576件中 91 - 100件表示
  • 三曲

    三曲から見た能楽能楽

    江戸時代中期以降、地歌、箏曲、胡弓楽はそれぞれ固有の曲も残しつつ、合奏のため同じ曲を共有する比率が高くなり、次第に一体化して、幕末までには不可分の状況になった。また尺八も明治以降、合奏に加わりレパートリーとして地歌曲、箏曲を演奏する比率が大きくなり、現代において作られる曲でも箏や地歌三味線との合奏が多く、独立した流派を持ちつつもやはり一体化している。そこで、これら地歌、箏曲、胡弓楽、尺八楽の四種の音楽を総称して「三曲」と呼び、他の邦楽種目、例えば長唄や義太夫節、清元、琵琶楽、能楽などと区別するために使われる。現代の三曲の奏者たちは、流派のほかに「三曲会」「三曲連盟」「三曲協会」などの音楽団体を結成している。三曲 フレッシュアイペディアより)

  • 切能

    切能から見た五番立能楽

    切能(きりのう)とは、能において鬼・天狗・天神・雷神・龍神などがシテとなる曲。五番立においては最後の五番目に演じられることから、切能または五番目物と呼ばれる。また鬼畜物とも言われる。切能 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来観世家

    矢来観世家から見たシテ方能楽

    矢来観世家(やらいかんぜけ)とは、能楽シテ方観世流の職分家のひとつ。観世九皐会を主宰し、分家観世銕之丞家の分家筋にあたる。梅若がかりの芸風を持ち、流内で宗家、分家、梅若両家に次ぐ格式と規模を持つ。矢来観世家 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来観世家

    矢来観世家から見た能楽能楽

    矢来観世家(やらいかんぜけ)とは、能楽シテ方観世流の職分家のひとつ。観世九皐会を主宰し、分家観世銕之丞家の分家筋にあたる。梅若がかりの芸風を持ち、流内で宗家、分家、梅若両家に次ぐ格式と規模を持つ。矢来観世家 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来観世家

    矢来観世家から見た能舞台能楽

    明治44年(1911年)、初世観世喜之が神田西小川町の自邸に能舞台を建て、同年6月17日第一回観世九皐会開催。矢来観世家 フレッシュアイペディアより)

  • 金子あい

    金子あいから見た能楽能楽

    インテリアデザイナーとして活動後、自らの身体で空間を表現するべく俳優となる。美術の世界で培ったセンスと、や新内、日本舞踊から学んだ古典の所作、技術、精神をいかし、舞台で独特の存在感を放つ。女役をはじめ、男役・中性的な役柄などキャラクターの幅が広い。正統な古典の語りからコンテンポラリーなパフォーマンスまで幅広く活躍している。金子あい フレッシュアイペディアより)

  • 天覧兜割り

    天覧兜割りから見た能楽能楽

    明治19年(1886年)11月10日、東京府麹町区紀尾井町の伏見宮貞愛親王邸に明治天皇の行幸があり、弓術、鉢試し、席画、能楽、狂言が催された。鉢試しは刀、槍、弓があり、刀は榊原鍵吉(直心影流)、逸見宗助(立身流)、上田馬之助(鏡新明智流)、槍は児玉惟時、甲川謙、小笠原武英、弓は関口源太が出場した。このうち刀での鉢試しが「天覧兜割り」とよばれている。天覧兜割り フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎舞踊

    歌舞伎舞踊から見た能楽能楽

    能楽の題名・主題・内容・様式などを借用した舞踊劇。能の『安宅』をもとに、七代目市川團十郎が数年の歳月と試行錯誤を重ねて書き上げ、天保11年 (1840) 江戸河原崎座で初演された『勧進帳』をその嚆矢とする。明治以降は演劇改良運動の一環として、九代目市川團十郎や五代目尾上菊五郎が黙阿弥や福地桜痴らとの提携により、『土蜘蛛』『釣狐』『茨木』などの新作や『船弁慶』『素襖落』などの能狂言を書き替えた演目が創られた。大正になると、六代目尾上菊五郎、や七代目坂東三津五郎が岡村柿紅と提携して『太刀盗人』『身替座禅』『高杯』『棒しばり』などを創った。さらに昭和にかけては二代目市川猿之助により『黒塚』『小鍛冶』などの近代的演出をほどこした松羽目物が創作された。これらはいずれも今日の歌舞伎舞踊の代表的な演目となっている。歌舞伎舞踊 フレッシュアイペディアより)

  • 舘野泉

    舘野泉から見た能楽能楽

    父舘野弘はチェリスト。母舘野光(小野光)はピアニスト。母方は、明治維新まで7代にわたって仙台藩の能楽を司っていた家系である。妻のマリア・ホロパイネンはフィンランド人のソプラノ歌手。息子のヤンネ舘野はヴァイオリニスト。弟の舘野英司はチェリスト。妹の鍋島晶子はヴァイオリニスト。晶子の長女の鍋島真理は音楽学者。末妹の広瀬悠子はピアニスト。舘野泉 フレッシュアイペディアより)

  • 鬘能

    鬘能から見た五番立能楽

    鬘能(かづらのう、かつらのう)とは、能の演目の中で、優美な女性や貴公子、天人などがシテの曲。鬘物とも言う。五番立において三番目物となる。『源氏物語』や『伊勢物語』に取材したものが多い。鬘能 フレッシュアイペディアより)

576件中 91 - 100件表示

「能楽」のニューストピックワード