404件中 41 - 50件表示
  • 戸出公園

    戸出公園から見た能登国能登国

    庄川の本流が千保川から中田川(現在の流れ)となった江戸時代中期以降、この川原跡地にはすり鉢型の相撲場が作られた。戸出相撲は加賀、能登、越中3国の中でも有名な地方相撲として知られ、戸出からは多くの名力士が誕生した。戸出公園 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜川の戦い

    九頭竜川の戦いから見た能登国能登国

    長享元年(1487年)、加賀守護である富樫政親が室町幕府9代将軍足利義尚による近江の六角高頼征伐(長享・延徳の乱)に出陣中、一向一揆が発生した(加賀一向一揆)。すぐさま政親は軍を加賀に返したものの、翌長享2年(1488年)、一向一揆に攻められ自害した。そして加賀は百年近く仏法領国として独立する事となった。その後一向一揆は能登・越中と拡大していく。九頭竜川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 四方田氏

    四方田氏から見た能登国能登国

    四方田氏の一族は、出羽国、能登国、伊勢国に所領を得ている。四方田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤舜秀

    武藤舜秀から見た能登国能登国

    1577年(天正5年)8月、上杉謙信が能登へ進出した報を受け、信長は勝家に秀吉・長秀・滝川一益らの武将を付けて加賀へ送り込んだ。(秀吉は途中で帰陣)ところが、加賀の農民たちが上杉方に味方し、織田軍は手探り状態で進軍する羽目になった。その苦境を、信長側近・堀秀政にあてた連署状がある。連署状の署名は、勝家・長秀・一益・そして舜秀の四人であった。これにより、舜秀が、同陣している西美濃三人衆よりも地位が上であったと考えられる。(『宮川文書』)武藤舜秀 フレッシュアイペディアより)

  • 長綱連

    長綱連から見た能登国能登国

    長 綱連(ちょう つなつら、生年未詳 - 天正5年9月15日(1577年10月26日))は、戦国時代の武将。能登畠山氏の家臣。大九郎、左兵衛、九郎左衛門尉。妻は温井氏女。子は竹松丸、弥九郎、菊末丸。長綱連 フレッシュアイペディアより)

  • 大和新庄藩

    大和新庄藩から見た能登国能登国

    永井直圓(なおみつ)<従五位下。能登守>【延宝8年(1680年)8月23日藩主就任?-宝永7年(1710年)11月3日隠居】大和新庄藩 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺政顕

    勧修寺政顕から見た能登国能登国

    晩年は、子の尚顕共々、娘婿の畠山義総を頼り京を離れ能登国(または加賀国)で出家し、真顕と号した。勧修寺政顕 フレッシュアイペディアより)

  • 布市藩

    布市藩から見た能登国能登国

    慶長13年、雄久の従兄弟である前田利長が能登国石崎ほか1万3000石の散在所領との交換を持ちかけ、幕府の許しを得て能登に移り、布市藩は僅か8年間で消滅した。布市藩土方家は能登石崎藩、次いで下総国田子藩、陸奥国窪田藩となり、貞享年間に御家騒動で改易された(『徳川実紀』)。越中布市を加賀国(石川県)の野々市と混同している資料(角川書店『日本史辞典』、藤野保編『藩翰譜』、旧版『菰野町史』ほか)もあるが、誤り。布市藩 フレッシュアイペディアより)

  • 西谷藩

    西谷藩から見た能登国能登国

    西谷藩(にしやちはん)は能登国に存在した藩。現在の石川県七尾市にあった。西谷藩 フレッシュアイペディアより)

  • 七尾藩

    七尾藩から見た能登国能登国

    七尾藩(ななおはん)は、かつて能登国(現在の石川県七尾市古城町)に存在した藩。居城は七尾城。七尾藩 フレッシュアイペディアより)

404件中 41 - 50件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード

  • ハルコ・アンドウ・グリーンバーグ

  • 丸柚餅子(ゆべし)

  • 青柏祭(せいはくさい)の曳山の無形文化遺産に登録され、地元で喜びの声が広がった。2009年の