388件中 81 - 90件表示
  • 黒川能

    黒川能から見た能楽能楽

    黒川能は世阿弥が大成した後の猿楽能の流れを汲むが、いずれの能楽流派にも属さずに独自の伝承を続け、約500年以上前から受け継がれて来た庄内地方固有の郷土芸能である。奉納神事でもあるため、最初にまず能を演じるにあたり、春日神や氏神などの大神の許しを受けるために神主が祈祷してから能を行う。そのため能役者は玄人の能楽師によるものではなく、囃子方も含めて春日神社の氏子が務めるのが習わしである。黒川能 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た能楽堂能楽

    石川県立能楽堂(いしかわけんりつのうがくどう)は、石川県金沢市に所在する能楽堂である。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 和田合戦女舞鶴

    和田合戦女舞鶴から見た能楽能楽

    (将軍館能舞台の段)さて勅使の為氏を饗応するため能楽が演じられることになったが、演目『紅葉狩』に義時、和田常盛、そして斎姫が出演することになった。その演能の前、斎姫は御家人荏柄の平太の妻綱手に頼み為氏を呼び出し、二人きりとなって為氏に恋慕の心を訴える。為氏も姫のことは憎からず思うものの、義時と常盛が姫を巡ってこれ以上争わないようにするため、わざとすげない返事をして立ち去る。姫は悲しみ、自害しようとするのを止めたのはこれも有力御家人のひとり藤沢入道であった。和田合戦女舞鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 清水谷家

    清水谷家から見た能楽能楽

    清水谷家(しみずだにけ)は、羽林家の家格を有する公家。藤原北家閑院流。西園寺家の一門。家業は書道、笙、能楽、神楽。江戸時代の家禄は200石。伯爵。清水谷家 フレッシュアイペディアより)

  • 桂吉坊

    桂吉坊から見た能楽能楽

    米朝一門らしく太鼓・笛はもとより、三味線や長唄も習得している。歌舞伎や能・文楽などの古典芸能に詳しく、落語においても歌舞伎を題材とした芝居噺を得意とする。現在は能楽(謡や小鼓)を個人的に習っているほか、能楽の催しに司会として呼ばれることも多い。歌舞伎役者をはじめ、他の伝統芸能の役者に知人が多い。桂吉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉重定

    上杉重定から見た能楽能楽

    金剛流能楽を愛好していた。このため、鷹山は安永7年(1778年)に江戸の金剛流宗家の金剛三郎を米沢に招いている。また藩財政建て直しのために、藩主家家財売却の話が出たが、このとき宝蔵と能蔵のどちらを先に売却家財の対象とするかで議論となり、鷹山は「能蔵は重定の翫物だから宝蔵の方が先だ」といったという。上杉重定 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬町

    岩瀬町から見た能楽能楽

    岩瀬町(いわせまち)は茨城県西茨城郡にあった町である。霞ヶ浦にそそぐ桜川の源流として、能楽の作品「桜川」の舞台で知られる。岩瀬町 フレッシュアイペディアより)

  • 林義勝

    林義勝から見た能楽能楽

    昭和を代表する写真家:林忠彦の四男。 人物写真撮影でのデビューを機に、エディトリアルの分野で活躍。 歌舞伎・能楽などの 「 伝統芸能 」 の写真や、文学・風土などの 「 歴史 」 を背景に織り込んだ、テーマ写真を得意とし、写真集・雑誌執筆などで活躍中。 現在、日本の原風景および 「 龍 」「 能 」 などの撮影に取り組む。 国内では写真展を多数開催し、海外での写真展においても成功を収める。林義勝 フレッシュアイペディアより)

  • 表章

    表章から見た能楽能楽

    表 章(おもて あきら、1927年4月26日 - 2010年9月7日)は、能楽研究者。法政大学名誉教授。能楽史、世阿弥伝書などの研究で著名であった。表章 フレッシュアイペディアより)

  • 大塩天満宮

    大塩天満宮から見た能楽能楽

    一ツ物神事は氏子代表として男子の稚児が神前において献酌を行う神事である。神と接触することを目的として行われるようになったようで、一ツ物の稚児は依巫(よりまし)として神聖視されていた。烏帽子姿で、顔に化粧をし、魔除けとして額に「・・」の印(位星、アヤツコ)を入れる。かつては旧大塩村の東西から1名ずつ選ばれ、地面に足をつけないように馬に乗っての宮入が行われていたが、現在は氏子8ヶ丁から各1名ずつ一ツ物が選ばれ、肩車での宮入となっている。御面掛神事は、神前において白尉の面をつけ、翁が謡い舞う神事である。能楽の式三番とは形式が異なるが、千歳と翁の神歌、翁の舞が行われ、同じように翁が依巫となっている。大塩天満宮 フレッシュアイペディアより)

388件中 81 - 90件表示

「能楽」のニューストピックワード