前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
388件中 1 - 10件表示
  • 佐渡島

    佐渡島から見た能舞台能楽

    能の大成者である世阿弥が配流された影響からか、江戸時代には200を超える能舞台があり、現在も32余りの能舞台が残っている。人口当たりの能舞台数は、江戸時代も現在も全国一となっている。これらの能舞台は、今も、春から秋にかけ薪能などイベントや祭りで利用されており、各地区の希望する子供達が大人から指導を受け演じている。また、古浄瑠璃、文弥人形、のろま人形、説教人形、獅子舞なども代々受け継がれ、現存している。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県新公会堂

    奈良県新公会堂から見た能楽能楽

    奈良県新公会堂(ならけんしんこうかいどう )は奈良県奈良市にあるコンベンション施設。国際会議開催にも対応する能楽ホールをメインホールとする。日本最大級の屋根面積をもつことから、ビッグルーフという愛称がある。奈良県新公会堂 フレッシュアイペディアより)

  • 式三番

    式三番から見た能楽能楽

    式三番(しき-さん-ばん)とは、能・狂言とならんで能楽を構成する特殊な芸能の一つ。能楽の演目から転じて、歌舞伎舞踊や日本舞踊にも取入れられているほか、各地の郷土芸能・神事としても保存されており、極めて大きな広がりを持つ芸能である。なお、現代の能楽師たちはこの芸能を、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として「翁」「神歌」(素謡のとき)と呼んでおり、「式三番」と呼ぶことは殆ど無い。式三番 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅藤九郎 (10世)

    三宅藤九郎 (10世)から見た能楽能楽

    十世三宅藤九郎(1972年(昭和47年)12月28日- )は、能楽狂言方和泉流を名乗る女性狂言師。本名:三宅祥子、旧名:山脇祥子。東京都出身。十九世和泉流宗家和泉元秀の次女。青山学院初等科〜大学卒、株式会社和泉宗家取締役。三宅と名乗っているが実際は山脇家で暮らし独身。三宅藤九郎 (10世) フレッシュアイペディアより)

  • 翁

    から見た能楽能楽

    能楽の世界では、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として、式三番を「翁」と略称する。 フレッシュアイペディアより)

  • 井上八千代

    井上八千代から見た能楽能楽

    大坂住吉の社家吉住彦兵衛の次女。初世家元・サト、二世家元・アヤに師事し井上春を許される。夫は能楽シテ方観世流・六世片山九郎右衛門(晋三)。1872年の都をどり創設にあたっては振付ならびに指導を担当、これまで座敷舞であった京舞を舞台にのせ、また祇園町と井上流の関係を深めて流派を興隆にみちびいた。四代目八千代、松本佐多はじめ多くの弟子をそだてている。なお「井上八千代」を名乗るのは96歳の時で、それまでは片山春子で通していた。娘・光子の婿が七世片山九郎右衛門(観世元義)で、孫に観世左近(元滋)と片山博通がいる。博通の妻が四代目八千代である。北條秀司の戯曲『京舞』は、三代目八千代と四代目八千代を主人公としている。井上八千代 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀宝生

    加賀宝生から見たシテ方能楽

    明治9年(1876年)、能の再興を図る岩倉具視邸に明治天皇、皇后、皇太后の行幸啓があり、能が催された際、シテとして加賀藩十三代藩主前田斉泰、大聖寺藩十四代藩主前田利鬯親子が演じている。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉 元彌

    和泉元彌から見た能楽能楽

    和泉 元彌(いずみ もとや、本名:山脇 元彌(やまわき もとひさ)、1974年(昭和49年)6月4日 - )は、「能楽狂言方和泉流二十世宗家」を名乗る狂言師。和泉元彌 フレッシュアイペディアより)

  • 室町時代

    室町時代から見た能楽能楽

    室町時代は、義満の時代と義政の時代に特徴的な文化が栄え、北山文化・東山文化と呼ばれることがある。南北朝時代の活力が背景にあり、3代将軍義満の時代(北山文化)は中央集権的で公家文化と武家文化の影響や中国文化の影響があるのに対し、8代将軍義政の時代(東山文化)は庶民的で「侘び・寂び」という禅宗などの影響が強いのが特色といわれる。応仁の乱での京都の荒廃を機に地方伝播し、惣村や都市の発達により成長していた庶民にも文化が浸透していった。茶の湯・能楽・書院造など今日、文化の原型と考えられているものがこの時代に確立された。室町時代 フレッシュアイペディアより)

  • 月岡耕漁

    月岡耕漁から見た能楽能楽

    月岡芳年、尾形月耕、および松本楓湖の門人。姓は羽生、後に坂巻、名は弁之助。坂巻は母方の姓であった。年久、湖畔とも号す。明治・大正期に活躍した能画の名手であった。東京日本橋の旅籠屋近江屋を営む羽生善兵衛の次男に生まれる。初め12歳で宮内林谷に学び、さらに東京府画学伝習所に入って結城正明にも学び、母が芳年と再婚したため、坂巻の姓を継ぎ、芳年の門に入り、年久と号した。芳年の没後、尾形月耕に師事し耕漁の名を、松本楓湖に師事し湖畔の名を受けている。1894年(明治27年)、日清戦争の錦絵辺りから活動し始め、能楽関係の作品を多く描いた。浮世絵といえば歌舞伎役者絵が主流を占める中、能楽「融」、「二人静」、「敦盛」などの舞台風景に取材した能楽画を描いており、水彩画のような表情を持ち、上質な紙、絵具、金銀泥をも使用した、贅を尽くした優美な作品が多い。木版の能楽絵「能楽百番」や「能楽図絵」、「能楽大鑑」が有名である。また肉筆でも人物画、花鳥画を得意とした。母親の遺言により、1910年(明治43年)、義父の月岡芳年の跡を継いで、月岡の姓を名乗った。さらに日本美術協会や日月会などに加わり、活躍した。1927年(昭和2年)、宇都宮の能舞台開きの帰りに倒れ、2月25日死去した。享年59。墓所は東京都新宿区新宿の専福寺。法名は天祥院耕漁日賢信士。月岡耕漁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
388件中 1 - 10件表示

「能楽」のニューストピックワード