499件中 111 - 120件表示
  • 三浦貞広

    三浦貞広から見た能登国能登国

    三浦 貞広(みうら さだひろ、生没年不詳)は、日本の戦国時代の武将。道祖(才)五郎、次郎。能登守と称したとも考えられる。父は三浦貞久。弟に貞勝。三浦貞広 フレッシュアイペディアより)

  • 大草高好

    大草高好から見た能登国能登国

    大草 高好(おおくさ たかよし、生年不詳 - 天保11年1月18日(1840年2月20日))は、江戸時代後期の旗本。禄高3,500石。通称は主膳。官位は能登守、後に安房守。実父・実母は不明。大草高般の養子。次男に久世広周。大草高好 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂忠行

    賀茂忠行から見た能登国能登国

    男子:慶滋保章(生没年未詳)- 権少外記、文章博士、能登守などを歴任。子に従四位上慶滋為政、孫に相模 (歌人)。賀茂忠行 フレッシュアイペディアより)

  • 相模 (歌人)

    相模 (歌人)から見た能登国能登国

    相模(さがみ、生没年不詳:998年(長徳4年)頃 - 1061年(康平4年)以降か)は、平安時代後期の歌人である。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。実父は不詳で、摂津源氏但馬守頼光の養女。母は能登守慶滋保章の娘。相模 (歌人) フレッシュアイペディアより)

  • 津田正直

    津田正直から見た能登国能登国

    宗門奉行、馬廻頭を務めた津田正隣の子として生まれる。天保14年(1843年)、本家の正矩の遺跡を相続する。能登一国縮方となり、能登国の海防を担当する。弘化元年(1844年)、任地能登の海岸を巡検する。津田正直 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院公守

    洞院公守から見た能登国能登国

    正嘉2年12月(1259年1月)右近衛少将に任じられる。翌年従四位上に進み、正元2年(1260年)右近衛中将、文応2年(1261年)正四位下・讃岐介に叙任。中宮権亮を兼ねて姉の佶子に仕える。同年8月に佶子が亀山天皇の皇后となると皇后宮権亮に任じられた。左近衛中将を経て、文永3年(1266年)能登権介を兼ねる。文永4年(1267年)に従三位に昇叙して公卿に列した。洞院公守 フレッシュアイペディアより)

  • 源具親

    源具親から見た能登国能登国

    能登守を経て、建仁元年(1201年)左兵衛佐に任ぜられ、同年7月和歌所寄人になる。元久2年(1205年)従四位下・左近衛少将に至る。源具親 フレッシュアイペディアより)

  • 巡見使

    巡見使から見た能登国能登国

    三越(越前・越中・越後)・近江・若狭・加賀・能登・佐渡の7国。巡見使 フレッシュアイペディアより)

  • 村山伝兵衛

    村山伝兵衛から見た能登国能登国

    村山 伝兵衛(むらやま でんべえ)は、元禄年間に能登国から蝦夷地に進出した商人。「伝兵衛」は初代以降の当主によってたびたび襲名されている。村山伝兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎浩斎

    長崎浩斎から見た能登国能登国

    『天狗爪石雑考』 - 能登国に算出する奇石についての博物誌。長崎浩斎 フレッシュアイペディアより)

499件中 111 - 120件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード