能楽 ニュース&Wiki etc.

能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。 (出典:Wikipedia)

「能楽」Q&A

  • Q&A

    能舞台と能楽堂の違いってなんですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月23日 20:10

  • Q&A

    最近大学で能楽を見る機会をいただいたので、そのことについて質問させてください! 文語…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月14日 21:15

  • Q&A

    能楽や 妻よろこびて 吾冴ゆる」「冴ゆる」を季語に詠みました。 季語の使い方 …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月11日 07:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「能楽」のつながり調べ

  • 寺町 (美馬市)

    寺町 (美馬市)から見た能舞台

    鎌倉時代に天台宗の真如寺(平安時代頃建立)に東国から来た千葉彦太郎常重が入寺し、浄土真宗の安楽寺に改めたと伝えられている。歴代守護の庇護のもとに勢力を拡大、最盛期には四国各地に八十余の末寺を有した。国登録有形文化財の丹塗りの二重門(江戸時代中期)、本堂(昭和初期)、鐘楼(明治時代)、書院(大正時代)と、1996年に設けられた能舞台がある。(寺町 (美馬市) フレッシュアイペディアより)

  • 金子あい

    金子あいから見た能楽

    インテリアデザイナーとして活動後、自らの身体で空間を表現するべく俳優となる。美術の世界で培ったセンスと、や新内、日本舞踊から学んだ古典の所作、技術、精神をいかし、舞台で独特の存在感を放つ。女役をはじめ、男役・中性的な役柄などキャラクターの幅が広い。正統な古典の語りからコンテンポラリーなパフォーマンスまで幅広く活躍している。(金子あい フレッシュアイペディアより)

「能楽」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ