499件中 41 - 50件表示
  • 北陸方言

    北陸方言から見た能登国能登国

    地域全般にわたって、東日本方言と同じように母音を無声化させることが多い。また、佐渡・富山県・能登でシとス、チとツ、ジとズの混同があり、富山県・能登でイ段とエ段の混同がある。東北方言ほどではないが、イ段・ウ段の母音は中舌母音1・2となる傾向がある(裏日本式音韻)。また共通語のウ段音がオ段音になる現象がかなりの語で見られる。北陸方言 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉謙信

    上杉謙信から見た能登国能登国

    内乱続きであった越後国を統一し、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させた。他国から救援を要請されると秩序回復のために幾度となく出兵し、武田信玄、北条氏康、織田信長、越中一向一揆、蘆名盛氏、能登畠山氏、佐野昌綱、神保長職、椎名康胤らと合戦を繰り広げた。特に宿敵武田信玄との5回にわたる川中島の戦いはよく知られている。さらに足利将軍家からの要請を受けて上洛を試み、越後国から北陸路を西進して越中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。上杉謙信 フレッシュアイペディアより)

  • 桃井直常

    桃井直常から見た能登国能登国

    建徳2年/応安4年(1371年)7月に直常は姉小路家綱の支援を受けて飛騨から越中礪波郡へ進出し、幕府方の越中国守護斯波義将、加賀国守護富樫昌家、能登守護吉見氏頼らと婦負郡長沢(現在の富山県富山市長沢)で直常方の長沢氏(土岐)一族らと共に合戦を行ったが大敗。さらに五位荘(富山県高岡市)の戦いでも敗北し、同年8月に飛騨国へ撤兵、消息不明となった。桃井直常 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原邦基

    藤原邦基から見た能登国能登国

    醍醐天皇が即位した翌年の昌泰元年(898年)従五位下に叙爵。醍醐朝前半は能登守・因幡守・武蔵守など主に地方官を歴任し、延喜7年(907年)正月に従五位上に叙される。延喜12年(912年)左少弁に任ぜられると、延喜13年(913年)右中弁、延喜14年(914年)正五位下、延喜16年(916年)左中弁、延喜17年(917年)従四位下と、醍醐朝中期からは一転して弁官を歴任しながら順調に昇進を果たした。延喜21年(921年)参議に任じられ公卿に列す。議政官として、左右大弁や皇太子・寛明親王(後の朱雀天皇)の春宮大夫などを兼帯している。藤原邦基 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た能登国能登国

    天野氏(あまのし、あまのうじ)は日本の氏族、藤原南家工藤氏の一族(藤原北家の一族足立遠元を祖とするとも)で、伊豆国田方郡天野郷(現・伊豆の国市天野)に居住した地名を取って天野と称した。天野氏は後に遠江守護となった今川氏と結び、国人勢力として遠江にて共に力を拡大した。遠江国のほか、天野氏の支流が駿河国・相模国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国等に繁延している。天野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利家

    前田利家から見た能登国能登国

    尾張国海東郡荒子村(現・名古屋市中川区荒子)の荒子城主前田利春の四男。はじめ小姓として14歳のころに織田信長に仕え、青年時代は赤母衣衆として従軍し、槍の名手であったため「槍の又左」の異名を持った。その後柴田勝家の与力として、北陸方面部隊の一員として各地を転戦し、能登一国23万石を拝領し大名となる。前田利家 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮

    一宮から見た能登国能登国

    諸国における国司神拝を取り巻く状況も様々で、『中右記』の保延元年(1135年)5月6日の条には大和国司が下向神拝を拒否され、しかも大和国では国司神拝はこれまでも行われていなかったとの記述がなされている。また、『中世長門国一宮制の構造と特質』によれば、長門国では一宮と二宮を対等な存在と認めて、両社をセットとする新たな一宮体制づくりが進められたとし、その他にも能登国が一宮と二宮しかないこと、摂津住吉大社や出雲杵築大社などでは国鎮守が一つに限られていて「一宮」呼称がないことを挙げている。一宮 フレッシュアイペディアより)

  • センゴク

    センゴクから見た能登国能登国

    第三部で険悪になる羽柴・柴田両家の調停役として秀吉の元を訪れる。その際に秀吉から勝家の世とならば佐久間のような武辺者が重用されるが、政で天下を統べる自分の世には利家のような実直な人間が必要と逆に調略を受ける。賤ヶ岳の戦いでは、若くもなく老いてもない中間の自分はなんとしてでも勝たねばならない、と覚悟を決め退却した。戦後は加賀二郡を加増され、加賀・能登の二カ国を治める大名となっている。センゴク フレッシュアイペディアより)

  • かほく市

    かほく市から見た能登国能登国

    能登地方と加賀地方をつなぐ街道に位置し、江戸時代には宿場町として栄えた。かほく市 フレッシュアイペディアより)

  • 七尾市

    七尾市から見た能登国能登国

    古代の能登国能登郡の地で、能登国府や国分寺が所在する能登国の中心部であった。さらに遡れば、能登国造が治めた土地である。全長52mの矢田高木森古墳(前方後円墳)や42メートルの矢田丸山古墳(円墳)を盟主とする矢田古墳群は能登臣一族に関わるとされる。対岸の能登島には延喜式内社伊夜比咩神社や全国でも珍しい高句麗式の石室をもつ須曽蝦夷穴古墳がある。七尾市 フレッシュアイペディアより)

499件中 41 - 50件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード