182件中 21 - 30件表示
  • 能楽

    能楽から見た愛好家

    能楽を演ずる者には能楽協会に所属する職業人としての能楽師(いわば玄人)の他、特定の地域や特定の神社の氏子集団において保持されている土着の能・狂言・式三番を演じる人々、能楽協会会員に月謝を払って技術を学ぶ素人(アマチュア)の愛好家、学生(大学・高校)能サークルが存在する。アマチュアの愛好家の中には能楽を職業とするいわゆる玄人に転ずる者も見られる。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た芸能

    江戸時代までは猿楽と呼ばれていたが、1881年(明治14年)の能楽社の設立を機に能楽と称されるようになったものである。明治維新により、江戸幕府の式楽の担い手として保護されていた猿楽の役者たちは失職し、猿楽という芸能は存続の危機を迎えた。これに対し、岩倉具視を始めとする政府要人や華族たちは資金を出し合って猿楽を継承する組織「能楽社」を設立。芝公園に芝能楽堂を建設した。この時、発起人の九条道孝らの発案で猿楽という言葉は能楽に言い換えられ、以降、現在に至るまで、能、式三番、狂言の3種の芸能を総称する概念として使用され続けている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た大学

    能楽を演ずる者には能楽協会に所属する職業人としての能楽師(いわば玄人)の他、特定の地域や特定の神社の氏子集団において保持されている土着の能・狂言・式三番を演じる人々、能楽協会会員に月謝を払って技術を学ぶ素人(アマチュア)の愛好家、学生(大学・高校)能サークルが存在する。アマチュアの愛好家の中には能楽を職業とするいわゆる玄人に転ずる者も見られる。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た日露戦争

    その後、日中戦争が起こって戦時体制に入ると、皇室を多く題材とした能には厳しい目が注がれるようになり、昭和14年(1939年)、警視庁保安課は不敬を理由に「大原御幸」を上演禁止とした。その一方で、日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦を題材とした新作能も作られるようになった。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た春日大社

    20:鏡板 大きな松の絵が描かれる。春日大社の影向の松がモデルであるとされる。神の依り代としての象徴的意味のほかに、囃子の音を共鳴させる反響版としての役割も果たしている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見たサクラ

    小鼓は、製の砂時計型の胴に、表裏2枚の革(馬革を鉄製の輪に張ってある)を置き、麻紐(「調緒(しらべお)」という)で締めあげた楽器である。左手で調緒を持ち、右肩にかついで右手で打ち、調緒のしぼり方、革を打つ位置、打ち方の強弱によって音階を出すことが出来るが、能では4種類の音(チ、タ、プ、ポ、という名前がつけられている)を打ちわける。演奏にはつねに適度な湿気が必要で、革に息をかけたり、裏革に張ってある調子紙(和紙の小片)を唾でぬらしたりして調節する。「翁」を演じるときには3名の連調となる。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た高校

    能楽を演ずる者には能楽協会に所属する職業人としての能楽師(いわば玄人)の他、特定の地域や特定の神社の氏子集団において保持されている土着の能・狂言・式三番を演じる人々、能楽協会会員に月謝を払って技術を学ぶ素人(アマチュア)の愛好家、学生(大学・高校)能サークルが存在する。アマチュアの愛好家の中には能楽を職業とするいわゆる玄人に転ずる者も見られる。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た女性

    1948年(昭和23年)に女性の能楽協会への加入が認められた。2004年(平成16年)に日本能楽会への加入が認められた。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た無形文化遺産

    能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た警視庁

    その後、日中戦争が起こって戦時体制に入ると、皇室を多く題材とした能には厳しい目が注がれるようになり、昭和14年(1939年)、警視庁保安課は不敬を理由に「大原御幸」を上演禁止とした。その一方で、日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦を題材とした新作能も作られるようになった。能楽 フレッシュアイペディアより)

182件中 21 - 30件表示

「能楽」のニューストピックワード