182件中 41 - 50件表示
  • 能楽

    能楽から見た華族

    江戸時代までは猿楽と呼ばれていたが、1881年(明治14年)の能楽社の設立を機に能楽と称されるようになったものである。明治維新により、江戸幕府の式楽の担い手として保護されていた猿楽の役者たちは失職し、猿楽という芸能は存続の危機を迎えた。これに対し、岩倉具視を始めとする政府要人や華族たちは資金を出し合って猿楽を継承する組織「能楽社」を設立。芝公園に芝能楽堂を建設した。この時、発起人の九条道孝らの発案で猿楽という言葉は能楽に言い換えられ、以降、現在に至るまで、能、式三番、狂言の3種の芸能を総称する概念として使用され続けている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た春日流

    春日流長命清左衛門派能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た能面

    200px|thumb|面能面は「のうめん」と読むが、面とだけ書けば「おもて」と読むのが普通。様々な種類がある。超自然的なものを題材とした能では面をつけることが多いが、面をつけない直面物もある。狂言では、登場する人物は現世の人間であり通常は面はつけず仮面劇とは言えないが、人間以外のものを演ずる場合などでは面をつける。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た働事

    舞ほど長くないが舞台を一巡する所作で仕手の品位や勢威、内面心理を表現する囃子事もあり総称して「働事」と呼ばれている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た大倉流

    幸流(31)、大倉流(18)、幸清流(9)、観世流(7)能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た金春流

    観世流(561)、宝生流(270)、金剛流(100)、金春流(120)、喜多流(54)能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た国立能楽堂

    しかしながら、代々能楽を職業とする家やアマチュアの入門者の数が相対的に多いシテ方は別に、三役(「ワキ方」「囃子方」「狂言方」)として能楽を職業とすることを目指す者の数は非常に少なく、上述のような伝統的な育成システムの行き詰まりは昭和期には明白となった。そこで開始されたのが、国立能楽堂に三役の技能を伝授する学校を設置し、代々能楽を職業とする家の子弟以外の人材を能楽界に取り込むという試みである。この制度は1984年6月に開始された。応募資格は中卒以上・経験不問・年齢上限ありというもので、研修期間は6年間である。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た黒川能

    一方、大和猿楽四座に統合されなかった能楽が残存している地域もあり、四座一流では演じられない曲目や、その地域独特の舞いを見ることが出来る。有名なものとしては、山形県の春日神社に伝わる黒川能、黒川能から分かれた新潟県の大須戸能などがある。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た序破急

    能の舞は型の連続であり、他の舞踊に見られる当て振りほとんど行われず無駄を削ぎ落とした極めてシンプルな軌跡を描き静的であるという印象が一般的だが、序破急と呼ばれる緩急があり、ゆっくりと動き出して、徐々にテンポを早くし、ぴたっと止まるように演じられる。稀に激しい曲ではアクロバテックな演技(飛び返りや仏倒れなど)もある。しかし止まっている場合でもじっと休んでいるわけでなく、いろいろな力がつりあったために静止しているだけにすぎず、身体に極度の緊張を強いることで、内面から湧き上がる迫力や気合を表出させようとする特色も持っている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た能楽協会

    能楽を演ずる者には能楽協会に所属する職業人としての能楽師(いわば玄人)の他、特定の地域や特定の神社の氏子集団において保持されている土着の能・狂言・式三番を演じる人々、能楽協会会員に月謝を払って技術を学ぶ素人(アマチュア)の愛好家、学生(大学・高校)能サークルが存在する。アマチュアの愛好家の中には能楽を職業とするいわゆる玄人に転ずる者も見られる。能楽 フレッシュアイペディアより)

182件中 41 - 50件表示

「能楽」のニューストピックワード