576件中 31 - 40件表示
  • 訃報 2017年12月

    訃報 2017年12月から見た能楽能楽

    12月1日 - 観世元伯、日本の能楽師、能楽観世流囃子方太鼓方(* 1966年)訃報 2017年12月 フレッシュアイペディアより)

  • ベンジャミン・ブリテン

    ベンジャミン・ブリテンから見た能楽能楽

    1956年2月、日本を訪れ、NHK交響楽団を指揮して自作を演奏した。また2週間滞在中に伝統芸能の能楽「隅田川」を鑑賞、深い感銘を受けて『カーリュー・リヴァー』(教会上演用の寓話)を生み出すことになる。ベンジャミン・ブリテン フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た能楽能楽

    中村光夫は、川端文学の特色を、「日本人の心の動きを純粋な形で見つめたもの」とし、それは作品の語り手(作者の分身)と対象(踊子など)の関係性が、能の「ワキ」と「シテ」に似ていて、「シテの多くがワキの夢の所産であり、同時に舞台の支配者である」関係となり、対象が幻でありながらも「自然に似た存在の重味」を得ているとして、そこに川端の文学が、単なる写実の私小説と異なる「現代性」「古典性」を獲得している理由だと解説している。そして中村は、現実に対する川端の態度を、「誠実な自己批評あるいは自己否定の熱情」だとし、その批評や否定の対極に、川端自身(知識階級であり男)に無いものを持つ「女性」(踊子など)、「民衆あるいは日本」があるとしている。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た能舞台能楽

    対面所の主室は欄間に雲と鴻(コウノトリ)を透彫りにするところから、「鴻の間」とも呼ばれる。広さは下段のみで162畳、上段を含め203畳、天井は格天井とする。襖、壁等の障壁画は本願寺お抱え絵師の渡辺了慶の筆と推定されている。正面奥(北側)は東西方向に長大な上段とし、中央に大床(おおどこ)、左に帳台構を設ける。上段の東には床高をさらに一段高めた上々段があり、違い棚と付書院を設ける。能舞台を持つ広庭に南面する広大なスペース、無目敷居による下段の三列二段の区画など、住宅建築としての書院造から儀式空間である対面所に特化した書院造の姿を見せる。この広大な平面については、真宗の本堂建築を基本に、その内陣に代えて上段、上々段、帳台構など書院造の要素を付加したものとの指摘もある。この対面所の西側には控えの間である雀の間、雁の間、菊の間があり、北側には納戸2室を挟んで白書院がある。白書院は西から東へ三の間、二の間、一の間(紫明の間)からなる。一の間には変形10畳の上段があり、床、棚、付書院、帳台構を備える。なお、対面所と白書院三の間は、畳を上げると板敷きで、能舞台としても使用できるように工夫されている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 聖母・聖美物語

    聖母・聖美物語から見た能楽能楽

    繁郎の母。趣味は能楽で、自宅のインテリアも、能に関する物を取り入れているほど。聖母・聖美物語 フレッシュアイペディアより)

  • 小西甚一

    小西甚一から見た能楽能楽

    その他の著書に『梁塵秘抄考』、『文鏡秘府論考』、『能楽論研究』、『俳句の世界』等がある。小西甚一 フレッシュアイペディアより)

  • 劇場

    劇場から見た能舞台能楽

    オペラを上演するための劇場は歌劇場、日本の能楽では能舞台と称することが多い。また主に中小の劇団が公演を行う小規模な劇場を特に芝居小屋(しばいごや)と呼ぶことがあり、大きな劇場であっても演劇関係者は業界用語としてこれを「小屋」と呼ぶことがある。近年では、演劇が倉庫で上演されたり、小さなコンサートや大道芸が路上で行われたりすることもあるが、これらの場所は演出空間ではあっても劇場とは呼ばない。劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 東京芸術大学

    東京芸術大学から見た能楽能楽

    専攻:三味線音楽、邦楽囃子、現代邦楽囃子専攻、日本舞踊、箏曲山田流、箏曲生田流、現代箏曲専攻、尺八、能楽、能楽囃子、雅楽東京芸術大学 フレッシュアイペディアより)

  • 片山幽雪

    片山幽雪から見た日本能楽会能楽

    片山 幽雪(かたやま ゆうせつ、1930年(昭和5年)8月26日 - 2015年(平成27年)1月13日)はシテ方観世流能楽師。京都片山家九世当主(片山家能楽・京舞保存財団理事長)。重要無形文化財保持者(人間国宝)。日本芸術院会員。日本能楽会理事長。本名は片山 博太郎(かたやま ひろたろう)。片山幽雪 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た能楽能楽

    江戸時代に加賀国、能登国、越中国を領地としていた加賀藩は学問や文芸を奨励したことから、城下町の金沢を中心にして伝統文化が興隆し、今に受け継がれている。金沢市では能楽の加賀宝生、織物の染色技法である加賀友禅、蒔絵を施した金沢漆器、茶道具に用いられる大樋焼などが伝わる。その他、輪島市の輪島塗、加賀地方の九谷焼など芸術性の高い伝統技術が継承されている。人口当たりで見た日本美術展覧会(日展)や日本伝統工芸展の入選者数は全国1位となっている。また、全国47都道府県で唯一、太平洋戦争で空襲を受けていない。石川県 フレッシュアイペディアより)

576件中 31 - 40件表示

「能楽」のニューストピックワード