109件中 21 - 30件表示
  • 成澤廣修

    成澤廣修から見た育児休暇育児休業

    文京区の男性職員の育児休暇取得率が低いため、取得の促進を目的に、長男の誕生を機に2010年4月、2週間の育児休暇を取得した(ただし地方自治体の特別職の育児休暇は制度上存在しない)。地方自治体の首長では初で、その後湯崎英彦広島県知事や倉田哲郎箕面市長らも育児休暇を取得した。2010年5月6日、第3回ベストマザー賞自治体部門を受賞。成澤廣修 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの福祉

    イタリアの福祉から見た育児休業育児休業

    育児休業は出産前2か月から出産後3か月まで取ることができる。母親は以前の賃金の80%を6か月間受け取ることができ、また一年間は前職を失わない権利がある。家族手当は家庭の人数と収入、および障碍の有無によって決定される。社会的支援はミーンズテストに基づいて必要とする家族へ支給される。高齢者へのサービスは、ハンディの程度と家族的な必要性に基づいて地方自治体より提供され、ボランティア団体やNPOが従事している。無職の障碍者には毎月270ユーロが支給される。イタリアの福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 父親の権利運動

    父親の権利運動から見た育児休暇育児休業

    父親の権利グループによる圧力は他のグループの圧力より強かったが、いくつかの国において、男女平等の育児休暇プログラムが作成された。歴史的には、妊娠出産の利益は、分娩の生理学や生物学に基づいて、女性と子供の健康や経済状況を守る必要により、母親に与えられてきた。男女平等の育児休暇の利点は、男女平等の子育ての意義を強調し、子供の世話に父親が参加する意義を強調し、子供に係わろうとする男性への差別を矯正することにある。父親の権利運動 フレッシュアイペディアより)

  • 介護保険(民間介護保険)

    介護保険(民間介護保険)から見た育児休業育児休業

    平成29年1月より介護をしながら働く方、有機契約労働者の方が介護休業・育児休業を取得しやすくなるよう厚生労働省が制度を緩和。介護保険(民間介護保険) フレッシュアイペディアより)

  • 内外電機労働組合

    内外電機労働組合から見た育児休業育児休業

    2011年(4月)-育児休業規定の見直し(勤務時間の短縮期間を小学校就学の始期に達するまでに変更)内外電機労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • ハニカム (漫画)

    ハニカム (漫画)から見た育児休暇育児休業

    パソコン雑誌の『週刊アスキー』(アスキー・メディアワークス)にて2007年7月31日号から連載を開始。基本的に1話のページ数は4ページ。連載期間中に作者が産休に入るため、「これまでの店舗を閉鎖し、別の場所で再開店する。」として、2011年3月1日号で第一部の完結となった。産休と育児休暇後も終了の状態となっていたが、『週刊アスキー』が紙媒体から電子書籍としてリニューアルした2015年6月2日発売号(No.1031)より本作のキャラクターがホテルで働く姿を描く4コマ漫画『レディ・ハニカム』の連載が開始された 。2015年9月よりKADOKAWAのウェブコミック配信サイト『ComicWalker』でも再掲載している(毎週火曜日更新)。新装開店したハニカムで同作者作品『わくらばん』の登場人物がアルバイトを始めることから、同一世界・時間軸である事が示された。ハニカム (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 報復人事

    報復人事から見た育児休業育児休業

    企業内などで内部告発、育児休業、介護休業、産休などの行為を行って自社に不利益をもたらしたり、人事権を持つ者が(個人的な主観により)「気に入らない社員に対する報復」を本当の目的として異動、降格、減給、リストラ、懲戒解雇(退職金の支払いを免れる手段)などの名目に人事異動を行うというパワーハラスメントのひとつ。報復人事 フレッシュアイペディアより)

  • 労使協定

    労使協定から見た育児休業育児休業

    1歳6ヶ月に満たない子の育児休業の適用除外者(育児介護休業法第6条第1項ただし書き、平成12年労告120号)労使協定 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た育児休業育児休業

    3月22日 朝日新聞社の調査によると、全国主要100社について3割の企業が育児休業の所得がゼロと判明。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律

    育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律から見た育児休業育児休業

    また、同法5条は、本法の対象となる労働者について、育児休業を権利とした。そこで、労働者が使用者に対して育児休業を申し出た場合、使用者は、原則、認めなければならない。育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「育児と仕事」のニューストピックワード