576件中 21 - 30件表示
  • 英霊の聲

    英霊の聲から見た能楽能楽

    序の段(ワキ登場)英霊の聲 フレッシュアイペディアより)

  • 世子六十以後申楽談儀

    世子六十以後申楽談儀から見た能楽能楽

    世子六十以後申楽談儀(ぜしろくじゅういごさるがくだんぎ)、通称『申楽談儀』は室町時代に成立した、世阿弥の芸談を筆録した能楽の伝書、芸道論。世子六十以後申楽談儀 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県新公会堂

    奈良県新公会堂から見た能楽能楽

    奈良春日野国際フォーラム 甍?I・RA・KA?(ならかすがのこくさいふぉーらむいらか )は奈良県奈良市にあるコンベンション施設。国際会議開催にも対応する能楽ホールをメインホールとする。旧名称は奈良県新公会堂(ならけんしんこうかいどう)。平成27年(2015年)夏に隣接する奈良公園シルクロード交流館との一体化工事を経てリニューアルオープンが予定されている。これにさきがけて平成27年4月1日に名称変更された。日本最大級の屋根面積をもつことから、ビッグルーフという愛称がある。建物は奈良公園の一角にあり、正面東側に背後の若草山を借景とする日本庭園が設けられている。奈良県新公会堂 フレッシュアイペディアより)

  • 富山能楽堂

    富山能楽堂から見た能楽能楽

    富山市南部の富山市南総合公園内にある、富山市が設置・運営する能楽や邦楽などの伝統的な芸術文化の保存と、文化の振興に資することを目的とする、鉄筋鉄骨コンクリート造り地上1階地下1階の施設で、能楽堂と茶室で構成される。富山能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅藤九郎 (10世)

    三宅藤九郎 (10世)から見た能楽能楽

    十世三宅藤九郎(みやけ とうくろう、1972年(昭和47年)12月28日 - )は、能楽狂言方和泉流を名乗る女性狂言師。本名:三宅祥子、旧名:山脇祥子。東京都出身。十九世和泉流宗家和泉元秀の次女。青山学院初等科〜大学卒、株式会社和泉宗家取締役。三宅と名乗っているが実際は山脇家で暮らし独身。三宅藤九郎 (10世) フレッシュアイペディアより)

  • 海と夕焼

    海と夕焼から見た能楽能楽

    そして最後の少年の眠りが、「安里の回想への執着を相対化する役目」を担い、聾唖の少年の感覚がここで全て閉ざされている意味は、禅宗における「ものにこだわらない自由な精神」「無の境地」を示していると解説し、最後の場面は臨済宗の禅問答ともなっているとしている。また、少年は能のワキの役どころでもあり、シテの安里の語りは「死後の時点から生の時間を眺める夢幻能の回想形式」に似ていると小埜は述べている。海と夕焼 フレッシュアイペディアより)

  • 通盛

    通盛から見た能楽能楽

    通盛(みちもり)は、能楽作品のひとつである。作者は室町時代の井阿弥。公達物で、修羅能と呼ばれる二番目物の能である。通盛 フレッシュアイペディアより)

  • 井上八千代

    井上八千代から見た能楽能楽

    大坂住吉の社家吉住彦兵衛の次女。初世家元・サト、二世家元・アヤに師事し井上春を許される。夫は能楽シテ方観世流・六世片山九郎右衛門(晋三)。井上八千代 フレッシュアイペディアより)

  • 野上豊一郎

    野上豊一郎から見た能楽能楽

    野上豊一郎(のがみ とよいちろう、1883年9月14日 - 1950年2月23日)は、日本の英文学者、能楽研究者。臼川(きゅうせん)と号する。法政大学総長を務め、能研究の発展にも多大な寄与をした。野上豊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 幽玄

    幽玄から見た能楽能楽

    その後、能楽・禅・連歌・茶道・俳諧など、中世・近世以来の日本の芸術文化に影響を与え続け、今日では一般的用語としても用いられるに至っている。幽玄 フレッシュアイペディアより)

576件中 21 - 30件表示

「能楽」のニューストピックワード