576件中 11 - 20件表示
  • 加賀宝生

    加賀宝生から見たシテ方能楽

    明治9年(1876年)、能の再興を図る岩倉具視邸に明治天皇、皇后、皇太后の行幸啓があり、能が催された際、シテとして加賀藩十三代藩主前田斉泰、大聖寺藩十四代藩主前田利鬯親子が演じている。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

  • 豊榮神社・野田神社

    豊榮神社・野田神社から見た能楽能楽

    毛利元昭が明治維新70年記念として昭和11年に寄進したもの。総檜造りで、橋掛(はしがかり)、鏡の間及び楽屋、控の間を備えた本格的な能楽堂で、西日本に数少ない能楽堂の中でも規模と質とにおいて群を抜くとされる事から市の文化財に指定された。当初は現在地より西南の野田学園の運動場内に建てられていたが、平成3年に移築された。設計、建設は東京の小林建築事務所が担当。豊榮神社・野田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 里神楽・神代神楽研究会

    里神楽・神代神楽研究会から見た能楽能楽

    日本文化紹介事業 - 「神社や老人ホームや、様々な舞台で演奏をする事で広く一般的な方に日本文化(神楽を中心に三味線、箏、日本舞踊、能楽、茶道、華道)を広める」里神楽・神代神楽研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 村井長道

    村井長道から見た能楽能楽

    村井 長道 (むらい ながただ、寛政9年(1797年) - 天保7年5月10日(1836年6月23日)) は、加賀藩年寄。加賀八家村井家第9代当主。能楽研究家。村井長道 フレッシュアイペディアより)

  • 芝能楽堂

    芝能楽堂から見た能楽能楽

    芝能楽堂(しばのうがくどう)は明治時代、芝公園の敷地内にあった能舞台の通称。単に「能楽堂」あるいは「能楽社」とも。明治維新により衰微した能楽の再興を目指して創建された。1902年(明治35年)靖国神社に奉納・移転、以降は「九段能楽堂」「靖国神社能楽堂」と称され、現在に至る。芝能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 芝能楽堂

    芝能楽堂から見た能楽堂能楽

    能楽復興のシンボルとして、明治10〜20年代にかけ「明治の三名人」らの活躍の場となった。また屋根付きの能舞台と観客席を一つの建物の中に収めたいわゆる現行の「能楽堂」の先駆であり、その出現は近代以降の能楽のあり方全体に大きな影響を与えたとされる。芝能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 歌いもの

    歌いものから見た能楽能楽

    能楽に関連して)能以外の種目で能に取材した作品群。「謡物」と表記される。歌いもの フレッシュアイペディアより)

  • 式三番

    式三番から見た狂言方能楽

    式三番に要する役者は、翁役の大夫(シテ方)、千歳役(上掛りではシテ方、下掛りでは狂言方)、三番叟役(狂言方)、面箱持役(上掛りに限って出る。狂言方。三番叟の段で問答の相手役を勤める)、笛方、小鼓方3名、大鼓方の計8ないし9名のほかに、地謡、後見などである。小鼓は3丁で連調し(シテになる小鼓方を頭取、残りの2名を脇鼓という)、大鼓は三番叟にのみ加わる。太鼓方も舞台には出るが、式三番に続いて上演される脇能(わきのう)から参加し、式三番そのものには加わらない。式三番 フレッシュアイペディアより)

  • 式三番

    式三番から見た能楽能楽

    式三番(しきさんばん)とは、能・狂言とならんで能楽を構成する特殊な芸能の一つ。能楽の演目から転じて、歌舞伎舞踊や日本舞踊にも取入れられているほか、各地の郷土芸能・神事としても保存されており、極めて大きな広がりを持つ芸能である。なお、現代の能楽師たちはこの芸能を、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として「翁」「神歌」(素謡のとき)と呼んでおり、「式三番」と呼ぶことはほとんど無い。式三番 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五郎 (ダンサー)

    山田五郎 (ダンサー)から見た能楽能楽

    山田 五郎(やまだ ごろう、1907年1月22日 - 1968年12月21日)は、東京出身の日本の舞踊家。能楽を学んだ後、渡欧して西洋舞踊を学び、帰国後は創作舞踊の分野で活動した。山田五郎 (ダンサー) フレッシュアイペディアより)

576件中 11 - 20件表示

「能楽」のニューストピックワード