404件中 91 - 100件表示
  • 大草高好

    大草高好から見た能登国能登国

    大草 高好(おおくさ たかよし、生年不詳 - 天保11年1月18日(1840年2月20日))は、江戸時代後期の旗本。禄高3,500石。通称は主膳。官位は能登守、後に安房守。次男に久世広周。大草高好 フレッシュアイペディアより)

  • 永禄九年の政変

    永禄九年の政変から見た能登国能登国

    永禄九年の政変(えいろくくねんのせいへん)は永禄9年(1566年)の11月頃に能登国の守護家畠山氏(七尾畠山家)で起こったクーデターである。能登畠山家の重臣である長続連・遊佐続光ら(畠山七人衆)によって、当主であり能登守護でもあった畠山義綱とその父の畠山義続(入道して徳祐)らが追放された出来事。永禄九年の政変 フレッシュアイペディアより)

  • 北条宗長

    北条宗長から見た能登国能登国

    能登国、安芸国、豊前国の三カ国の守護を兼任しており、幕府内における地位は高かったと考えられている。北条宗長 フレッシュアイペディアより)

  • 柳生俊則

    柳生俊則から見た能登国能登国

    蝦夷松前藩主松前邦広の次男。正室は柳生俊峯の娘。子は柳生俊永(次男)、柳生俊睦(三男)。官位は従五位下、采女正、能登守、但馬守。柳生俊則 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義忠

    畠山義忠から見た能登国能登国

    畠山 義忠(はたけやま よしだた)は、室町時代の守護大名。室町幕府相伴衆、能登守護。能登畠山氏2代当主。能登七尾城主。畠山満慶の子。子に義有。官位は左馬助、阿波守、修理大夫。法名は賢良。畠山義忠 フレッシュアイペディアより)

  • 小浦一守

    小浦一守から見た能登国能登国

    天正4年(1576年)、上杉謙信に臣従し、子内匠を人質として差し出した。長沢光国の与力として働く。謙信の死後、越中の上杉勢力が衰退すると、織田方に靡き、父子で佐々成政に仕える。天正13年、成政が豊臣秀吉に降りると成政に従い肥後国に移る。天正15年の成政の没後、越後の堀秀政に仕える。堀家改易後浪人し、文禄二年能登国羽咋郡飯山に移住し、姓を松原と改め、斉安と号して隠棲した。元和元年(1615年)に死亡。子松原内匠一二は慶長16年に加賀藩前田家に300石で仕え、大坂の役の際利常に従って青屋口で首一つを討ち取る功をあげ、1600石を知行した。子孫は加賀藩士として続いた。小浦一守 フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐長教

    遊佐長教から見た能登国能登国

    鎌倉時代末期から南北朝時代に一族の者が畠山氏に仕えたとされる。長教の系統の遊佐氏は、畠山基国の時代に遊佐長教からみて曽祖父にあたる遊佐長護が河内守護代となって以来、代々河内守護代を務めた家柄。別流には能登守護代の遊佐氏や越中守護代の遊佐氏もあり、河内守護代でも畠山氏尾州家(畠山政長の系統)に仕えた彼とは異なり、総州家(畠山義就)に仕えた遊佐氏もいた。出羽で先祖伝来の地を守った一族も存在する。遊佐長教 フレッシュアイペディアより)

  • 原長頼

    原長頼から見た能登国能登国

    信長没後は勝家に従い、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは先鋒、及び敗走時には殿を務めた(『太閤記』)が、後に羽柴方に寝返った。戦後は徳山秀現と共に前田利家の組下に入り、天正12年(1584年)の能登末森城の戦いで軍功を挙げた。天正13年(1585年)、豊臣秀吉の直臣として伊勢国内に3万石を与えられた。天正18年(1590年)の小田原の役後、三河に移封された。慶長3年(1598年)、美濃太田山に移封される。原長頼 フレッシュアイペディアより)

  • 松平乗保

    松平乗保から見た能登国能登国

    丹波福知山藩主・朽木玄綱の八男。母は浅田氏(華嶽院)。正室は松平康福の娘。子に松平乗友(長男)、松平乗美(次男)、松平乗時(三男)。幼名は慥五郎、官位ははじめ河内守、ついで能登守を名乗る。寛延2年(1749年)12月11日生まれともされる。松平乗保 フレッシュアイペディアより)

  • 石川近代文学館

    石川近代文学館から見た能登国能登国

    ガイダンス室2、常設展示室5、文学サロン1、企画展示室1からなる。ガイダンス室では、石川県の風土と文学の関係、金沢の三文豪と呼ばれる泉鏡花、徳田秋声、室生犀星の同時代性や相互の関わりが解説されている。常設展示室では、三文豪をはじめ加賀、能登、金沢の作家の著作や遺品などを展示。文学サロンは、東京・馬込にあった室生犀星の書斎が復元されている。石川近代文学館 フレッシュアイペディアより)

404件中 91 - 100件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード