499件中 121 - 130件表示
  • 惟宗忠康

    惟宗忠康から見た能登国能登国

    具瞻(従五位下陰陽頭)― 正邦(従五位下陰陽頭)― 考親(従五位下能登守)― 考言(従四位下伊賀守掃部介)― 忠方(紀中納言若狭守)― 友国(宗大納言従二位兵庫太夫)― 国広(筑前守)― 忠友(八文字民部太夫)― 忠康(橋口右衛門尉)― 忠久(豊後守)惟宗忠康 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢製糸場

    金沢製糸場から見た能登国能登国

    江戸時代、金沢は加賀国、能登国、越中国を領する加賀藩前田家の城下町として栄えたが、これは城下に居住する武士の消費に支えられたものであった。このため明治維新で武士が職を失うと金沢の経済は急速に衰えた。旧金沢藩(1869年(明治2年)の版籍奉還で加賀藩から改称)の士族長谷川準也はそうした金沢で殖産興業を志し、弟の大塚志良とともに社員(出資者)を募り、金沢製糸会社を設立した。金沢製糸会社の資本金3万円のうち、2万円は内務省から、500円は石川県から給付された士族授産資金であったという。この資金提供は薩摩藩出身の石川県令内田政風が、同じく薩摩藩出身である大久保利通の主導で設立された内務省に働きかけたことにより実現したと考えられている 。金沢製糸場 フレッシュアイペディアより)

  • 末森城 (能登国)

    末森城 (能登国)から見た能登国能登国

    末森城は加賀国と能登国を繋ぐ交通の要所であり、1584年(天正12年)徳川家康に同調した佐々成政が、この城を攻めたが城主奥村永福が死守(末森城の戦い)。この勝利により前田利家の能登・加賀統治の基礎が築かれたともいえるが、元和元年(1615年)の一国一城令により廃城となる。末森城 (能登国) フレッシュアイペディアより)

  • 布市藩

    布市藩から見た能登国能登国

    慶長13年、雄久の従兄弟である前田利長が能登国石崎ほか1万3,000石の散在所領との交換を持ちかけ、幕府の許しを得て能登に移り、布市藩は僅か8年間で消滅した。布市藩土方家は能登石崎藩、次いで下総田子藩、陸奥窪田藩となり、貞享年間に御家騒動で改易された(『徳川実紀』)。越中布市を加賀国(石川県)の野々市と混同している資料(角川書店『日本史辞典』、藤野保編『藩翰譜』、旧版『菰野町史』ほか)もあるが、誤り。布市藩 フレッシュアイペディアより)

  • 能登下村藩

    能登下村藩から見た能登国能登国

    能登下村藩(のとしもむらはん)は、能登国(現在の石川県七尾市田鶴浜町)に存在した藩である。能登下村藩 フレッシュアイペディアより)

  • 七尾藩

    七尾藩から見た能登国能登国

    七尾藩(ななおはん)は、豊臣政権期に能登国に存在した藩。藩庁は七尾城(現在の石川県七尾市古城町)に置かれた。七尾藩 フレッシュアイペディアより)

  • 西谷藩

    西谷藩から見た能登国能登国

    西谷藩(にしやちはん)は、能登国に存在した藩。現在の石川県七尾市にあった。西谷藩 フレッシュアイペディアより)

  • 気多神社 (豊岡市)

    気多神社 (豊岡市)から見た能登国能登国

    社伝では、国司文書において神武天皇9年に気立(気多)の丘に創建された旨の記述があるとするが、詳らかではない。『播磨国風土記』宍禾郡御方里条では、葦原志許乎命(大己貴命)と天日槍命が黒葛を投げて国占を争ったという伝説が記され、葦原志許乎命の投げた黒葛3本のうち1本は但馬気多郡に落ちたと伝えることから、郡名を冠する当社は早くより鎮座したものと推測される。また社名から、能登国一宮の気多大社(石川県羽咋市)を始め各地の気多神社との関連が指摘される。気多神社 (豊岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 鹿嶋郡

    鹿嶋郡から見た能登国能登国

    石川県(能登国)の郡 → 鹿島郡鹿嶋郡 フレッシュアイペディアより)

  • 一乗寺城

    一乗寺城から見た能登国能登国

    康安2年(1362年)1月23日、征夷大将軍足利義詮が能登国の地頭、御家人らに桃井直常追討を下知。能登国の守護であった北朝方の吉見氏(吉見氏頼)と交戦状態となり、結果桃井勢は越中を離れ全国を転戦する事となる。一乗寺城 フレッシュアイペディアより)

499件中 121 - 130件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード