166件中 61 - 70件表示
  • 能楽

    能楽から見た囃子

    能楽は、俳優(「シテ(仕手/為手)」)の歌舞を中心に、ツレやワキ、アイ狂言を配役として、伴奏である地謡や囃子などを伴って構成された音楽劇・仮面劇である。舞と謡を担当し、実際に演技を行うのがシテ方、ワキ方および狂言方であり、伴奏音楽を担当するのが囃子方(笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方)である。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た修羅能

    能の二番目物(男) 武人が仕手となる。修羅物とも。ほとんどが負け戦(負修羅)である。勝修羅は三曲(田村・屋島・箙)。破の序。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た狂言

    能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た京都チャンネル

    スカイパーフェクTV!(CSデジタルテレビ放送)の能番組は充実しており、「歌舞伎チャンネル」や「京都チャンネル」で度々能を録画放送している。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た庭園

    変わった設置場所としては、江戸時代に徳川将軍が各藩邸に御成りをする際、能でもてなすことが一般化されたことから、大藩の江戸屋敷には庭園を挟んで能舞台が設置されていることがあった。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た徳川将軍

    変わった設置場所としては、江戸時代に徳川将軍が各藩邸に御成りをする際、能でもてなすことが一般化されたことから、大藩の江戸屋敷には庭園を挟んで能舞台が設置されていることがあった。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た科白

    基本的には能も狂言も同じであるが、実世界に題材を求めた世俗的な科白劇でありリアルな表現の狂言に対し、超自然的なものを題材とした抽象的な表現を重視する能とではそれなりの違いがあり、これら種々の型の連続によって表現される所作のまとまりを能の舞と呼んでいる。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た石橋 (能)

    の順で演じたが、1日がかりとなるこの編成で能楽を上演することは稀となり、今日では能、狂言各 1曲、あるいは能 2曲と狂言 1曲くらいの、2?3時間から半日程度で終わる上演形式が増えている。それでも五番立の順序は重視されている。例えば五番目物の能『石橋』の後に三番目物の能『井筒』を上演するようなことは稀である。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た新劇

    なお、能楽を演じたり教えたりして報酬を得る行為は、能楽協会会員以外であっても法律上は可能であり、実際に和泉元彌は能楽協会から離れた後も狂言師として活動を続けているし、観世栄夫が能楽協会退会中に仕事として新劇俳優や学生に能を教えたり、国外で観世寿夫らとともに能を演じたりしたこともあった。しかし現状では、能楽協会会員以外の者が仕事として演能を依頼されることは、和泉のような極めて稀な事例を除き、日本国内ではまずあり得ない。観世栄夫が特例として能楽協会会員に混じって日本国内で能を演じたこともあったが、この時でも観世栄夫に支払われた報酬は出演料という形を取らなかった。能楽 フレッシュアイペディアより)

  • 能楽

    能楽から見た仕舞

    仕舞に舞事や働事(上記参照)を加えて、一曲の主要部分を舞うこと。10分?20分程度の長さ。仕舞同様、仕手は装束・面を用いない。能楽 フレッシュアイペディアより)

166件中 61 - 70件表示

「能楽」のニューストピックワード