388件中 91 - 100件表示
  • 民俗文化財

    民俗文化財から見た能楽能楽

    と規定されており、具体的には能楽や歌舞伎、浄瑠璃などの伝統芸能や陶磁器、漆器製作などの伝統工芸である。ここで文化財と考えられるのは無形の「わざ(技術)」そのものであり、その「わざ」をもつ人や団体を「保持者」として認定している。民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 村井長道

    村井長道から見た能楽能楽

    能楽に造詣が深く、天保元年(1830年)には「能面法則」を著す。また、謡曲においても「謡曲私言」を著し、佐久間寛台の謡曲の注釈書「謡言粗志」の訂補を、河合良温、渋谷重武、勝木元直に命じた。天保7年(1836年)没。家督は加賀藩年寄奥村質直の子長貞が養子となって相続した。村井長道 フレッシュアイペディアより)

  • 御田八幡宮

    御田八幡宮から見た能楽能楽

    拝殿を舞台に田植から収穫までの稲作行事を演じるもので、田遊び、田楽、猿楽、古風な能楽などを織り交ぜて行われる。演じられる芸能は、殿とかしゃ、練、女猿楽、三番神、翁、牛、田打、えぶり指し、田植、酒絞り、田刈、小林、魚釣り、地堅め、太刀踊であり、中でもクライマックスは 「酒しぼり」である。赤ん坊が産まれたとして神の子(木製の人形)を、子宝に恵まれない女性たちが奪い合うことから、子授けの祭としても知られ、日本三大奇祭の一つともいわれている。御田八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 板本麻見

    板本麻見から見た能楽能楽

    板本 麻見(いたもと まみ)は、元バレエダンサー、振付師。近年では能楽家としても舞台などで活動している。板本麻見 フレッシュアイペディアより)

  • 荻原達子

    荻原達子から見た能楽能楽

    荻原 達子(おぎはら たつこ、1934年 - 2007年5月2日)は、日本の能楽プロデューサー。荻原達子 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝俊

    水野勝俊から見た能楽能楽

    能楽や俳諧を好み、俳人野々口立圃と親交を深めるなど、文化面でも熱心であった。そして、天災や領内整備による財政の窮乏を凌ぎ、藩の安定に尽力するなど、文献で見る限り勝俊は名君と評価できるが、カリスマ的存在である父・勝成の存在により、影が薄くなりがちである。水野勝俊 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正義

    伊藤正義から見た能楽能楽

    伊藤 正義(いとう まさよし、1930年4月4日 - 2009年12月2日)は、国文学者、能楽研究者、神戸女子大学名誉教授。神戸市生まれ。伊藤正義 フレッシュアイペディアより)

  • 板戸

    板戸から見た能舞台能楽

    二条城での家康は、対面の儀式のあと、下段の間に降りていく。下段の間の左手の広縁の前に、能舞台があり、能を見物するためである。対面の儀式の列席者の大名や公家たちも、全員下段の間に移って、能を見物した。能は、当時の公家や武家の重要なもてなしであった。板戸 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井房記

    櫻井房記から見た能楽能楽

    1898年(明治31年) - 夏目漱石に、加賀宝生流の能楽を教える。櫻井房記 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎舞踊

    歌舞伎舞踊から見た能楽能楽

    能楽の題名・主題・内容・様式などを借用した舞踊劇。能の『安宅』をもとに、七代目市川團十郎が数年の歳月と試行錯誤を重ねて書き上げ、天保11年 (1840) 江戸河原崎座で初演された『勧進帳』をその嚆矢とする。明治以降は演劇改良運動の一環として、九代目市川團十郎や五代目尾上菊五郎が黙阿弥や福地桜痴らとの提携により、『土蜘蛛』『釣狐』『茨木』などの新作や『船弁慶』『素襖落』などの能狂言を書き替えた演目が創られた。大正になると、六代目尾上菊五郎、や七代目坂東三津五郎が岡村柿紅と提携して『太刀盗人』『身替座禅』『高杯』『棒しばり』などを創った。さらに昭和にかけては二代目市川猿之助により『黒塚』『小鍛冶』などの近代的演出をほどこした松羽目物が創作された。これらはいずれも今日の歌舞伎舞踊の代表的な演目となっている。歌舞伎舞踊 フレッシュアイペディアより)

388件中 91 - 100件表示

「能楽」のニューストピックワード