388件中 51 - 60件表示
  • 六条八幡神社

    六条八幡神社から見た能舞台能楽

    能舞台(神戸市指定文化財)六条八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 謡曲物

    謡曲物から見た能楽能楽

    謡物(うたいもの)または謡曲曲(ようきょくもの)とは、能楽以外の種目において能楽に取材した音楽作品群のこと。謡曲物 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽堂

    能楽堂から見た能楽能楽

    能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 増田正造

    増田正造から見た能楽能楽

    増田 正造(ますだ しょうぞう、1930年 - )は日本の能楽研究者。増田正造 フレッシュアイペディアより)

  • 中啓

    中啓から見た能楽能楽

    日本で発明された扇はもともと骨の片面に紙を貼ったもので、これは開くと扇の裏面に骨が露出するという形式であった。日本の扇が中国に輸出されると、中国では両面に紙を貼る形態に改造された。これが日本に逆輸入され、日本でも室町時代には両面に紙を貼ったものが作られるようになったが、そうすると畳んだ時の厚みが倍となるので、おのずと扇の上端が広がる格好となる。これが中啓の起りである。そののち扇の製法が進み、両面貼りでも現在見られる末が広がらない扇(これを沈折〈しずめおり〉という)が造られるようになるが、中啓は末の開いたままの状態を維持し、公家や武家において笏のように儀礼の具とした。公家では檜扇を扇の中でもっとも正式なものとしたが、中啓はその檜扇に次ぐものとされ、徳川家をはじめとする大名家では直垂・布衣・大紋着用の際の持ち物とされた。また能楽や狂言、さらに歌舞伎の舞台でも使われ現在に及んでいる。なお朝廷や公家においては中啓は末広と呼ばれたが、武家や能狂言等で使うものとは微妙に形式が異なりそれらとは区別されたという。中啓 フレッシュアイペディアより)

  • 大倉一郎 (土木工学者)

    大倉一郎 (土木工学者)から見た能楽能楽

    能楽、文楽、歌舞伎などの鑑賞を趣味とする。また、愛猫家でもある。大倉一郎 (土木工学者) フレッシュアイペディアより)

  • 川崎九淵

    川崎九淵から見た能楽能楽

    川崎 九淵(かわさき きゅうえん、1874年7月11日 - 1961年1月24日)は能楽大鼓の名手。葛野流宗家代理・宗家預りを歴任し、能楽界初の人間国宝となった。また、理論面においても地拍子の法則性を発見するなどの功績を残した。本名・旧名利吉。川崎九淵 フレッシュアイペディアより)

  • おもかげ幻舞

    おもかげ幻舞から見た能楽能楽

    能楽に使われる面。おもかげ幻舞 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来観世家

    矢来観世家から見た能楽能楽

    矢来観世家(やらい-かんぜ-け)は能楽シテ方観世流の職分家のひとつ。観世九皐会を主宰。分家観世銕之丞家の分家筋にあたる。梅若がかりの芸風を持ち、流内で宗家、分家、梅若両家に次ぐ格式と規模を持つ。矢来観世家 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来観世家

    矢来観世家から見た能舞台能楽

    明治44年(1911年)、初世観世喜之が神田西小川町の自邸に能舞台を建て、同年6月17日第一回観世九皐会開催。矢来観世家 フレッシュアイペディアより)

388件中 51 - 60件表示

「能楽」のニューストピックワード