499件中 11 - 20件表示
  • 石川県道・富山県道75号押水福岡線

    石川県道・富山県道75号押水福岡線から見た能登国能登国

    能登地方最南部の宝達志水町と、富山県西部の高岡市とを能登半島最高峰である宝達山を経て結ぶ。実質的には、後述する現況から、集落間の移動に用いるものが主たるものである。宝達山をトンネルを用いずに横断する経路をとっている。石川県道・富山県道75号押水福岡線 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝守輝

    三枝守輝から見た能登国能登国

    三枝 守輝(さいぐさ もりてる、正保4年(1647年) - 宝永元年10月18日(1704年11月15日))は江戸時代の旗本。父は三枝守全、母は小出三尹の娘。初名は守真(もりざね)、通称は源八郎、内近、右近。官位は従五位下、能登守。法名は宗恕。妻は九鬼隆季の娘、後妻は平松時量の娘。子は源八郎(夭折)、三枝守英(時量の娘との間の子)、女子。三枝守輝 フレッシュアイペディアより)

  • 源順

    源順から見た能登国能登国

    源 順(みなもと の したごう、延喜11年(911年) - 永観元年(983年))は、平安時代中期の学者・歌人・貴族。嵯峨源氏、大納言・源定の曾孫。左馬允・源挙(みなもと の こぞる)の次男。官位は従五位上・能登守。源順 フレッシュアイペディアより)

  • 春道新名

    春道新名から見た能登国能登国

    春道 新名(はるみち の にいな、生没年不詳)は、平安時代前期の官人。内蔵助・春道永蔵の子。官位は外従五位下・能登守。春道新名 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝守全

    三枝守全から見た能登国能登国

    三枝 守全(さいぐさ もりあきら、慶長15年(1610年) - 延宝8年5月26日(1680年6月22日))は、江戸時代の旗本。父は三枝守昌、母は諏訪頼水の娘。初名は守勝、通称は源八郎、内匠。官位は従五位下、能登守、隠岐守。法名は全心。妻は小出三尹の娘、その間に三枝守輝、他には小出守里(京都町奉行)、三枝守仍(もりなお)、娘(一柳直増室)、他女子2人がいる。三枝守全 フレッシュアイペディアより)

  • 月泉良印

    月泉良印から見た能登国能登国

    月泉良印(げっせんりょういん、元応元年(1319年)応永7年2月23日(1400年3月27日))は、南北朝時代の曹洞宗の僧。能登国總持寺の峨山韶碩に学んだ陸奥国出身の禅僧。奥羽地方にひろく曹洞禅を広めた。「峨山二十五哲」のひとり。月泉良印 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺尚顕

    勧修寺尚顕から見た能登国能登国

    天文元年(1532年)、義弟で能登守護 畠山氏の当主 修理大夫・畠山義総を頼りに動乱の京を離れ、能登国(もしくは加賀国)にて出家した。勧修寺尚顕 フレッシュアイペディアより)

  • 峨山韶磧

    峨山韶磧から見た能登国能登国

    峨山韶(紹)碩(がさんじょうせき、建治元年(1275年)- 正平21年/貞治5年10月20日(1366年11月23日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての曹洞宗の僧。能登国の出身。總持寺第2世。大現宗猷國師。峨山韶磧 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸道

    北陸道から見た能登国能登国

    旧国名で言うところの、若狭、越前、加賀、能登、越中、越後および佐渡を指す。「北陸道」の古訓は「クヌカノミチ」で「陸の道」の意である(『延喜民部式』)。同じ日本海側の「山陰道」と地域間交流をしており、遺跡や遺物にその痕跡が残っている。北陸道 フレッシュアイペディアより)

  • 惟良高尚

    惟良高尚から見た能登国能登国

    少内記を経て元慶元年(877年)従五位下に叙爵し、翌元慶2年(878年)能登権介に任ぜられる。惟良高尚 フレッシュアイペディアより)

499件中 11 - 20件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード