388件中 41 - 50件表示
  • 平和市民公園

    平和市民公園から見た能楽能楽

    1990年(平成2年)4月4日に開館。鉄筋コンクリート構造平屋建で、5.9m四方の能舞台と、568席(椅子席375席、桟敷席他193席)の見所(観客席)を有する。平和市民公園 フレッシュアイペディアより)

  • 重要無形文化財

    重要無形文化財から見た能楽能楽

    重要無形文化財の指定の対象は無形の「わざ」そのものである。指定にあたっては、たとえば「人形浄瑠璃・文楽」「能楽」のような芸能、「備前焼」「彫金」のような工芸技術といった無形の「わざ」を重要無形文化財に指定するとともに、その「わざ」を高度に体得している個人または団体を保持者・保持団体として認定する(「指定」と「認定」の差異に注意)。重要無形文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 能舞台

    能舞台から見た能楽能楽

    能舞台 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田大五郎

    藤田大五郎から見た能楽能楽

    藤田 大五郎(ふじた だいごろう、1915年11月30日 - 2008年11月15日)は、能楽師(一噌流笛方)、日本芸術院会員、人間国宝。藤田大五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 狂言共同社

    狂言共同社から見た能楽能楽

    明治維新によって諸藩で召し抱えられていた能楽師・狂言師の多くはその雇を解かれ、またその後の社会の混乱もあって困窮した。能楽・狂言が盛んであった尾張藩でも、廃藩に伴って御役者がその職を失ったが、伝統的に副業を持つ者が多かったことや、関谷守彦や伊藤次郎左衛門、岡谷惣助など江戸時代から続く商家による援助もあって舞台が続けられていた。一方、この時期には名古屋和泉流において藩政時代から名家と呼ばれた山脇藤左衛門家や早川幸八家が跡継ぎの問題から断絶している。狂言共同社 フレッシュアイペディアより)

  • 半能

    半能から見た能楽能楽

    半能(はんのう)とは、能楽において付祝言のために、一曲の能を後場に焦点をあて、前場を大幅に略して演じる形態。祝言性を強調し、上演時間を短縮する意味がある。付祝言の項も参照。半能 フレッシュアイペディアより)

  • 風流

    風流から見た能楽能楽

    こうした「風流」の趣向は同時代の寺院芸能である猿楽・能・狂言などに影響を与えた。能・狂言とともに能楽を構成する3要素の1つであった式三番においては派手な格好で歌唱混じりに演じる芸を「風流」と呼んで演出の重要な要素として用いられ、狂言の演出中にも採り入れられた。万治3年(1660年)に大蔵虎明が『風流之本』を本を著して風流30番を採録しているが、今日では行われなくなったものも多い。また、風流の格好・芸能・感覚は江戸時代に確立した歌舞伎・人形浄瑠璃などにも影響を与えた他、桃山文化や元禄文化の建築などにもその影響が見られる。また、現代の盆踊りや踊念仏、正月飾りとの関連性も指摘されている。風流 フレッシュアイペディアより)

  • 弥剣神社 (柳川市)

    弥剣神社 (柳川市)から見た能楽能楽

    弥剣神社(やつるぎじんじゃ)は福岡県柳川市中町に所在する神社。「福岡県の地名」では『弥剣神社』となっているが、「図説立花家記」では『中町八剣神社』と表記されている。明治時代の神仏分離令以前の旧称は本町祇園宮。近くに音楽寺があったが、現在廃寺になっている。江戸時代は旧暦2月25日には筑後国柳川藩主の列席の下で能楽奉納五穀豊穣祈願が行われた。弥剣神社 (柳川市) フレッシュアイペディアより)

  • 八剣神社 (柳川市)

    八剣神社 (柳川市)から見た能楽能楽

    明治時代の神仏分離令以前の旧称は本町祇園宮。江戸時代は旧暦2月25日には筑後国柳川藩主の列席の下で能楽奉納五穀豊穣祈願が行われた。八剣神社 (柳川市) フレッシュアイペディアより)

  • 吉良川の御田祭

    吉良川の御田祭から見た能楽能楽

    拝殿を舞台に田植から収穫までの稲作行事を演じるもので、田遊び、田楽、猿楽、古風な能楽などを織り交ぜて行われる。演じられる芸能は、殿とかしゃ、練、女猿楽、三番神、翁、牛、田打、えぶり指し、田植、酒絞り、田刈、小林、魚釣り、地堅め、太刀踊であり、中でもクライマックスは 「酒しぼり」である。赤ん坊が産まれたとして神の子(木製の人形)を、子宝に恵まれない女性たちが奪い合うことから、子授けの祭としても知られ、日本三大奇祭の一つともいわれている。吉良川の御田祭 フレッシュアイペディアより)

388件中 41 - 50件表示

「能楽」のニューストピックワード