388件中 71 - 80件表示
  • JCI日本芸術協会

    JCI日本芸術協会から見た能楽能楽

    能楽の歴史・能面・能装束の解説と仕舞鑑賞、2004年1月23日、京都・新金剛能楽堂JCI日本芸術協会 フレッシュアイペディアより)

  • 薪能

    薪能から見た能楽堂能楽

    薪能(たきぎのう)は、主として夏場の夜間、能楽堂、もしくは野外に臨時に設置された能舞台の周囲にかがり火を焚いて、その中で特に選ばれた演目を演じる能。「薪の宴の能」の意。起源は平安時代中期にまで遡り、奈良の興福寺で催されたものが最初だという。興福寺では、現在5月の11日、12日に薪能が行われている。ただし興福寺では薪御能(たきぎおのう)と呼ぶ。また、薪御能の源流はあくまで神事・仏事の神聖な儀式であり、野外で薪を燃やせば薪能になるのではないとしている。薪能 フレッシュアイペディアより)

  • 薪能

    薪能から見た能舞台能楽

    薪能(たきぎのう)は、主として夏場の夜間、能楽堂、もしくは野外に臨時に設置された能舞台の周囲にかがり火を焚いて、その中で特に選ばれた演目を演じる能。「薪の宴の能」の意。起源は平安時代中期にまで遡り、奈良の興福寺で催されたものが最初だという。興福寺では、現在5月の11日、12日に薪能が行われている。ただし興福寺では薪御能(たきぎおのう)と呼ぶ。また、薪御能の源流はあくまで神事・仏事の神聖な儀式であり、野外で薪を燃やせば薪能になるのではないとしている。薪能 フレッシュアイペディアより)

  • をかし

    をかしから見た能楽能楽

    室町時代以降、「をかし」は滑稽味を帯びているという意味に変化した。世阿弥の能楽論では狂言の滑稽な様を「をかし」と呼び、これが江戸時代に滑稽本などに受け継がれて、現在の滑稽味のあるという意味の「おかしい」に至ったと思われる。この他、和歌などの評価に「をかし」を用いる場合が見られる。をかし フレッシュアイペディアより)

  • 野々村戒三

    野々村戒三から見た能楽能楽

    野々村 戒三(ののむら かいぞう、1877年(明治10年)9月7日 - 1973年(昭和48年)11月21日)は、日本の歴史学者、能楽研究者。号は蘆舟、芥叟。クリスチャン。野々村戒三 フレッシュアイペディアより)

  • 中将姫

    中将姫から見た能楽能楽

    謡曲(能楽)『当麻(たえま)』・『雲雀山(ひばりやま)』 : 世阿弥元清の作。中将姫 フレッシュアイペディアより)

  • 松平親明

    松平親明から見た能楽能楽

    第6代藩主・松平親貞の次男。享和2年(1802年)に叔父で先代藩主の親賢が嗣子無くして死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。親明自身は能楽に秀でていたと言われているが、藩政においては百姓の逃散や一揆、打ちこわしが相次ぐなど多難を極めた。文政8年(1825年)11月12日、41歳で死去し、跡を長男の親良が継いだ。松平親明 フレッシュアイペディアより)

  • 赤×黒

    赤×黒から見た能楽能楽

    ヤングサンデー(小学館)1995年2号から同22号に連載された。企画段階では能楽を主体に描かれる予定であったが、編集者に止められ格闘漫画としてスタートする。内容に合わせてそれまでの繊細でシャープな描線をペン先を潰すことによって太く力強いものへと変えている。当初は単純な熱血格闘漫画とするはずが格闘技のダークサイドの描写に終始してしまい「TO-Y」や「SEX」ほどの成功は得られなかったものの、上條の洗練された画力によって描かれたスタイリッシュで美しい格闘シーンは従前の格闘漫画には無かったものであり一見の価値がある。その後、後日談である「外伝」4話が週刊ヤングサンデー「大漫王」の1996年7月増刊号から1997年1月増刊号まで掲載された。なお、本作は上條の漫画作品「8」と同一の時系列上にあり、登場人物が一部重複する。赤×黒 フレッシュアイペディアより)

  • 芸道

    芸道から見た能楽能楽

    通常は、各種の武芸である日本武術、江戸期の公家家職に由来する有職故実・礼式、そのほか能楽、歌舞伎、人形浄瑠璃などの芸能、邦楽、茶道、華道、香道、書道、盆庭などをはじめとして、伝統工芸的な手工業、古典園芸など、ひろく技術を伝承する分野においてこうした観念が見られる。芸道 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼徳

    有馬頼徳から見た能楽能楽

    しかし財政難のため、幕府による関東河川の手伝い普請で領民に臨時税を課したりした。また藩政に興味を示さず、自らの趣味に没頭して鷹場や庭園など多くの施設を建設し、さらに能楽を何度も開くなどして財政をさらに悪化させた。このため、文政7年(1824年)から経費節減などによる財政改革を行なったが、すでに時遅く効果は無かった。文政10年(1827年)からは御用金を取り立てるなどしたが、このために借金がさらに膨れ上がり、天保3年(1832年)からは亀王一揆が起こる有様だった。有馬頼徳 フレッシュアイペディアより)

388件中 71 - 80件表示