64件中 41 - 50件表示
  • 青木希久子

    青木希久子から見た育児休業育児休業

    静岡県立清水南高等学校を経て津田塾大学卒業後、1998年入局。名古屋異動後に長崎で知り合った年下のアナウンサーの田中洋行と職場結婚し、2006年秋から長女出産による育児休暇を取っていた。青木希久子 フレッシュアイペディアより)

  • 下村健一

    下村健一から見た育児休暇育児休業

    1993年6月、男性のテレビマンとしては業界初の育児休暇を取得した。1993年10月からTBS報道番組『スペースJ』のサブ・キャスター兼リポーターとなり、1994年に起きた松本サリン事件で警察に容疑をかけられ、マスコミに完全に犯人扱いされていた河野義行を継続取材し、冤罪であることをスクープした。しかし、同時期、同じTBSのワイドショー『3時にあいましょう』のTBSビデオ問題が日本テレビによってスクープされ、下村のオウム事件に関する貢献は一気に薄らいでしまった。また、自民党の中国向けODA利権を取材していて、自民党議員が札束を紙袋に入れて持ち歩いている映像をスクープ。下村が記者会見で小沢一郎にしつこく食い下がったため、小沢が怒って途中で退席した。その後、金丸信宅に国税局査察が入り家宅捜索の結果、北朝鮮の刻印が押された金塊が発見され、中国や北朝鮮からの自民党旧竹下派に対する、資金の流動化が明確化されてきたころに番組は突如打ち切りとなった。下村は「TBS社員として最後のお勤め、と腹を決めて」ニューヨーク支局に転勤。「地道なチーム取材で良質のリポートを出す好番組と自負していたが、オウム報道で異様に高い視聴率を取るようになったことが、結局『既存メディアを去る』決断の引き金となった」と自身のサイトに書いている。下村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪屋 (新潟市)

    大阪屋 (新潟市)から見た育児休業育児休業

    1992年(平成4年)育児休業制度導入大阪屋 (新潟市) フレッシュアイペディアより)

  • フレンズ (ユニット)

    フレンズ (ユニット)から見た育児休業育児休業

    1月?3月 - つるのが育児休暇のため、芸能活動を休止。フレンズ (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 特別休暇

    特別休暇から見た育児休暇育児休業

    生後1年未満の子の養育の為(育児休暇特別休暇 フレッシュアイペディアより)

  • ATARU

    ATARUから見た育児休業育児休業

    鑑識課・科捜研連絡係。語尾に「〜なのね」と付ける独特の話し方が特徴だが、これはマタニティブルーが続いている妻の機嫌を悪化させないために思いつき、常態化した。しかし激昂すると一転して荒い口調に変わる。同じ鑑識課の妻の間に4人の子供を授かり、さらに現在も5人目を妊娠させているため、妻を5年も育児休業させている。沢には依頼された鑑識結果などの書類を簡単に渡さないなどの意地悪をする。ATARU フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た育児休業育児休業

    雇用面では、常勤雇用が少なく、パート、アルバイトが多いことが挙げられる。これは、労働集約型であり補助金や介護報酬などに依存しているという特性上、人件費抑制やサービスを向上すべく最低基準以上の人員を雇うために非常勤の比率を高めざるを得ないからである。また、女性が多い職場のため出産、育児休業などによる代替雇用が多く、正規雇用に繋がらない場合がある。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • ハニカム (漫画)

    ハニカム (漫画)から見た育児休暇育児休業

    『ハニカム』(HoneyComb)は、桂明日香による日本の漫画作品。パソコン雑誌の『週刊アスキー』(アスキー・メディアワークス)にて2007年7月31日号から連載を開始。連載期間中に作者が産休に入るため、「これまでの店舗を閉鎖し別の場所で再開店する」として2011年3月1日号をもって「第一部」を完結し連載を中断した。産休と育児休暇が終わった後、全くの別作品『わくらばん』を同誌にて連載を開始したため、『ハニカム』は事実上の連載終了の状態となっているが、終了・再開について公式な発表は無い。なお、『わくらばん』の登場人物が、新装開店セール中(第一部完結の後)の「ハニカム」でバイトを始め、湧水萌・鐘成律子・守時規子・浦方薫・糸丑治五郎らが出演していることから、同一世界・時間軸の作品である事が示されている。ハニカム (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎大地

    山崎大地から見た育児休暇育児休業

    2002年 - 長女が誕生し育児休暇を取得した。山崎大地 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た育児休業育児休業

    2000年改正では、老齢厚生年金の報酬比例部分を2025年までに段階的に60歳から65歳に引き上げ。65歳以降の年金額は物価スライドのみで改定。厚生年金の報酬比例部分の給付を5%適正化、ただし従前額を保障。厚生年金加入を70歳未満まで拡大し、65歳?69歳の在職者に対する在職老齢年金を創設。賞与等にも同率(13.58%)の保険料を賦課し、給付に反映する総報酬制の導入。育児休業中の事業主負担分の厚生年金保険料の免除。国民年金保険料の半額免除制度と学生納付特例制度の創設。年金 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「育児と仕事」のニューストピックワード