499件中 101 - 110件表示
  • 前田利久

    前田利久から見た能登国能登国

    その後は剃髪して蔵人入道と呼ばれ、天正11年(1583年)からは利家に仕え、その領地である能登七尾に移り、7千石を与えられる。利家が不在の時には金沢城代を代任するなどした。前田利久 フレッシュアイペディアより)

  • 井口城

    井口城から見た能登国能登国

    南北朝期初頭、井口氏は越中国守護名越時有の子名越時兼と共に中先代の乱に参加したり、足利尊氏の御教書を得た越中国守護普門年清に従って挙兵して越中国国司中院貞清と戦いこれを石動山にて敗死させたりと活発に動いている。正平年間(1346年 - 1370年)になると南朝方の有力者だった越中国守護桃井直常が越中国庄ノ城を拠点として周辺を支配した。井口氏はこれに従い井口城は庄ノ城の支城として機能した。井口氏が野尻氏らと共に直常の配下として各地を転戦している様子が『太平記』に見える。康安2年(1362年)には直常が信濃国より越中国へ侵入して兵を集め、北朝方であった加賀国守護の富樫氏を攻めるも撃退されて井口城へと逃げ帰っている(『太平記』)。その後応安2年(1369年)に桃井直和(直常の子)が再び富樫氏を攻めたが再度失敗に終わり、逆に能登国守護の吉見氏に追撃されて同年9月24日、井口城は越中国千代ヶ様城と共に落城した。桃井勢は越中国松倉城へと逃れた。井口氏はそれに従って越中国大家庄(現富山県下新川郡朝日町大家庄)へと拠点を変えたとみられるが、その時期が井口城が落城した時なのか、それ以前なのか、はたまた南北朝期より前に既に移っていたのかは判然としない。もしくは元々同族が大家庄に居住していたか。なお、井口城は室町時代まで使用されていた形跡があるという。井口城 フレッシュアイペディアより)

  • 井上俊清

    井上俊清から見た能登国能登国

    系譜は不詳ながら、信濃源氏井上氏の一族とも、旧国衙在庁官人の流れともいわれ、鎌倉時代には越中守護名越氏の有力被官となっていたとみられる。元弘の乱に際して俊清は北条氏に反旗を翻して名越時有打倒に貢献し、建武政権下で越中守護に任じられる。その後足利尊氏に味方して宮方の越中国司中院定清を能登石動山に攻め滅ぼした。井上俊清 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼ヶ崎綱之助

    鬼ヶ崎綱之助から見た能登国能登国

    鬼ヶ? 綱之助(おにがさき つなのすけ、生年不詳 - 1878年7月22日)は、能登国羽咋郡(現在の石川県羽咋郡)出身で湊川部屋所属の元大相撲力士。本名は、中村(下の名は不明)。最高位は西前頭2枚目。鬼ヶ崎綱之助 フレッシュアイペディアより)

  • 中院定平

    中院定平から見た能登国能登国

    やがて護良親王の側近となり、数通の令旨に奉者として花押を据えている。元弘3年/正慶2年(1333年)初め、左少将から右中将に遷る。2月の吉野合戦では、木本宗元・高間行秀・松尾寺衆徒らを率いて東方に逃れ、吉野山麓の波津坂の合戦を経て宇陀郡一帯で二階堂道蘊率いる幕府軍を翻弄した。3月には赤松円心に擁されて「聖護院宮」と僭称し、山崎・八幡に陣して西国との往還を阻止し、翌月には良忠とともに一方の大将として3000余騎を率い、鳥羽・竹田方面から六波羅へ攻め込んだが、幕府軍に敗れて気力と体力を消耗した赤松勢は八幡に退却したという。6月千早城から南都に引き揚げた阿曾治時・大仏高直らが京都を攻めようとしているとの噂が立ったため、定平は大将に任じられて大軍を率い、搦手の楠木正成とともに大和路へ向かうも、戦わずしてたちまちに平定し、高直らを捕縛して京都へ凱旋した。8月までには能登国の知行国主護良親王の申任によって能登国司に任じられる。またこの頃、九州武士らから提出された軍忠状・着到状にも証判(花押)を加えている。中院定平 フレッシュアイペディアより)

  • 多胡藩

    多胡藩から見た能登国能登国

    慶長13年(1608年)、土方雄久が能登石崎藩から移封されて再び多胡藩が立藩された(田子藩とも)。雄久の子の雄重は大坂の陣で戦功を挙げたため、元和8年(1622年)に陸奥窪田藩へ加増移封され、廃藩となった。多胡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 能登弁

    能登弁から見た能登国能登国

    能登弁(のとべん)は、石川県北部の旧能登国で話されている日本語の方言である。北陸方言の一種。能登弁 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義清

    畠山義清から見た能登国能登国

    畠山国清の嫡男で、父の没落時に行動を共にしたと思われるが、詳細は不明である。その後、畠山一族が罪を許される中、義清も復権し、将軍足利義満に近侍するようになった。しかし、従兄弟であり幕政を主導する管領職に就いた畠山基国と、本来畠山氏嫡流でありながら、庶流の基国の下に立たねばならない一御家人の自分を較べ、次第に鬱憤が溜まったらしく、応永12年(1405年)6月に至り突然発狂し、異様な風体で北山第に出仕したため、京都から自らの所領のある紀伊国へ追放された。また、義清の子(清貞か)も北山第から京中に追われ、その宿所は闕所とされた。以降の動向は不明。子孫は以後も畠山氏庶流として将軍に近侍し、戦国時代には能登西谷内城に住み、本願寺の縁戚になったという。畠山義清 フレッシュアイペディアより)

  • 大海川

    大海川から見た能登国能登国

    古くは、能登国と加賀国の国境であった。近くには、弥生時代の高地性集落の大海西山遺跡があり、竪穴式住居が復元されている。大海川 フレッシュアイペディアより)

  • 741年

    741年から見た能登国能登国

    12月 - 安房国を上総国に、能登国を越中国に併合する。741年 フレッシュアイペディアより)

499件中 101 - 110件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード