388件中 61 - 70件表示
  • フタリシズカ

    フタリシズカから見た能楽能楽

    和名は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの。ヒトリシズカと対を成す。ただし、花序は二とは限らず、3-4つく例もある。フタリシズカ フレッシュアイペディアより)

  • こしがや能楽堂

    こしがや能楽堂から見た能楽堂能楽

    こしがや能楽堂(こしがやのうがくどう)は、埼玉県越谷市にある能楽堂である。越谷市が運営をしている。こしがや能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 松羽目物

    松羽目物から見た能舞台能楽

    松羽目とは能舞台の後部にある大きく松の画かれた羽目板すなわち鏡板のことで、歌舞伎の舞台正面にこの鏡板と、また左右に竹の絵を画いた羽目板を模した張り物(大きな木枠に布を張りそれに背景を描いた大道具)を置くことにより松羽目物と呼ばれる。能舞台と歌舞伎の舞台とでは造りが違うので、これらの大道具でもって能舞台を現わしている。そして多くは長唄と出囃子によって能や狂言から内容を取った演目を、それらとほぼ同じ装束を着用して演じる。松羽目物 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハミュージックトレーディング

    ヤマハミュージックトレーディングから見た能楽能楽

    箏、ネオ箏、尺八、三味線、和太鼓、雅楽用楽器、能楽用楽器などヤマハミュージックトレーディング フレッシュアイペディアより)

  • 森村進

    森村進から見た能楽能楽

    研究分野以外でも『幻想文学』誌に澁澤龍彦に関する評論を投稿するなど、幅広い分野に造詣が深い。趣味は能楽鑑賞。森村進 フレッシュアイペディアより)

  • 宗家

    宗家から見た能楽能楽

    日本において、能楽などの伝統芸能や古武道などで家元の言いかえとして用いられる称号。もとは観世流で観世銕之丞家に対して家元家を宗家と呼んだところからおこったもの。宗家位、宗家号とも。流派の経営、普及活動及び一門の統率、門下生の教育を旨とする。流派により宗家自ら師範となる場合、弟子に門下生の指導を委ねる場合とがある。宗家 フレッシュアイペディアより)

  • 郢曲

    郢曲から見た能楽能楽

    鎌倉時代に、前代の今様を受けて鎌倉を中心とする東国の武士たちに愛唱されたのが、早歌と呼ばれる長編歌謡であった。これは『源氏物語』や『和漢朗詠集』など日本の古典や仏典・漢籍を出典とする七五調を基本とする歌謡で、永仁4年(1296年)以前成立の歌謡集『宴曲集』は歌謡作者明空の編纂による。早歌は「郢曲」の範疇に含めることがあり、あるいは、公家の郢曲にかわる「武家の郢曲」ともいうべき性格を有する歌謡であった。その詞章には、武家ならでは思考法や美意識の反映がみられ、後代の曲舞や能楽の成り立ちにも多大な影響をあたえることとなったといわれている。郢曲 フレッシュアイペディアより)

  • 丸岡明

    丸岡明から見た能楽能楽

    1966年「静かな影絵」「街の灯」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。『堀辰雄全集』編纂委員を務めた。の解説、編集も多く、原民喜をモデルとした『贋きりすと』などを書いた。丸岡明 フレッシュアイペディアより)

  • 家系

    家系から見た能楽能楽

    冒頭に挙げたように、古来からの慣習により、武道・芸道など特定の家系が宗家・家元としてその流派や伝統を継承している場合も、職業上の家系にあたるものである。武道でいえば剣術・居合道その他にその例をみることが出来、芸道でいえば能楽や歌舞伎もそのひとつである。または、表千家や裏千家をはじめとする茶道、華道、或いは礼法の分野でも特定の家系による伝統の継承が見受けられる。今日では、二世タレントというように、伝統芸能によらない俳優や歌手、タレントなどの芸能人にも二世、三世が登場するようになり、あたかも職業上の家系のように見受けられる傾向もある。家系 フレッシュアイペディアより)

  • 祝重正

    祝重正から見た能楽能楽

    天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が死亡した後には、信長二男の織田信雄に仕え、尾張稲葉に550貫文を知行していた。のち、信雄没落後に豊臣秀吉に仕えたらしく、『太閤記』では文禄2年(1593年)4月9日条にある名護屋城での能楽会で、重正が狂言を演じる姿が記されている。また文禄・慶長の役に同行した御伽衆の中にも名がある。祝重正 フレッシュアイペディアより)

388件中 61 - 70件表示

「能楽」のニューストピックワード