前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
499件中 1 - 10件表示
  • 石川県

    石川県から見た能登国能登国

    石川県(いしかわけん)は日本の都道府県の一つ。本州の中央部、日本海側の北陸地方に位置する。県域は令制国 の加賀国と能登国 に当たる。県庁所在地は金沢市。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀町

    志賀町から見た能登国能登国

    寿永2年(1183年) :5月11日(西暦6月2日)に起こった倶利伽羅峠の戦いに敗れた平維盛の重臣・平式部大夫が、その後間もなく志賀村(現・志賀町町)に落ち延びて隠棲する。平式部大夫を祖とする「平家(ひらかけ、たいらけ)」はその後、中能登の在地土豪に成長し、応永15年(1408年)頃には能登国守護となった畠山満慶に召し出されて能登畠山氏の被官となる。後世、平家は江戸幕府天領地13カ村を治める大庄屋になる。cf. 1577(平式部館の落城)、1615(平家の復帰)、江戸中期(平家庭園)。志賀町 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山氏

    畠山氏から見た能登国能登国

    また、北陸の越中の守護も兼ね、分家は能登の守護を代々世襲する。著名な末裔として実業家の畠山一清がいる。畠山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 気多大社

    気多大社から見た能登国能登国

    気多大社(けたたいしゃ、正式名:氣多大社)は、石川県羽咋市寺家町にある神社。式内社(名神大社)、能登国一宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。旧称は「気多大神宮」。気多大社 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た能登国能登国

    越国が689年-692年(持統天皇3-6年)越前国、越中国、越後国の三国に分立し、718年養老律令制定により能登国が越前国から分離し、その後823年、さらに越前国から江沼郡と加賀郡を割いて加賀国が設置された。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山家俊

    畠山家俊から見た能登国能登国

    畠山 家俊(はたけやま いえとし、寛正6年(1465年)- 享禄4年(1531年))は、戦国時代初期の武将。父は畠山氏の一族で伊豆畠山氏の畠山政栄。本願寺8世蓮如の最後の妻となった蓮能は双子の姉であったと伝えられる。娘に内大臣万里小路惟房正室がいる。能登西谷内城主。官位は大隅守。畠山家俊 フレッシュアイペディアより)

  • 七尾県

    七尾県から見た能登国能登国

    七尾県(ななおけん)は、1871年(明治4年)に能登国全域と越中国西部を管轄するために設置された県。現在の石川県能登半島、富山県西部にあたる。七尾県 フレッシュアイペディアより)

  • 河合宣久

    河合宣久から見た能登国能登国

    永正3年(1506年)、加賀、能登、越中の門徒に甲斐氏の牢人らが加わり越前に侵攻した九頭竜川の戦いでは、朝倉宗滴率いる軍勢に敗北し退却した。その後、本願寺の実権を握る蓮淳が派遣した下間頼秀・頼盛兄弟が加賀に入り国内の門徒衆と軋轢を起こして内紛状態となると(大小一揆)、蓮悟や洲崎慶覚らと共に畠山氏を頼って能登に逃れる。河合宣久 フレッシュアイペディアより)

  • 願海寺城

    願海寺城から見た能登国能登国

    天正2年(1574年)、能登国を治めていた畠山氏の当主、畠山義慶が死去。これに乗じて越中の一向一揆勢力は能登国へ攻め込み畠山方と二宮で戦うも敗れている。この頃盛永は一向一揆に組していたとみられ、この戦いの総大将を務めていたとみられる。願海寺城 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井城 (越中国礪波郡)

    浅井城 (越中国礪波郡)から見た能登国能登国

    平野部に突き出した丘陵の先端部(57m)に築かれていた。比高差は40m。曲輪、櫓跡、堀切が残る。南西約600mにある越中国赤丸城より規模はやや小さい。付近を旧北陸道である『山根道』、また宝達山を通り能登国志雄(現石川県宝達志水町)へと抜ける道が通っていた。至近には延喜式内論社である浅井神社が在る。浅井神社には江戸時代前期まで「川人明神」という神社があったと伝えられている事から古代北陸道における「川人(川合)駅」がこの周辺に在ったものと思われ、浅井城周辺が古代から交通の要衝であった事を示している。浅井城 (越中国礪波郡) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
499件中 1 - 10件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード