499件中 91 - 100件表示
  • 雷電震右エ門

    雷電震右エ門から見た能登国能登国

    雷電 震右エ門(らいでん しんえもん、1842年 - 1884年11月16日)は、能登国羽咋郡(現在の石川県羽咋市)出身で千賀ノ浦部屋(入門時は阿武松部屋)所属の明治初期に活躍した元大相撲力士。本名は、和吉→楠和助。現役時代の体格は身長177cm、体重125kg。得意手は突き、押し。最高位は大関。雷電震右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 千代ヶ様城

    千代ヶ様城から見た能登国能登国

    応安元年(1368年)8月、越中国守護に任じられた斯波義将が桃井直常討伐を開始。これに敗れた桃井直常はそのまま北朝方の吉見氏が治める能登国へと侵攻するも激しい抵抗に遭い撤退。直常の子桃井直和は再び転じて加賀国守護富樫昌家が拠る加賀国富樫城を攻めた。能登国守護吉見氏頼の救援により敗走した直和は越中国一乗寺城に籠るも追撃を退けられず、千代ヶ様城へと退いた。吉見氏は追撃の手を緩めず越中に兵を進め、応安2年(1369年)9月24日、千代ヶ様城は越中国井口城と共に落城し、直和は越中国松倉城へと落ち延びた。千代ヶ様城 フレッシュアイペディアより)

  • 宗祇

    宗祇から見た能登国能登国

    また、畿内の有力国人衆や周防の大内氏、若狭の武田氏、能登の畠山氏、越後の上杉氏ら各地の大名をたずねている。長享2年(1488年)3月に北野連歌所宗匠となり、名実ともに連歌界の第一人者となった。この職はまもなく兼載に譲り、明応4年(1495年)6月に兼載らと『新撰菟玖波集』を撰集した。生涯を通じ、たびたび各地を旅したが、文亀2年(1502年)弟子の宗長、宗碩らに伴われて越後から美濃に向かう途中、箱根湯本の旅館で没し、駿河桃園(現:静岡県裾野市)定輪寺に葬られた。宗祇 フレッシュアイペディアより)

  • 仏島

    仏島から見た能登国能登国

    面積約400m²、周囲約80mの小さな島である。かつて越中国と能登国の間で領有を巡って争いがあったという。現在は富山県氷見市に属するが、直線距離では石川県七尾市の沿岸の方が近い。仏島 フレッシュアイペディアより)

  • 爪木晩山

    爪木晩山から見た能登国能登国

    元禄12年(1699)頃能登国七尾に旅して在地の俳人と交わり、その後涼風軒菊池提要編『能登釜』、細流軒大野長久編『欅炭』、余力堂勝木勤文編『珠洲之海』、大恵堂樹水編『誹諧伊勢参』に序跋を寄せている。元禄17年(1704年)、加藤磐斎の旧宅を購入し、富小路通仏光寺下ルに移住した。宝永5年(1708年)、天橋立に旅行して『橋立案内誌』を刊行した。爪木晩山 フレッシュアイペディアより)

  • 九里

    九里から見た能登国能登国

    能登国珠洲郡若山荘木郎郷(もくろうごう)久乃利(くのり)、久乃利立壁、久乃利川尻。久乃利氏、温井氏、島倉氏、長氏の所領九里 フレッシュアイペディアより)

  • 永禄九年の政変

    永禄九年の政変から見た能登国能登国

    永禄九年の政変(えいろくくねんのせいへん)は永禄9年(1566年)の11月頃に能登国の守護家畠山氏(七尾畠山家)で起こったクーデターである。能登畠山家の重臣である長続連・遊佐続光ら(畠山七人衆)によって、当主であり能登守護でもあった畠山義綱とその父の畠山義続(入道して徳祐)らが追放された出来事。永禄九年の政変 フレッシュアイペディアより)

  • 木舟城

    木舟城から見た能登国能登国

    天正12年(1584年)、佐々軍15000名、能登国末森城攻略のため木舟城を出発するも撤退(末森城の戦い)。木舟城 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢正信

    柳沢正信から見た能登国能登国

    柳沢 正信(やなぎさわ まさのぶ、文化2年(1805年)-没年不詳)は、江戸幕府旗本。官位は従五位下。柳沢主尹の長男。通称は助九郎のち能登守、修理亮、豊後守。柳沢正信 フレッシュアイペディアより)

  • 府中

    府中から見た能登国能登国

    能登府中(石川県七尾市本府中、府中町)府中 フレッシュアイペディアより)

499件中 91 - 100件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード