109件中 81 - 90件表示
  • 第193回国会

    第193回国会から見た育児休業育児休業

    育児休業期間の延長や雇用保険料の引き下げを盛り込んだ改正雇用保険法など関連法が成立。第193回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 就職活動

    就職活動から見た育児休暇育児休業

    しかし、現状としては雇用者における男女比では男性の方が多い状況にある。女子社員を敬遠する理由として、結婚や出産などによる退職や育児休暇等で職場を離れる可能性が男性社員に比べて高いため、教育コストなどとの費用対効果が男性に比べて低くなるといった点が主張されている。就職活動 フレッシュアイペディアより)

  • 解雇

    解雇から見た育児休業育児休業

    対象となる労働者が育児休業・介護休業を申し出たこと、又は育児休業・介護休業をしたことを理由とする解雇(育児・介護休業法10条、16条)解雇 フレッシュアイペディアより)

  • 上田慶行

    上田慶行から見た育児休暇育児休業

    兵庫県神戸市兵庫区出身。甲陽学院高等学校を経て京都大学教育学部を卒業後、1990年朝日放送に入社。アナウンス部在籍中に育児休暇を取得した経験がある。上田慶行 フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た育児休暇育児休業

    国家は、(a)性的指向や性同一性による差別なしに社会保障や社会的保護を等しく受けられるようあらゆる立法的、行政的措置を講ずる。この社会保障には雇用を得るための支援や、失業時の手当、妊娠休暇や育児休暇、性同一性を理由とする身体変更の治療も含めた健康保険の適用や疾患手当、社会保障、家族手当、配偶者ないしパートナーの疾病や死亡の際の年金や手当も含まれる。(b)児童やその家族が社会保障制度或いは社会手当、福祉手当を受ける際にその性的指向や性同一性によって如何なる差別的扱いも被らないことを保障する。(c)性的指向や性同一性による差別なくして貧困削減政策や計画の恩恵を受けられることを保障するためにあらゆる立法的、行政的手段を講じる。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の日本の女性史

    1988年の日本の女性史から見た育児休業育児休業

    労働省「育児休業制度実態調査」、民間企業の育児休業制度は14%1988年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 大沼瑞穂

    大沼瑞穂から見た育児休業育児休業

    2014年3月25日、厚生労働委員会で介護休業・育児休業について質疑。家族の介護を理由に女性が離職するケースが多いとして、介護と仕事の両立を可能とする制度を整備して女性の就労継続を支援するべきと主張した。また、内閣府・厚生労働省の「男性の家事・育児時間が長いほど第一子出産前後の妻の継続就業割合が高く、また第二子以降の出生割合が高い」という調査結果を基に、男性の育児休業取得を促進するべきと主張した。大沼瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た育児休暇育児休業

    京都市環境局の職員11名が、育児休暇・介護休暇を不正取得していたことが判明。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た育児休業育児休業

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の福祉

    日本の福祉から見た育児休業育児休業

    雇用面では、常勤雇用が少なく、パート、アルバイトが多いことが挙げられる。これは、労働集約型であり補助金や介護報酬などに依存しているという特性上、人件費抑制やサービスを向上すべく最低基準以上の人員を雇うために非常勤の比率を高めざるを得ないからである。また、女性が多い職場のため出産、育児休業などによる代替雇用が多く、正規雇用に繋がらない場合がある。日本の福祉 フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示

「育児と仕事」のニューストピックワード