499件中 21 - 30件表示
  • 長続連

    長続連から見た能登国能登国

    長 続連(ちょう つぐつら)は、戦国時代の武将。平信光(長教連の二男)の二男。畠山氏に四代にわたって仕えた重臣。初名は平 勝光(たいら かつみつ)、のちに伯父・長英連の婿養子となり、最初の主君である畠山義続から偏諱を賜って長 続連と名乗る。新九郎、九郎左衛門尉、対馬守。能登国鳳至郡穴水城主。長続連 フレッシュアイペディアより)

  • 小出城

    小出城から見た能登国能登国

    天正4年(1576年)、謙信、能登国へ侵攻し畠山氏と争う。親広も従軍して平子和泉守、轡田肥後守と共に能登国甲山城将となる。小出城 フレッシュアイペディアより)

  • 尻垂坂の戦い

    尻垂坂の戦いから見た能登国能登国

    永禄11年(1568年)、謙信は、先年家臣団の反逆により追放されていた能登守護・畠山義綱の復権を支援するため、越中へ侵攻。放生津で一揆勢と対陣しつつ、3月16日に守山城へ攻撃を開始した(放生津の戦い)。尻垂坂の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 伊須流岐比古神社

    伊須流岐比古神社から見た能登国能登国

    伊須流岐比古神社(いするぎひこじんじゃ)は、石川県鹿島郡中能登町の石動山山頂(大御前)にある神社である。伊須留岐比古神社とも表記される。能登国二宮である。伊須流岐比古神社 フレッシュアイペディアより)

  • 越中国

    越中国から見た能登国能登国

    養老2年(718年)5月2日に越前国から分立して成立した能登国を天平13年(741年)12月10日に越中国と併合したが、天平宝字元年(757年)に能登国は越中国から再び分立した。越中国 フレッシュアイペディアより)

  • 越国

    越国から見た能登国能登国

    越国(こしのくに)は、現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部に相当する地域の、大化の改新以前の日本古代における呼称である。その後、7世紀に設けられた地方行政区分としての「国」に引き継がれた。当時は高志国と書かれ、越国は8世紀以降の書き方である。のちに令制国への移行に際して分割され、越後国・越中国・能登国・加賀国・越前国となった。越州(えっしゅう)・三越(さんえつ)などの地域名称の語源である。越国 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川等伯

    長谷川等伯から見た能登国能登国

    能登国・七尾の生まれ。20代の頃から七尾で日蓮宗関係の仏画や肖像画を描いていたが、元亀2年(1571年)頃に上洛して狩野派など諸派の画風を学び、牧谿、雪舟らの水墨画に影響を受けた。千利休や豊臣秀吉らに重用され、当時画壇のトップにいた狩野派を脅かすほどの絵師となり、等伯を始祖とする長谷川派も狩野派と対抗する存在となった。金碧障壁画と水墨画の両方で独自の画風を確立し、代表作『松林図屏風』(東京国立博物館蔵、国宝)は日本水墨画の最高傑作として名高い。晩年には自らを「雪舟五代」と称している。慶長15年(1610年)に江戸で没した。代表作は他に『祥雲寺(現智積院)障壁画』(国宝)、『竹林猿猴図屏風』(相国寺蔵)など。画論に日通が筆録した『等伯画説』がある。長谷川久蔵ら4人の息子も長谷川派の絵師となった。長谷川等伯 フレッシュアイペディアより)

  • 大伴継人

    大伴継人から見た能登国能登国

    宝亀10年(779年)4月に先の遣唐使節に対する叙位が行われ、継人は従六位上から三階昇進し、同じ判官であった小野滋野とともに従五位下に叙爵した。その後、同年9月能登守、宝亀11年(780年)伯耆守、天応元年(781年)近江介と光仁朝末から桓武朝初頭にかけて地方官を歴任した。また、この間の天応元年(781年)4月に光仁天皇が危篤に陥った際には美濃国不破関の固関使を務めている。延暦2年(783年)左少弁に任ぜられて京官に遷る。大伴継人 フレッシュアイペディアより)

  • 春枝王

    春枝王から見た能登国能登国

    天長年間に嵯峨上皇に仕える。承和年間初頭に越後介に任ぜられるが、非常に治国の功績があり、承和10年(843年)ちょうど諒闇(嵯峨上皇崩御に伴う服喪期間)であったが、治国の功労により特別の叙位を受け従五位下に叙爵され、能登守に任ぜられる。当時能登国は長年に亘って荒廃しており、煩わしいほど乱れていたが、春枝が赴任して3年ほどで復興して世が静まり、民衆は安心を得ることができたという。また、朝廷へ申請して同国の定額寺であった大興寺を能登国分寺とした。同寺での安居の講の際には春枝王自らが参加し、梵唄の声が昼夜休むことなく続いたという。この間の承和10年(843年)6月に天武天皇後裔の六世王に対して臣籍降下が行われた際、春枝王の子女3名に対しては高階真人の氏姓が与えられている。春枝王 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井茲親

    亀井茲親から見た能登国能登国

    亀井 茲親(かめい これちか、寛文9年4月(1669年) - 享保16年5月29日(1731年7月3日))は、江戸時代前期の外様大名。石見津和野藩第3代藩主。津和野藩亀井家4代。第2代藩主・亀井茲政の三男。母は側室・水崎豊庵の娘。正室は対馬府中藩主・宗義真の娘。子は茲長(長男)、菅沼定好(次男)、茲満(六男)らがいる。通称は松之助。官位は従五位下、能登守、のち隠岐守。亀井茲親 フレッシュアイペディアより)

499件中 21 - 30件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード