50件中 31 - 40件表示
  • A型肝炎

    A型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    A型肝炎(Aがたかんえん、Hepatitis A, HA)とは、A型肝炎ウイルス(HAV)が原因のウイルス性肝炎の一種である。多くは一過性の急性肝炎症状で終わり、治癒後は強い免疫を獲得する。A型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 第五福竜丸

    第五福竜丸から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    重度の肝機能障害を起こす肝炎、肝癌、肝硬変の原因因子はそのほとんどが肝炎ウイルスの感染であり、アルコールやNASHは肝癌、肝硬変の原因としては全体から見れば少数派であり、放射線被曝での発症率はアルコールよりも低く放射線被曝が原因での肝炎肝癌発症の症例はほぼ皆無である。また、事件当時は医療器具、特に注射針に関してはディスポ(使い捨て)は殆ど行われず、消毒して使い回しされることもしばしばであり、各種法定予防ワクチンの集団接種で使い回しされた注射針が原因でB型肝炎ウイルス感染が引き起こされ集団訴訟になったのは周知の事実である。第五福竜丸乗組員17名が重度の肝機能障害を引き起こした原因は、ウイルス感染した売血による輸血であるという指摘も存在する。1950年代当時、輸血用血液の多くは売血によって集められており、この事件の10年後である1964年に駐日アメリカ大使エドウィン・O・ライシャワーが襲撃を受け、日本国内で輸血を受けたところ肝炎に感染、これをきっかけに売血廃止に向かうまで輸血のリスクは高かった。第五福竜丸 フレッシュアイペディアより)

  • 予防接種

    予防接種から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    免疫系に示す抗原としてウイルス性物質を接種しない。ウイルス中の特定のタンパク質を分離して接種する、などの方法がある。この方式の弱点は、分離したタンパク質が変質する可能性があり、その場合ウイルスに対応するものとは別の抗体が作られてしまうと言うことである。他のサブユニットワクチンには組み替え型ワクチンがある。これは対象となるウイルスのタンパク質遺伝子を別のウイルスに注入する方法である。この第二のウイルスはタンパク質情報を発現するが、病気のリスクはない。この種のワクチンは現在肝炎ウイルスに用いられており、エボラウイルスやHIVなど、予防接種が難しいウイルスに対するワクチンを作るため、さかんに研究されている。予防接種 フレッシュアイペディアより)

  • アレルギー

    アレルギーから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    IgGというタイプの免疫グロブリンが、抗原を有する自己の細胞に結合し、それを認識した白血球が細胞を破壊する反応である。代表的にはB型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎が挙げられる。ウイルスを体内から除去しようとする結果、肝細胞が破壊されるため症状を来している。ペニシリンアレルギーも、II型アレルギーの一種である。この種のアレルギーの有無は、クームス試験などの検査によって調べる。アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    B型肝炎(Bがたかんえん、)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 性感染症

    性感染症から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(B型肝炎ウイルス)- 唾液、性器分泌液。(A型肝炎とE型肝炎は糞口感染によって伝播、C型肝炎は稀に性交感染、D型肝炎(B型肝炎との共感染のみ)の感染経路ははっきりしないが、性交感染を含む可能性がある。)性感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    特定の疾患に結び付くウイルスとしてはインフルエンザウイルス(インフルエンザ)、麻疹ウイルス(麻疹、SSPE)、水痘帯状疱疹ウイルス(水痘、帯状疱疹)、ポリオウイルス(急性灰白髄炎)、ムンプスウイルス(おたふくかぜ)、肝炎ウイルス(A型、B型、C型肝炎)、単純ヘルペスウイルス(口唇ヘルペス、ヘルペス脳炎)、サイトメガロウイルス(先天性サイトメガロウイルス感染症、乳児期の腸炎)、RSウイルス(細気管支炎)、日本脳炎ウイルス(日本脳炎)、コクサッキーウイルス(手足口病、ヘルパンギーナ、急性結膜炎)、エンテロウイルス(手足口病、コクサッキーウイルスにくらべ重症)などが挙げられる。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 久保山愛吉

    久保山愛吉から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    約半年後の9月23日、売血輸血による肝炎ウイルス感染により死去した。久保山愛吉 フレッシュアイペディアより)

  • ジルベール症候群

    ジルベール症候群から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎は、各肝炎ウイルスに特有の抗原が血液試料中に確認されないことで除外できる。ジルベール症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 瀉血

    瀉血から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎の一種であるC型肝炎では、体内に異常蓄積された鉄分を減らすため、食事療法と並行して瀉血療法が行われることがある。C型肝炎では、肝臓に蓄積された鉄分により活性酸素が発生し、肝炎症状の悪化を招く。このため肝臓に蓄積された鉄分を減らすために通常は鉄分を含む食品を取らないようにして症状の悪化を食い止めるが、既に鉄分が過剰に蓄積されている状態では、通常の新陳代謝ではなかなか状態が改善しないことがある。このため、瀉血によりヘモグロビンの形で多量の鉄を内部にもつ赤血球を体外に排出させ、体内の鉄の総量を減少させる治療が行われる。これは、あくまで肝炎の進行を抑え肝硬変および肝がんへの移行を防ぐための対症療法であり、肝炎自体の治癒を目的とするものではない。瀉血 フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「肝炎ウイルス」のニューストピックワード