404件中 11 - 20件表示
  • 平教盛

    平教盛から見た能登国能登国

    乱後、正四位下・常陸介に叙任されていたが、応保元年(1161年)9月15日、二条天皇を廃して憲仁親王(後の高倉天皇)擁立を図ったとの容疑のため解官される。これは後白河上皇と二条天皇との対立の巻き添えを受けたもので、院に近い平時忠(清盛の義弟)や藤原成親も同時に解官されている。なお、翌年には能登守に復職している。平教盛 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井城 (越中国礪波郡)

    浅井城 (越中国礪波郡)から見た能登国能登国

    平野部に突き出した丘陵の先端部(57m)に築かれていた。比高差は40m。曲輪、櫓跡、堀切が残る。南西約600mにある越中国赤丸城より規模はやや小さい。付近を旧北陸道である『山根道』、また宝達山を通り能登国志雄(現石川県宝達志水町)へと抜ける道が通っていた。至近には延喜式内論社である浅井神社が在る。浅井神社には江戸時代前期まで「川人明神」という神社があったと伝えられている事から古代北陸道における「川人(川合)駅」がこの周辺に在ったものと思われ、浅井城周辺が古代から交通の要衝であった事を示している。浅井城 (越中国礪波郡) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦光村

    三浦光村から見た能登国能登国

    後に実家である三浦氏に呼び戻され、貞応2年(1223年)には北条重時・結城朝広とともに新将軍・三寅(後の九条頼経)の近習に任じられる。以後、20年に渡って頼経の側近として仕えた。寛喜3年(1231年)に左衛門尉に任じられて検非違使を兼ね、以後嘉禎3年(1237年)に壱岐守、仁治2年(1241年)には能登守となり、寛元2年(1244年)に九条頼経が息子頼嗣に将軍職を譲ると、光村はこれを補佐する意図を以って鎌倉幕府評定衆の一人に加えられた。光村は武芸に秀でると共に管弦に優れ、藤原孝時から伝授を受けた琵琶の名手であった。三浦光村 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た能登国能登国

    天野氏(あまのし、あまのうじ)は日本の氏族、藤原南家工藤氏の一族(藤原北家の一族足立遠元を祖とするとも)で、伊豆国田方郡天野郷(現・伊豆の国市天野)に居住した地名を取って天野と称した。天野氏は後に遠江守護となった今川氏と結び、国人勢力として遠江にて共に力を拡大したが、やがて戦国大名に発展した今川氏に従属した。遠江国のほか、天野氏の支流が駿河国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国等に繁延している。天野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 長氏

    長氏から見た能登国能登国

    長氏は能登の国人一族。本項で詳述する。長氏 フレッシュアイペディアより)

  • 願海寺城

    願海寺城から見た能登国能登国

    天正2年(1574年)、能登国を治めていた畠山氏の当主、畠山義慶が死去。これに乗じて越中の一向一揆勢力は能登国へ攻め込み畠山方と二宮で戦うも敗れている。この頃盛永は一向一揆に組していたとみられ、この戦いの総大将を務めていたとみられる。願海寺城 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原通重

    藤原通重から見た能登国能登国

    初名を長基と名乗る。康治元年(1142年)に能登守に任ぜられ、翌年に従四位下に叙せられる。久安4年当時は従四位上丹波守であり、同年10月に行われた殿上饗に弟の能登守基家とともに奉仕している。兄の早世により通基の嫡男と位置付けられ、また母が仕えている待賢門院・上西門院の庇護の下に若年にして四位に叙せられているが、通重もまた久安5年に早世した。一条の家名の由来となったのは彼の母である上西門院一条が有していた一条室町の邸宅であり、通重の死後彼女に引き取られた遺児の能保に継承された。後年、能保は朝廷と草創期の鎌倉幕府との間に立って重きをなし、従二位権中納言まで立身している。藤原通重 フレッシュアイペディアより)

  • 伊須流岐比古神社

    伊須流岐比古神社から見た能登国能登国

    伊須流岐比古神社(いするぎひこじんじゃ)は、石川県鹿島郡中能登町の石動山山頂(大御前)にある神社である。伊須留岐比古神社とも表記される。能登国二宮である。伊須流岐比古神社 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮

    一宮から見た能登国能登国

    諸国における国司神拝を取り巻く状況も様々で、『中右記』の保延元年(1135年)5月6日の条には大和国司が下向神拝を拒否され、しかも大和国では国司神拝はこれまでも行われていなかったとの記述がなされている。また、『中世長門国一宮制の構造と特質』によれば、長門国では一宮と二宮を対等な存在と認めて、両社をセットとする新たな一宮体制づくりが進められたとし、その他にも能登国が一宮と二宮しかないこと、摂津住吉大社や出雲杵築大社などでは国鎮守が一つに限られていて「一宮」呼称がないことを挙げている。一宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮藩

    宇都宮藩から見た能登国能登国

    本多忠平(ただひら)従四位下。能登守。宇都宮藩 フレッシュアイペディアより)

404件中 11 - 20件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード

  • ハルコ・アンドウ・グリーンバーグ

  • 丸柚餅子(ゆべし)

  • 青柏祭(せいはくさい)の曳山の無形文化遺産に登録され、地元で喜びの声が広がった。2009年の