576件中 51 - 60件表示
  • 能舞台

    能舞台から見た能楽能楽

    能舞台 フレッシュアイペディアより)

  • 狂言共同社

    狂言共同社から見た能楽能楽

    明治維新によって諸藩で召し抱えられていた能楽師・狂言師の多くはその雇を解かれ、またその後の社会の混乱もあって困窮した。能楽・狂言が盛んであった尾張藩でも、廃藩に伴って御役者がその職を失ったが、伝統的に副業を持つ者が多かったことや、関谷守彦や伊藤次郎左衛門、岡谷惣助など江戸時代から続く商家による援助もあって舞台が続けられていた。一方、この時期には名古屋和泉流において藩政時代から名家と呼ばれた山脇藤左衛門家や早川幸八家が跡継ぎの問題から断絶している。狂言共同社 フレッシュアイペディアより)

  • 半能

    半能から見た能楽能楽

    半能(はんのう)とは、能楽において付祝言のために、一曲の能を後場に焦点をあて、前場を大幅に略して演じる形態。祝言性を強調し、上演時間を短縮する意味がある。付祝言の項も参照。半能 フレッシュアイペディアより)

  • 吉良川の御田祭

    吉良川の御田祭から見た能楽能楽

    拝殿を舞台に田植から収穫までの稲作行事を演じるもので、田遊び、田楽、猿楽、古風な能楽などを織り交ぜて行われる。演じられる芸能は、殿とかしゃ、練、女猿楽、三番神、翁、牛、田打、えぶり指し、田植、酒絞り、田刈、小林、魚釣り、地堅め、太刀踊であり、中でもクライマックスは 「酒しぼり」である。赤ん坊が産まれたとして神の子(木製の人形)を、子宝に恵まれない女性たちが奪い合うことから、子授けの祭としても知られ、日本三大奇祭の一つともいわれている。吉良川の御田祭 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽堂

    能楽堂から見た能楽能楽

    能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 郢曲

    郢曲から見た能楽能楽

    鎌倉時代に、前代の今様を受けて鎌倉を中心とする東国の武士たちに愛唱されたのが、早歌と呼ばれる長編歌謡であった。これは『源氏物語』や『和漢朗詠集』など日本の古典や仏典・漢籍を出典とする七五調を基本とする歌謡で、永仁4年(1296年)以前成立の歌謡集『宴曲集』は歌謡作者明空の編纂による。早歌は「郢曲」の範疇に含めることがあり、あるいは、公家の郢曲にかわる「武家の郢曲」ともいうべき性格を有する歌謡であった。その詞章には、武家ならでは思考法や美意識の反映がみられ、後代の曲舞や能楽の成り立ちにも多大な影響をあたえることとなったといわれている。郢曲 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た能楽堂能楽

    石川県立能楽堂(いしかわけんりつのうがくどう)は、石川県金沢市に所在する能楽堂である。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 林義勝

    林義勝から見た能楽能楽

    昭和を代表する写真家:林忠彦の四男。 人物写真撮影でのデビューを機に、エディトリアルの分野で活躍。 歌舞伎・能楽などの 「 伝統芸能 」 の写真や、文学・風土などの 「 歴史 」 を背景に織り込んだ、テーマ写真を得意とし、写真集・雑誌執筆などで活躍中。 現在、日本の原風景および 「 龍 」「 能 」 などの撮影に取り組む。 国内では写真展を多数開催し、海外での写真展においても成功を収める。林義勝 フレッシュアイペディアより)

  • 五番立

    五番立から見た能楽能楽

    五番立 フレッシュアイペディアより)

  • 付祝言

    付祝言から見た能楽能楽

    付祝言(つけしゅうげん)とは、能楽における上演形態のひとつ。附祝言とも表記する。付祝言 フレッシュアイペディアより)

576件中 51 - 60件表示

「能楽」のニューストピックワード