404件中 31 - 40件表示
  • 千代ヶ様城

    千代ヶ様城から見た能登国能登国

    応安元年(1368年)8月、越中国守護に任じられた斯波義将が桃井直常討伐を開始。これに敗れた桃井直常はそのまま北朝方の吉見氏が治める能登国へと侵攻するも激しい抵抗に遭い撤退。直常の子桃井直和は再び転じて加賀国守護富樫昌家が拠る加賀国富樫城を攻めた。能登国守護吉見氏頼の救援により敗走した直和は越中国一乗寺城に籠るも追撃を退けられず、千代ヶ様城へと退いた。吉見氏は追撃の手を緩めず越中に兵を進め、応安2年(1369年)9月24日、千代ヶ様城は越中国井口城と共に落城し、直和は越中国松倉城へと落ち延びた。千代ヶ様城 フレッシュアイペディアより)

  • 三井清一郎

    三井清一郎から見た能登国能登国

    能登国鹿島郡笠師村(現石川県七尾市中島町地区)に生まれる。兄には石川県会副議長となった三井亥三郎などがいる。三井清一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石動権現

    石動権現から見た能登国能登国

    石動権現(いするぎごんげん)は能登国石動山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、虚空蔵菩薩を本地仏とする。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、石動山天平寺から勧請されて全国の石動社で祀られた。石動権現 フレッシュアイペディアより)

  • 雄勝城

    雄勝城から見た能登国能登国

    天平宝字3年(759年)9月27日 ? 坂東八国(下野国、常陸国、上野国、武蔵国、相模国、下総国、上総国、安房国)と越前国、能登国、越中国、越後国の4国の浮浪人2,000人が雄勝柵戸とされた。また、相模、上総、下総、常陸、上野、武蔵、下野の7国が送った軍士器を雄勝桃生の2城に貯蔵した。雄勝城 フレッシュアイペディアより)

  • 神保慶宗

    神保慶宗から見た能登国能登国

    一方の慶宗は、本願寺坊官下間氏との婚姻を進めるなどして一向一揆との和解を進め、守護畠山氏から独立する動きをみせた。このため、永正16年(1519年)に守護畠山尚順は同族の能登守護畠山義総と長尾為景を誘い、猶子畠山勝王を主将とする神保慶宗征伐の軍を催した。慶宗は二上山城(守山城)に籠城し苦しい戦いを強いられたが、能登畠山軍を急襲して撃退し、窮地を脱した。しかし翌永正17年(1520年)に再び連合軍の侵攻を受け、新庄の戦いで長尾勢に敗北、敗走中に自刃した。神保慶宗 フレッシュアイペディアより)

  • 日宮城

    日宮城から見た能登国能登国

    元亀3年(1572年)、武田信玄の調略に応じた加賀国、越中国の一向一揆が蜂起。同年5月24日から日宮城は一揆勢の猛攻に遭う。日宮城の守将であった神保覚広は越中国新庄城主鰺坂長実に援軍を要請し、上杉方は長実や山本寺定長等を援軍として派遣するも、辿り着く前に呉服山で一揆勢の迎撃に遭い、退却。そこを追撃されて、惨敗した。援軍が期待出来なくなった守将達(覚広、職鎮、安藤職張、水越職勝)は同年6月15日に開城。一揆勢と和議を結んで能登国石動山天平寺へと落ち延びた。これによって勢い付いた一揆勢はそのまま越中国白鳥城を攻め、越中国富山城(翌年に謙信によって再度攻略されている)をも落としている。日宮城 フレッシュアイペディアより)

  • 土井利忠

    土井利忠から見た能登国能登国

    土井 利忠(どい としただ、文化8年4月3日(1811年5月24日) - 明治元年12月3日(1869年1月15日))は、江戸時代の越前国大野藩第七代藩主。利房系土井家7代。官位官職は従五位下、能登守。没後従三位を贈られる。第五代藩主土井利義(としなり)の長男。母は岡部長備の娘。正室は戸沢正胤の娘。継室は戸田氏庸の娘。子は土井利恒(三男)。号は欽斉。土井利忠 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉為和

    冷泉為和から見た能登国能登国

    駿河国・能登国・近江国など各地へ下向しているが、家領のあった地域を支配する今川氏との関係が深く、駿府での生活が最も長かった。今川氏より今川の名字の使用を許されたとも伝えられる。今川氏の依頼により、相模国の後北条氏や甲斐国の武田氏のもとに滞在し、在地の歌壇を指導している。今川氏は天文6年(1537年)に武田氏との間に甲駿同盟を結び後北条氏とは敵対しているが(河東の乱)、これ以後為和は駿河・甲斐間を頻繁に往復するようになり、今川氏の外交使節的立場の人間であったと考えられている。冷泉為和 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤政義

    内藤政義から見た能登国能登国

    近江国彦根藩主・井伊直中の十五男。井伊直弼(直中の十四男)の同母弟に当たる。正室は溝口直諒の娘、継室は立花鑑賢の娘。初名は井伊直恭。官位は従五位下、能登守、右近将監。通称は帯刀。内藤政義 フレッシュアイペディアより)

  • 野麦峠

    野麦峠から見た能登国能登国

    古来から野麦街道があり、能登で取れたブリを飛騨を経由して信州へと運ぶ道筋であった。信州では飛騨ブリとして珍重され、能登では1尾の値段が米1斗であるものが、峠を越えると米1俵になると言われた。野麦峠 フレッシュアイペディアより)

404件中 31 - 40件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード