前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
576件中 1 - 10件表示
  • 百万 (能)

    百万 (能)から見た能楽能楽

    吉野の男(ワキ)が奈良西大寺近くで幼子(子方)を拾う。京都清凉寺釈迦堂で行われる嵯峨の大念仏に男が幼子を連れていくと、念仏を唱え舞い狂う狂女・百万(シテ)に会う。生き別れの我が子に会いたいがために狂ったのだと言う百万の舞いを見て、幼子は自分の母だと気づき男に話す。百万は夫に死なれ西大寺で子を失い諸国を巡った遍歴を歌と舞いで語り、子との再会を祈る。男は憐んで百万と幼子を引き合わせ、二人は再会を喜び一緒に奈良へと帰る。百万 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 雲林院 (能)

    雲林院 (能)から見た能楽能楽

    『雲林院』(うんりんいん)は、能楽作品のひとつ。世阿弥自筆能本が現存し、南北朝時代に制作された『雲林院』と、その作品の主に後半をまったく異なる展開に改作した『雲林院』がある。現行曲として五流に上演されているのは改作された『雲林院』であり、本項目でもそちらについて述べる。雲林院 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 働事

    働事から見た能楽能楽

    働事(はたらき-ごと)は、能楽において、演者の所作と、囃子によって構成される部分のうち、その所作が一定の表意的・具象的な要素を持つものを指す。働事 フレッシュアイペディアより)

  • 土蜘蛛 (能)

    土蜘蛛 (能)から見た能楽能楽

    『土蜘蛛』(つちぐも)は、能楽作品のひとつ。『土蜘』と表記されることもある。室町時代の末期に制作されたと言われている鬼退治もので、蜘蛛の糸を投げつける演出で知られるが、これは明治時代に金剛唯一が考案したものである。能楽『大江山』同様、王土王民思想が見られる。土蜘蛛 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 通小町

    通小町から見た能楽能楽

    『通小町』(かよいこまち)は、執心男物の能楽作品のひとつ。本来の曲名は「四位少将」で、『通小町』という曲名は後代につけられた。原作者が唱導僧であるため、説法色の顕著な作品となっている。通小町 フレッシュアイペディアより)

  • 雲雀山

    雲雀山から見た能楽能楽

    『雲雀山』(ひばりやま)は、能楽における能の演目のひとつ。中将姫が登場する能の作品は、この作品と『当麻 (能)』がある。狂女物に分類される。雲雀山 フレッシュアイペディアより)

  • 花よりも花の如く

    花よりも花の如くから見たシテ方能楽

    主人公。幼少期から古典芸能の世界に生きる。シテ方能楽師。六世相葉左右十郎の外孫。2歳時より子方として修行し、22歳の時に相葉左右十郎の内弟子となる。初シテは『経正』。3巻で『石橋』、5巻で『猩々乱』を披いている。花よりも花の如く フレッシュアイペディアより)

  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た能楽能楽

    『近代能楽集』(きんだいのうがくしゅう)は、三島由紀夫の戯曲集。能の謡曲を近代劇に翻案したもので、国内のみならず海外でも舞台芸術として好評な作品群である。自由に時間と空間を超える能楽の特質を生かし、独自の前衛的世界を醸し出しているこれらの作品群は、写実的な近代演劇では描ききれない形而上学的な主題や、純化した人間の情念を象徴的に表現している。近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た能舞台能楽

    また、京都から流罪された文人・政治家などが都の文化を伝えた影響からかさまざまな伝統芸能が受け継がれている。有名なのは能である。江戸時代には200を超える能舞台があり、現在も32余りの能舞台が残っている。人口当たりの能舞台数は、江戸時代も現在も全国一となっている。これらの能舞台は、今も、春から秋にかけ薪能などイベントや祭りで利用されており、各地区の希望する子供達が大人から指導を受けて演じている。これは能の大成者である世阿弥が配流された影響であるといわれている。古浄瑠璃、文弥人形、のろま人形、説教人形、獅子舞なども代々受け継がれ、現存している。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄文化

    元禄文化から見た能楽能楽

    貞享2年(1685年)には大坂の竹本義太夫と京の加賀掾が道頓堀で競演したが、井原西鶴が加賀掾のために『暦』『凱陣八嶋』の2作品を書いたのに対し、義太夫は『賢女の手習?新暦』と近松の新作『出世景清』で対抗した。景清は『平家物語』や能楽、幸若舞でも取り上げられた題材であったが、近松はそこから悲劇的な葛藤をとりだして、人間性豊かなドラマに仕立てたのである。こうして近松の脚本は竹本義太夫と出会い、義太夫自身によって語られて民衆の人気を博した。近松・義太夫が現れてからの浄瑠璃はそれ以前とはほとんど内容を一新させてしまうほどでだったので、それ以前を古浄瑠璃、それ以降を新浄瑠璃(当流)と呼んで区別している。近松はまた、上方歌舞伎の名優坂田藤十郎のために『傾城阿波の鳴門』などの名編を作劇しており、真に浄瑠璃脚本に専心したのは元禄16年(1703年)の『曾根崎心中』が最初であった。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
576件中 1 - 10件表示

「能楽」のニューストピックワード