388件中 11 - 20件表示
  • 小西甚一

    小西甚一から見た能楽能楽

    その他の著書に『梁塵秘抄考』、『文鏡秘府論考』、『能楽論研究』、『俳句の世界』等がある。小西甚一 フレッシュアイペディアより)

  • 豊榮神社・野田神社

    豊榮神社・野田神社から見た能楽能楽

    毛利元昭が明治維新70年記念として昭和11年に寄進したもの。総檜造りで、橋掛(はしがかり)、鏡の間及び楽屋、控の間を備えた本格的な能楽堂で、西日本に数少ない能楽堂の中でも規模と質とにおいて群を抜くとされる事から市の文化財に指定された。当初は現在地より西南の野田学園の運動場内に建てられていたが、平成3年に移築された。設計、建設は東京の小林建築事務所が担当。豊榮神社・野田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 歌いもの

    歌いものから見た能楽能楽

    能楽に関連して)能以外の種目で能に取材した作品群。「謡物」と表記される。歌いもの フレッシュアイペディアより)

  • 花よりも花の如く

    花よりも花の如くから見たシテ方能楽

    主人公。幼少期から古典芸能の世界に生きる。シテ方能楽師。2歳時より子方として修行し、22歳の時に相葉左右十郎の内弟子となる。初シテは『経正』。3巻で『石橋』、5巻で『猩々乱』を披いている。当世相葉左右十郎の外孫。花よりも花の如く フレッシュアイペディアより)

  • 井伊直弼

    井伊直弼から見た能楽能楽

    部屋住みの時代に儒学、国学、曹洞宗の禅、書、絵、歌、剣術・居合・槍術・弓術・ 砲術・柔術などの武術、茶の湯、能楽などの多数の趣味に没頭していた。特に居合では新心流から新心新流を開いた。茶の湯では「宗観」の名を持ち、石州流を経て一派を確立した。著書『茶湯一會集』巻頭には有名な「一期一会」がある。他に『井伊大老茶道談』などを著している。能楽方面では能面作りに没頭し、能面作りに必要な道具を一式揃えていた。また、新作狂言「鬼ヶ宿」の制作や、廃曲となっていた「狸の腹鼓」の復曲(いわゆる「彦根狸」)を試みるなど、狂言作者としての才能も持っていた。大蔵流茂山家再興に力を貸し、名跡茂山千五郎は彼が名付けた。井伊直弼 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見たシテ方能楽

    8月7日 - 金春信高、日本の能楽師(シテ方)、金春流79代宗家(* 1920年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た能楽能楽

    8月7日 - 金春信高、日本の能楽師(シテ方)、金春流79代宗家(* 1920年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 狂言

    狂言から見た能楽能楽

    狂言(きょうげん)は、能と同様に猿楽から発展した伝統芸能で、猿楽の滑稽味を洗練させた笑劇。明治時代以降は、能・式三番と併せて能楽と呼ぶことがある。狂言 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年

    訃報 2007年から見た能楽能楽

    10月29日 - 谷田宗二朗、能楽ワキ方(* 1920年)訃報 2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た能舞台能楽

    御影堂の南西に位置する。近世書院造を代表する建築の一つである。入母屋造妻入り、本瓦葺きで、平面規模は桁行(本建物の場合は奥行)38.5メートル、梁行(間口)29.5メートル。南側の対面所と北側の白書院から成るが、両者は元来別々の建物であった。本建物を豊臣秀吉の伏見城の遺構とするのは俗説で、実際は後述のとおり江戸時代の建物である。対面所の主室は欄間に雲と鴻(コウノトリ)を透彫りにするところから、「鴻の間」とも呼ばれる。広さは下段のみで162畳、上段を含め203畳、天井は格天井とする。襖、壁等の障壁画は本願寺お抱え絵師の渡辺了慶の筆と推定されている。正面奥(北側)は東西方向に長大な上段とし、中央に大床(おおどこ)、左に帳台構を設ける。上段の東には床高をさらに1段高めた上々段があり、違い棚と付書院を設ける。対面所の西側には雀の間、雁の間、菊の間があり、北側は納戸2室を挟んで白書院である。白書院は西から東へ三の間、二の間、一の間(紫明の間)からなる。一の間には変形10畳の上段があり、床、棚、付書院、帳台構を備える。なお、対面所と白書院三の間は、畳を上げると板敷きで、能舞台としても使用できるように工夫されている。寺の文書によれば、対面所は元和3年(1617年)の西本願寺の火災後まもなくの建築で、当初は現御影堂付近に東向きに建てられていたが、御影堂再建に先立ち寛永7年(1630年)に元和焼失以前に対面所が建っていた現在地に90度向きを変えて移築した。のちに(安永6年か)北側に別棟であった白書院を移築合体させた。書院は原則非公開。期日を限って特別公開の行われる場合があるが、それ以外の時期の拝観には事前の許可が必要である。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

388件中 11 - 20件表示

「能楽」のニューストピックワード