499件中 31 - 40件表示
  • 平教盛

    平教盛から見た能登国能登国

    乱後、正四位下・常陸介に叙任されていたが、応保元年(1161年)9月15日、二条天皇を廃して憲仁親王(後の高倉天皇)擁立を図ったとの容疑のため解官される。これは後白河上皇と二条天皇との対立の巻き添えを受けたもので、院に近い平時忠(清盛の義弟)や藤原成親も同時に解官されている。なお、翌年には能登守に復職している。平教盛 フレッシュアイペディアより)

  • 道叟道愛

    道叟道愛から見た能登国能登国

    道叟道愛(どうそうどうあい、生年不詳?康暦元年9月13日(西暦1379年10月31日)没)は南北朝時代の曹洞宗の僧。能登国總持寺の峨山韶碩に学んだ出羽国山本郡(現在の仙北郡)出身の禅僧。奥羽地方に曹洞禅を広めた。「峨山二十五哲」のひとり。『日本洞上聯灯録』にもその名が掲載されている。道叟道愛 フレッシュアイペディアより)

  • 土方雄久

    土方雄久から見た能登国能登国

    土方 雄久(ひじかた かつひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。越中布市藩主、のち能登石崎藩主、下総田子藩初代藩主。土方信治(のぶはる)の長男。土方雄久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原通重

    藤原通重から見た能登国能登国

    初名を長基と名乗る。康治元年(1142年)に能登守に任ぜられ、翌年に従四位下に叙せられる。久安4年当時は従四位上丹波守であり、同年10月に行われた殿上饗に弟の能登守基家とともに奉仕している。兄の早世により通基の嫡男と位置付けられ、また母が仕えている待賢門院・上西門院の庇護の下に若年にして四位に叙せられているが、通重もまた久安5年に早世した。一条の家名の由来となったのは彼の母である上西門院一条が有していた一条室町の邸宅であり、通重の死後彼女に引き取られた遺児の能保に継承された。後年、能保は朝廷と草創期の鎌倉幕府との間に立って重きをなし、従二位権中納言まで立身している。藤原通重 フレッシュアイペディアより)

  • 平時忠

    平時忠から見た能登国能登国

    鎌倉に向かった義経が帰京してから配流が執行される予定だったが、この頃から義経と頼朝の間に不和が発生し、『愚管抄』には「関東ガ鎌倉ノタチヘクダリテ、又カヘリ上リナドシテ後、アシキ心出キニケリ」とあり、義経はしだいに鎌倉の統制から外れていく。8月中旬には時忠・時実を除く7名が配地に下るが、時忠・時実は義経の庇護を受けて都に残留していた。義経の動きに不信感を抱いた頼朝は、梶原景季を派遣して時忠・時実がいまだに在京していることを咎め、朝廷には配流の速やかな執行を言上した。9月23日、時忠は情勢の悪化を悟り、配流先の能登国に赴いた。『平家物語』では都を離れる前に建礼門院に別れの挨拶をしていることから、ある程度の行動の自由は認められていたようである。平時忠 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦光村

    三浦光村から見た能登国能登国

    貞応2年(1223年)には北条重時・結城朝広とともに新将軍・三寅(後の九条頼経)の近習に任じられる。以後、20年に渡って頼経の側近として仕えた。寛喜3年(1231年)に左衛門尉に任じられて検非違使を兼ね、以後嘉禎3年(1237年)に壱岐守、仁治2年(1241年)には能登守となり、寛元2年(1244年)に九条頼経が息子頼嗣に将軍職を譲ると、光村はこれを補佐する意図を以って鎌倉幕府評定衆の一人に加えられた。光村は武芸に秀でると共に管弦に優れ、藤原孝時から伝授を受けた琵琶の名手であった。三浦光村 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原顕家

    藤原顕家から見た能登国能登国

    しかし、治承3年(1179年)11月17日、平清盛によって治承三年の政変が勃発すると顕家は官職を解かれた。その後、寿永元年(1182年)従四位上・右近衛少将に叙任されて還任し、寿永2年12月(1184年2月)に正四位下に昇叙。元暦2年(1185年)には能登守を兼任した。元暦4年(1187年)左京大夫に遷る。藤原顕家 フレッシュアイペディアより)

  • 平通盛

    平通盛から見た能登国能登国

    北陸道の加賀国・能登国でも在地の源氏が蠢動し始めていた。越前守の通盛は従兄の平経正とともにこの鎮定を命じられた。平通盛 フレッシュアイペディアより)

  • 阿武松緑之助

    阿武松緑之助から見た能登国能登国

    阿武松 緑之助(おうのまつ みどりのすけ、1791年(寛政3年) - 1852年1月20日(嘉永4年12月29日))は、能登国鳳至郡七見村(現:石川県鳳珠郡能登町)出身の元大相撲力士。第6代横綱。本名は佐々木姓までは多くの文献で一致しているが、名は「長吉」や「常吉」とする文献が存在するほか、名を記さずに佐々木姓のみ記述する文献があるため、不明である。阿武松緑之助 フレッシュアイペディアより)

  • 弓削薩摩

    弓削薩摩から見た能登国能登国

    弓削 薩摩(ゆげ の さつま)は、奈良時代の貴族。姓は連のち宿禰。物部守屋の後裔で、弓削牧夫の子とする系図がある。道鏡の従兄弟、官位は従五位下・能登員外介。弓削薩摩 フレッシュアイペディアより)

499件中 31 - 40件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード