576件中 71 - 80件表示
  • 緞子

    緞子から見た能楽能楽

    日本では、当時流行していた能楽の衣装や茶道に使う古袱紗や仕覆に用いるために、南北朝時代末期から室町時代に掛けて盛んに緞子が輸入されるようになる。ただし、これらの名物裂の中には「珠光緞子」「遠州緞子」など、平織や綾織のものを緞子と呼んだ例も多く、経糸と緯糸の色が違う高級織物の総称として、当時の高級織物である「緞子」の名を使っていた可能性もある。緞子 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀宝生

    加賀宝生から見た能舞台能楽

    金沢は戦時中災禍を免れたことから、金沢能楽会による定例能は一時中断の後昭和20年(1945年)11月に再開された。大野湊神社の神事能も昭和22年(1947年)5月に復活している。加賀宝生は昭和25年(1950年)に金沢市の無形文化財に指定された。昭和46年(1971年)には金沢能楽堂の能舞台が石川県に寄贈され、これを移築し、翌昭和47年(1972年)金沢市石引に石川県立能楽文化会館(現・石川県立能楽堂)が建設された。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀宝生

    加賀宝生から見た能楽能楽

    加賀宝生(かがほうしょう)とは、石川県の伝統芸能である宝生流の能楽のこと。金沢市が指定する無形文化財である。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

  • 今藤長十郎

    今藤長十郎から見た囃子方能楽

    東京の生まれ、父は囃子方の2代目今藤佐太郎。最初父の元で笛方で修行、1890年に7代目松永鉄五郎に入門、松永鉄太郎と名乗って三味線方に転じた。1904年に2代目今藤長十郎を襲名。1907年に東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に邦楽調査掛を新設し調査嘱託員に就任し「近世邦楽年表」を編集。1942年に実子次男に長十郎の名を譲り今藤長栽を名乗った。今藤長十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 安宅

    安宅から見た能楽能楽

    安宅(あたか)とは『義経記』などに取材した能楽作品である。成立は室町時代。作者不詳。一説に小次郎信光作者説があるが記録に残る最古の上演記録は寛正6年(1465年)で、信光の生年が宝徳2年(1450年)という最近の研究成果によると15歳の作ということになり不自然である。安宅 フレッシュアイペディアより)

  • 張扇

    張扇から見た能楽能楽

    張扇(はり-おうぎ、はり-せん)は能楽や講談、落語(上方落語)においてものをたたいて音を立てるためにつくられた専用の扇子のことをいう。能楽では「はりおうぎ」、講談では「はりせん」ということが多い。張扇 フレッシュアイペディアより)

  • 手話劇

    手話劇から見た能楽能楽

    手話狂言は、日本ろう者劇団(社会福祉法人トット基金付帯劇団)において、「時間が短くて世界に通じる笑いを」というトット基金理事長・黒柳徹子の発案で企画されたもの。能楽にも造詣の深い黒柳徹子は、和泉流狂言師・三宅右近が中学生の頃からの舞台を観ており、その後の和泉家の問題など右近の苦労をよく知っていた。黒柳は、「人の辛さ、苦しさが分かる人。指導者として、素晴らしい人」と、右近に協力を依頼した。手話劇 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村左近太

    奥村左近太から見た能楽堂能楽

    1898年(明治31年)5月15日、後楽園能楽堂で催された旧藩主池田章政との親睦会の席上で阿部守衛と対戦し、引き分けた。奥村左近太 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部守衛

    阿部守衛から見た能楽堂能楽

    1898年(明治31年)5月15日、後楽園能楽堂で催された旧藩主池田章政との親睦会の席上で左近太と対戦し、引き分けた。阿部守衛 フレッシュアイペディアより)

  • 道成寺 (能)

    道成寺 (能)から見た能楽能楽

    『道成寺』 (どうじょうじ) は、紀州道成寺に伝わる、安珍・清姫伝説に取材した能楽作品。観世小次郎信光作といわれる『鐘巻』を切り詰め、乱拍子を中心に再構成したものという。後にこの能の『道成寺』を元にして歌舞伎の『娘道成寺』や浄瑠璃の『道成寺』、琉球組踊の『執心鐘入』などが作られた。道成寺 (能) フレッシュアイペディアより)

576件中 71 - 80件表示

「能楽」のニューストピックワード