576件中 41 - 50件表示
  • 井伊直弼

    井伊直弼から見た能楽能楽

    部屋住みの時代に国学、曹洞宗の禅、絵、和歌、兵学・居合・槍術などの武術、茶の湯、能楽などの多数の趣味に没頭していた。特に居合では新心流から新心新流を開いた。茶の湯では「宗観」の名を持ち、石州流の中に一派を確立した。著書『茶湯一會集』巻頭には有名な「一期一会」がある。能楽方面では新作狂言「鬼ヶ宿」の制作や、廃曲となっていた「狸の腹鼓」の復曲(いわゆる「彦根狸」)を試みるなど、狂言作者としての才能も持っていた。大蔵流茂山家再興に力を貸し、名跡茂山千五郎は彼が名付けた。井伊直弼 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た能楽能楽

    8月1日に立ち退きのため、両親・弟と共に目黒区緑ヶ丘2323番地(現・緑が丘1丁目17-24)へ転居。同月に岸田国士の「雲の会」発足に小林秀雄、福田恆存らと参加し、年上の文学者らとの交流が広まってゆき、その後、中村光夫の発案の「鉢の木会」にも顔を見せるようになった。10月には、能楽を基調にした「邯鄲」を『人間』に掲載し、劇作家としての挑戦の幅も広げていった。この作品は、のちに『近代能楽集』としてまとめられる1作目となり、矢代静一を通じて前年に知り合った芥川比呂志の演出により12月に上演された。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た能楽能楽

    日本国政府は、重要無形文化財の保護を目的として、人間国宝(各個認定保持者)に対して年額200万円の特別助成金を交付している。保持団体に対しては伝承者養成事業や文化財公開事業に対してその経費の一部を助成している。国立劇場では能楽、文楽、歌舞伎などの後継者養成のための研修事業が行われている。人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • 室町時代

    室町時代から見た能楽能楽

    室町時代後期、戦国時代になると城郭建築が発展する。初期のものは戦争のための軍事施設としての用途が主目的であったが、領国が広がるにつれ豪壮華麗になっていく。鎌倉時代には寺社のみで使用されていた瓦が城郭に使われるようになり、やがて町屋にも広がることとなった。同時に茶の湯・能楽・書院造など今日、文化の原型と考えられているものがこの時代に確立された。室町時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た能楽能楽

    近世以来の伝統芸能としては、人形浄瑠璃(文楽)、歌舞伎、能楽、それに上方落語が有名である。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 笛彦兵衛

    笛彦兵衛から見た能楽能楽

    笛彦兵衛(ふえ-ひこべえ ???)は、室町時代の能楽笛役者である。本名は檜垣本彦四郎栄次、享禄2(1529)年以降、檜垣本「彦兵衛」栄次と改める。笛彦兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た能楽能楽

    石川県が能楽や邦楽などの伝統的な芸術文化の保存と県民文化の振興に資することを目的として設置・運営する施設である。1972年(昭和47年)に、全国で初めての独立した公立能楽堂として開館した。周囲は兼六園や本多の森公園などの緑に囲まれ、多くの文化施設に隣接している。8月を除き毎月定例能と呼ばれる催しが開かれ、能、狂言、仕舞が上演される。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 仕舞袴

    仕舞袴から見た能楽能楽

    仕舞袴(しまい-ば(は)かま)は主として能楽において用いられる特殊な形状の袴。仕舞、舞囃子などを舞うときに用いられることが多いためにこの名がある。仕舞袴 フレッシュアイペディアより)

  • 花伝書

    花伝書から見た能楽能楽

    花伝書(かでんしょ)、一名八帖花伝書(はちじょう-かでんしょ)は室町時代末期に編纂された能楽伝書。全八巻。著者・編者不明。花伝書 フレッシュアイペディアより)

  • 吉沢検校

    吉沢検校から見た能楽能楽

    平曲(平家琵琶)は古代の日本音楽である雅楽と声明(しょうみょう)から生まれ、能楽と共に中世を代表する日本音楽である。もともと当道座の盲人音楽家たちは、この平曲の演奏こそが正規の本業であり、もっぱらにしていたし、平曲は中世には絶大な人気を保っていた。しかし近世に至って表現豊かな楽器である三味線が渡来、完成され、更に箏、胡弓が加わり、これらによる新たな音楽が生まれた。これに携わったのもかつての琵琶法師、つまり当道座の盲人音楽家たちであった。こうして彼らにより三味線音楽や箏曲が興隆する一方で、本来彼らの表芸であるはずの平曲は完全に停滞、固定化して、ただ伝承されるだけの存在となり、新作もなく、平曲を演奏出来る人は次第に減少して行った。江戸時代にも平曲をもっぱらとする演奏家はいたが、衰退を止めることはできなかった。吉沢検校 フレッシュアイペディアより)

576件中 41 - 50件表示

「能楽」のニューストピックワード