576件中 81 - 90件表示
  • 景清 (歌舞伎十八番)

    景清 (歌舞伎十八番)から見た能舞台能楽

    なお現行の舞台は、舞台正面および左右が全て黒い岩組で中央の洞(ほら)に牢格子がはまるという大道具であるが、古くは『勧進帳』のように能舞台を模した舞台の中央に、土牢の作り物が置かれるというものだったようである。景清 (歌舞伎十八番) フレッシュアイペディアより)

  • 芝居

    芝居から見た能楽能楽

    もともとは、猿楽等の芸能を寺社の境内で行った際、観客は芝生に座って鑑賞していたことから、見物席や観客を指して「芝居」と呼んでいた。これが徐々に能楽や舞踊等の諸芸を行う場所全体を指す言葉になり、そこで行われる芸能(特に演劇)や、演技の意味にまで転じた。「芝居を観る」という表現は現代でも非常に一般的で、商業的な演劇、歌舞伎やオペラ等、演技を含む舞台表現全般を劇場で鑑賞する場合に使われる。芝居 フレッシュアイペディアより)

  • 大和猿楽

    大和猿楽から見た能楽能楽

    古くから興福寺や春日大社などの神事に奉仕することを職務とし、外山(とび)座、坂戸座、円満井(えんまんい)座、結崎(ゆうざき)座の4座が特に知られて、大和四座と称された。室町時代に入って結崎座の観阿弥・世阿弥父子が将軍家に重んじられて猿楽を現在の能楽とほぼ同等の芸能に発展させている。以後、豊臣氏・徳川氏にも重んじられ、外山座は宝生座、坂戸座は金剛座、円満井座は金春座、結崎座は観世座となり、元和年間に金剛座から分かれた喜多流を加えた四座一流の系譜(原則として世襲)を継ぐ能楽師によって、現在の能楽協会が構成されている。大和猿楽 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正義

    伊藤正義から見た能楽能楽

    伊藤 正義(いとう まさよし、1930年4月4日 - 2009年12月2日)は、国文学者、能楽研究者、神戸女子大学名誉教授。神戸市生まれ。伊藤正義 フレッシュアイペディアより)

  • 山本哲也 (能楽師)

    山本哲也 (能楽師)から見た日本能楽会能楽

    2004年、重要無形文化財保持者に認定(総合認定)され、日本能楽会会員になる。山本哲也 (能楽師) フレッシュアイペディアより)

  • 小書 (能楽)

    小書 (能楽)から見た能楽能楽

    小書(こがき)とは能楽の特殊演出のこと。番組で題名の横に小さく表示するため小書と呼ぶ。小書 (能楽) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦保

    三浦保から見た能楽能楽

    三浦工業創業と前後して、趣味として陶芸や能楽を始めた。三浦保 フレッシュアイペディアより)

  • 三上慶子

    三上慶子から見た能楽能楽

    『私の能楽自習帖』河出書房新社 1973 三上慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢来能楽堂

    矢来能楽堂から見た能楽堂能楽

    矢来能楽堂(やらいのうがくどう)は東京都新宿区矢来町にある公益社団法人観世九皐会所有の能楽堂矢来能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 板本麻見

    板本麻見から見た能楽能楽

    板本 麻見(いたもと まみ)は、元バレエダンサー、振付師。近年では能楽家としても舞台などで活動している。板本麻見 フレッシュアイペディアより)

576件中 81 - 90件表示

「能楽」のニューストピックワード