388件中 21 - 30件表示
  • 大阪市

    大阪市から見た能楽能楽

    近世以来の伝統芸能としては、人形浄瑠璃(文楽)、歌舞伎、能楽、それに上方落語が有名である。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術断想

    芸術断想から見た能楽能楽

    銕仙会の能『大原御幸』と『竜田』(シテ方:観世銕之丞)、パリ・オペラ座のバレエ『フェードル』(原作:ラシーヌ。台本・装置・衣裳:コクトー)、文学座アトリエ公演『女中たち』(原作:ジャン・ジュネ)、『三原色』(原作:三島由紀夫。演出:堂本正樹)芸術断想 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た能楽能楽

    江戸時代に加賀国、能登国、越中国を領地としていた加賀藩は学問や文芸を奨励したことから、城下町の金沢を中心にして伝統文化が興隆し、今に受け継がれている。金沢市では能楽の加賀宝生、織物の染色技法である加賀友禅、蒔絵を施した金沢漆器、茶道具に用いられる大樋焼などが伝わる。その他、輪島市の輪島塗、加賀地方の九谷焼など芸術性の高い伝統技術が継承されている。人口当たりでみた日本美術展覧会(日展)や日本伝統工芸展の入選者数は全国1位となっている。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た能楽能楽

    三島の創作傾向は、古代ギリシアの『ダフニスとクロエ』から着想した『潮騒』、能楽や歌舞伎、エウリピデスなどを下敷きにした数々の戯曲、『浜松中納言物語』を典拠とした『豊饒の海』など、古典から、その源泉を汲み上げ、新しく蘇らせようとする作風傾向がある。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た能楽能楽

    日本国政府は、重要無形文化財の保護を目的として、人間国宝(各個認定保持者)に対して年額200万円の特別助成金を交付している。保持団体に対しては伝承者養成事業や文化財公開事業に対してその経費の一部を助成している。国立劇場では能楽、文楽、歌舞伎などの後継者養成のための研修事業が行われている。人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • 世子六十以後申楽談儀

    世子六十以後申楽談儀から見た能楽能楽

    世子六十以後申楽談儀(ぜしろくじゅういごさるがくだんぎ)、通称『申楽談儀』は室町時代に成立した、世阿弥の芸談を筆録した能楽の伝書、芸道論。世子六十以後申楽談儀 フレッシュアイペディアより)

  • 笛彦兵衛

    笛彦兵衛から見た能楽能楽

    笛彦兵衛(ふえ-ひこべえ ???)は、室町時代の能楽笛役者である。本名は檜垣本彦四郎栄次、享禄2(1529)年以降、檜垣本「彦兵衛」栄次と改める。笛彦兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 翁舞

    翁舞から見た能楽能楽

    翁舞(おきなまい)は、日本の伝統芸能の舞。能楽の原典といわれ、能楽成立以前の古い形態を伝えているとして、奈良豆比古神社の翁舞と車大歳神社の翁舞は重要無形民俗文化財に指定されている。能楽では「翁」と省略され広義の翁は式三番を指す。明確な筋書きがある物語であるものが殆どの能や狂言に対し、翁にはこれといった筋書きは無く、物語というよりは五穀豊穣や天下泰平の祈祷と位置づけられる。翁舞 フレッシュアイペディアより)

  • 野上豊一郎

    野上豊一郎から見た能楽能楽

    野上豊一郎(のがみ とよいちろう、1883年9月14日 - 1950年2月23日)は、日本の英文学者、能楽研究者。臼川(きゅうせん)と号する。法政大学総長を務め、能研究の発展にも多大な寄与をした。野上豊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た能楽能楽

    石川県が能楽や邦楽などの伝統的な芸術文化の保存と県民文化の振興に資することを目的として設置・運営する施設である。1972年(昭和47年)に、全国で初めての独立した公立能楽堂として開館した。周囲は兼六園や本多の森公園などの緑に囲まれ、多くの文化施設に隣接している。8月を除き毎月定例能と呼ばれる催しが開かれ、能、狂言、仕舞が上演される。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

388件中 21 - 30件表示

「能楽」のニューストピックワード