388件中 31 - 40件表示
  • 横浜能楽堂

    横浜能楽堂から見た能楽能楽

    横浜能楽堂(よこはまのうがくどう)は、神奈川県横浜市西区にある能楽専門の公演場。横浜能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 能勢朝次

    能勢朝次から見た能楽能楽

    能勢 朝次(のせ あさじ、1894年(明治27年)4月1日 - 1955年(昭和30年)2月25日)は、日本の能楽研究者、国文学者。京都府北桑田郡山国村に生まれる。1923年(大正12年)京都帝国大学国文科卒業。1924年(大正13年)大谷大学教授となる。以降、京都帝国大学、東京高等師範学校、東京文理科大学、東京教育大学などで教職につき、1954年(昭和29年)奈良学芸大学学長となった。能勢朝次 フレッシュアイペディアより)

  • 七小町

    七小町から見た能楽能楽

    七小町(ななこまち)とは、小野小町を題にした七つの謡曲(能楽作品)の総称。以下の通りである。七小町 フレッシュアイペディアより)

  • 天野文雄

    天野文雄から見た能楽能楽

    天野 文雄(あまの ふみお、1946年 - )は、能楽研究者、大阪大学名誉教授。東京都八王子市生まれ。早稲田大学第一法学部卒業後、編集者などを経て國學院大學文学部に学士入学。1980年同大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。1996年『翁猿楽研究』で法政大学文学博士、また同書で観世寿夫記念法政大学能楽賞を受賞する。上田女子短期大学助教授、大阪大学文学部助教授を経て、1996年教授。2006年大阪大学文学部長に就任。2008年『世阿弥がいた場所』で河竹賞受賞。2010年大阪大学を定年退職、名誉教授となる。天野文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 観世元信

    観世元信から見た能楽能楽

    観世 元信(かんぜ・もとのぶ、1931年8月8日- )は日本の能楽師。能楽観世流囃子方大鼓方十六世宗家。日本能楽会会員。観世元信 フレッシュアイペディアより)

  • 仕舞袴

    仕舞袴から見た能楽能楽

    仕舞袴(しまい-ば(は)かま)は主として能楽において用いられる特殊な形状の袴。仕舞、舞囃子などを舞うときに用いられることが多いためにこの名がある。仕舞袴 フレッシュアイペディアより)

  • 雪号

    雪号から見た能楽能楽

    雪号(せつごう)とは能楽シテ方観世流において、隠居後に名のる「雪」字を用いた雅号のこと。主として宗家および分家にしかゆるされず、弟子家の場合には特に流儀に功績のある者もしくは名手の誉れ高い者にかぎられる。雪号 フレッシュアイペディアより)

  • 花伝書

    花伝書から見た能楽能楽

    花伝書(かでんしょ)、一名八帖花伝書(はちじょう-かでんしょ)は室町時代末期に編纂された能楽伝書。全八巻。著者・編者不明。花伝書 フレッシュアイペディアより)

  • 金子あい

    金子あいから見た能楽能楽

    インテリアデザイナーとして活動後、自らの身体で空間を表現するべく俳優となる。美術の世界で培ったセンスと、や新内、日本舞踊から学んだ古典の所作、技術、精神をいかし、舞台で独特の存在感を放つ。女役をはじめ、男役・中性的な役柄などキャラクターの幅が広い。正統な古典の語りからコンテンポラリーなパフォーマンスまで幅広く活躍している。金子あい フレッシュアイペディアより)

  • 吉沢検校

    吉沢検校から見た能楽能楽

    平曲(平家琵琶)は古代の日本音楽である雅楽と声明(しょうみょう)から生まれ、能楽と共に中世を代表する日本音楽である。もともと当道座の盲人音楽家たちは、この平曲の演奏こそが正規の本業であり、もっぱらにしていたし、平曲は中世には絶大な人気を保っていた。しかし近世に至って表現豊かな楽器である三味線が渡来、完成され、更に箏、胡弓が加わり、これらによる新たな音楽が生まれた。これに携わったのもかつての琵琶法師、つまり当道座の盲人音楽家たちであった。こうして彼らにより三味線音楽や箏曲が興隆する一方で、本来彼らの表芸であるはずの平曲は完全に停滞、固定化して、ただ伝承されるだけの存在となり、新作もなく、平曲を演奏出来る人は次第に減少して行った。江戸時代にも平曲をもっぱらとする演奏家はいたが、衰退を止めることはできなかった。吉沢検校 フレッシュアイペディアより)

388件中 31 - 40件表示

「能楽」のニューストピックワード