ウイルス)や、慢性ウイルス性肝炎の原因となるB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなど、潜伏感染や慢性感染を起こす病原体による疾患で多く見られる。無症候性キャリア フレッシュアイペディアより)

  • E型肝炎

    E型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    E型肝炎(Eがたかんえん、)は、ウイルス性肝炎の一種で、E型肝炎ウイルス(略称HEV)と呼ばれる接触感染性ウイルスによって起こる。ウイルスが発見されるまでは日本においては経口伝播型非A非B型肝炎と呼ばれていた。日本の感染症法での取り扱いは4類感染症。E型肝炎 フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「肝炎ウイルス」のニューストピックワード