育児短時間勤務制度 ニュース&Wiki etc.

勤務時間(きんむじかん)とは、公務員の一般職の職員が自らの職務に従事しなければならない時間のことで、民間企業の労働者に関して規定している労働基準法で言う労働時間の相当するものであり、基本的には労働基準法で定める労働時間と同様の内容となっている。 (出典:Wikipedia)

「育児短時間勤務制度」Q&A

  • Q&A

    退職と有給休暇の消化についての相談です。 長文ですみません。 現在、育児のために短…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年11月10日 18:21

  • Q&A

    「改正育児・介護休業法」の短時間勤務制度が適用について、 現在正社員ですが、制度を利…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月9日 04:51

  • Q&A

    結婚・出産後も働きやすい職業や資格を教えて下さい。 20代前半で、経理職をしています…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年7月3日 16:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「勤務時間」のつながり調べ

  • 労働時間

    労働時間から見た勤務時間

    労働時間(ろうどうじかん)とは、使用者または監督者の下で労働に服しなければならない時間。公務員については勤務時間を参照。(労働時間 フレッシュアイペディアより)

  • 職務専念義務

    職務専念義務から見た勤務時間

    国家公務員法第96条及び地方公務員法第30条では、公務員の服務の原則として「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と規定される。さらに国家公務員法第101条第1項前段では、「職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」、地方公務員法第35条では「職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」とそれぞれ規定されており、勤務時間中の職務専念義務は明記されている。(職務専念義務 フレッシュアイペディアより)

「勤務時間」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「育児短時間勤務制度」のニューストピックワード