1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • C型肝炎

    C型肝炎から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    C型肝炎(Cがたかんえん、)とは、C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。以前は、非A非B型肝炎と称されていた。C型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • メタンフェタミン

    メタンフェタミンから見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    日本の敗戦により、大日本帝国軍の備蓄品が一気に市場へ流出すると、酒やタバコといった嗜好品の欠乏も相まって、人々が精神を昂揚させる手軽な薬品として蔓延した。その薬物依存症者即ち「ポン中」が大量発生し、中毒患者が50万人を超えるなど社会問題となった。加えて、中毒者が行う不潔な注射器の使い回しは、ウイルス性肝炎の伝染機会を増加させ、輸血後肝炎が感染拡大する遠因となった。この時期芸能界にも蔓延し、多くの芸能人が常用していたことが、のちに明らかになっている。当時芸能界で活動したコロムビア・トップが、参議院議員に転身後国会において、ヒロポンが蔓延した当時の芸能界を証言したことがある。メタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・アッピアー

    スティーヴン・アッピアーから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    1997年にセリエAのウディネーゼ・カルチョに移籍。ウディネーゼではFWからMFにコンバートされ、1998年2月11日のACミラン戦でデビューを飾った。1年目は11試合の出場に留まるも大器の片鱗を見せつけ、翌シーズンは21試合に出場機会を増やした。しかし、その次の年に就任したルイジ・デ・カーニオ監督と意見が合わなかったため移籍を模索し、同年夏の移籍市場でパルマFCへ移籍に一旦合意をするもウイルス性肝炎を患い破談となった。その後、病を克服し、2000年夏にパルマへと移籍した。スティーヴン・アッピアー フレッシュアイペディアより)

  • シリモンコン・シンワンチャー

    シリモンコン・シンワンチャーから見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    2006年5月20日、アメリカ合衆国で稲田千賢とWBC世界ライト級暫定王座決定戦を行う予定であったが、急病(B型肝炎)のためキャンセル(なお、稲田は予定どおり暫定王座決定戦に出場。シリモンコンの代役としてリングに上がったホセ・アルマンド・サンタクルス〈メキシコ〉と対戦したが、6回TKO負け)。その後、病気は回復し、7月にノンタイトル戦を行った。シリモンコン・シンワンチャー フレッシュアイペディアより)

  • 病気腎移植

    病気腎移植から見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    レシピエントがB型肝炎ウイルスに感染しその後膵炎で死亡したことについて病気腎移植 フレッシュアイペディアより)

  • 学校感染症

    学校感染症から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟疣腫)、伝染性膿痂疹(とびひ)学校感染症 フレッシュアイペディアより)

  • バイオハザード

    バイオハザードから見た肝炎ウイルスウイルス性肝炎

    肝炎ウイルスや結核菌、エキノコックス、プリオンタンパク質といった病原体の培養物やその廃棄物、注射針等の医療廃棄物、生物兵器といった、病原体等を含有する物質を総称して病毒をうつしやすい物質()という。病原体とは感染症の原因物質のことであり、ウイルスや細菌、リケッチア、寄生虫、真菌、プリオンタンパク質等のうち、人畜に感染性を有し、その伝播により市民の生命や健康、畜産業に影響を与えるおそれがあるものを指す。バイオハザード フレッシュアイペディアより)

  • 豚肉

    豚肉から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    一部の料理店では豚のレアステーキや豚のたたきなど生食に近い調理法の料理も供されるようになったが、生レバーなどを介してE型肝炎ウイルスが人体に寄生し、E型肝炎(ウイルス性肝炎)に感染する危険性が高い。豚肉は生食を回避し、十分に熱を通して調理した方が安全である(下記“外部リンク”の項目を参照)。豚肉 フレッシュアイペディアより)

  • 釜本邦茂

    釜本邦茂から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    メキシコ五輪での成功を受け、次の目標は1970年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会出場へと向けられた。メキシコ五輪の後、釜本の元には、西ドイツ・フランス・メキシコ・エクアドルなどからのオファーが相次ぎ、釜本自身は恩師・デットマール・クラマーの母国でもある西ドイツでプレーすることを望んでいたという。しかし、アジア遠征で水に当たり、黄疸がでてしまう。1969年6月16日、日本代表合宿中に倒れ、ウイルス性肝炎と診断され兵庫県西宮市内の病院へ入院。50日後の8月5日に退院するも、医師の許可が下りず10月のメキシコ大会予選は欠場、釜本を欠いた日本代表は予選敗退に終わった。釜本は本来のコンディションを取り戻すのに数年を有し、4年間は試合出場と通院生活が続いた。釜本邦茂 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たウイルス性肝炎ウイルス性肝炎

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「肝炎ウイルス」のニューストピックワード