499件中 51 - 60件表示
  • 月岡野の戦い

    月岡野の戦いから見た能登国能登国

    1578年3月、上杉謙信が急死し、その後継者争い「御館の乱」が勃発すると、織田信長はこれを好機と捉え、4月には上杉氏勢力下にある越中国を攻略すべく、越中出身で越中守護代家の由緒をもつ神保長住に佐々長穐らの兵をつけて飛騨口から侵攻させた。当時北陸侵攻に当たっていた柴田勝家は加賀の一向一揆に手間取っており、能登も上杉方が保持していた。そこで、飛騨口から越中を攻略することによってこれらの上杉軍と越後との連絡を絶ち、分断撃破する戦略があったと思われる。長住は神保旧臣や国人衆を味方につけて砺波郡の増山城を攻略するなど一定の成果をあげたが、越中国内は依然として上杉氏優勢であり、9月には織田信忠付の重臣(側近)斎藤利治率いる濃尾の兵が援軍として越中戦線に送られた。月岡野の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 能州

    能州から見た能登国能登国

    能州 フレッシュアイペディアより)

  • 力持ち幽霊

    力持ち幽霊から見た能登国能登国

    力持ち幽霊(ちからもちゆうれい)は、能州(現在の石川県)に伝わる妖怪。江戸時代の随筆『四不語録』2巻「女の幽霊」に記述がある。名称は戦後の妖怪漫画家・水木しげるの著書によるもの。力持ち幽霊 フレッシュアイペディアより)

  • 改作法

    改作法から見た能登国能登国

    ここでいう「免」とは年貢の税率を示している。例えば「草高七百石免四つ」という場合は、標準収穫量が700石でその40%つまり280石が年貢であることを示している。加賀藩領内であった村々には今もこの年貢を定めた文書が残されていることがある。通称「村御印」とも「物成」とも呼ばれ、三代藩主利常が使用した黒印(御印)が押された文書である。旧家の蔵などで発見されるのは、寛文10年(1670年)に発布されたものが多い。金沢市図書館所蔵の「加越能三箇国高物成帳」では加賀国836、能登国783、越中国1792の見出村があり合計3411の村に発布されたという記録がある。ただし加賀の江沼郡は大聖寺藩、越中の婦負郡は富山藩でありこの数には含まれていない。また、寛文10年以降に追加発布された村御印の数も含まれている。改作法 フレッシュアイペディアより)

  • 小浦一守

    小浦一守から見た能登国能登国

    天正4年(1576年)、上杉謙信に臣従し、子内匠を人質として差し出した。長沢光国の与力として働く。謙信の死後、越中の上杉勢力が衰退すると、織田方に靡き、父子で佐々成政に仕える。天正13年、成政が豊臣秀吉に降りると成政に従い肥後国に移る。天正15年の成政の没後、越後の堀秀政に仕える。堀家改易後浪人し、文禄二年能登国羽咋郡飯山に移住し、姓を松原と改め、斉安と号して隠棲した。元和元年(1615年)に死亡。子松原内匠一二は慶長16年に加賀藩前田家に300石で仕え、大坂の役の際利常に従って青屋口で首一つを討ち取る功をあげ、1600石を知行した。子孫は加賀藩士として続いた。小浦一守 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江頼忠

    堀江頼忠から見た能登国能登国

    堀江氏は元は「堀内」と称して里見義実あるいは義通の頃からの代々家老を務め、稲村の変の後に家名を「堀江」と改名したとされている。。能登守と称して、里見義康の代である天正年間後期から重臣の列に加わる。次の主君である里見忠義からは特に里見姓を名乗ることを許される。だが、正木頼忠・時茂(時堯)ら保守的な重臣と印東房一ら忠義側近らとの確執が藩政を混乱させ、慶長16年(1613年)里見氏は事実上改易となり、里見忠義は伯耆国に配流される。頼忠はこれに同行して最後まで忠節を尽くした。館山市にある頼忠寺は彼が再興した寺院であると伝えられている。堀江頼忠 フレッシュアイペディアより)

  • 越中の戦国時代

    越中の戦国時代から見た能登国能登国

    越中は室町時代、河内系畠山氏が守護職を務めていた。しかし戦国時代に入ると、河内系畠山氏は越中に在国せず、河内において足利将軍家や細川氏、三好氏との畿内における権力抗争や内紛に明け暮れて衰退した。このため、越中は必然的に隣国の能登守護であった能登系畠山氏の領国となったが、その能登系畠山氏においても重臣間の権力抗争が絶えず発生して、越中の統治に介入することができずにいた。越中の戦国時代 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義深

    畠山義深から見た能登国能登国

    。貞治5年(1366年)、幕府に許され、貞治の変で失脚した斯波高経の分国であった越前守護に任命され、高経を打ち破った。のち、能登守、越中守、河内守、和泉守、紀伊守、伊豆、越前の守護を歴任した。畠山義深 フレッシュアイペディアより)

  • 良弘

    良弘から見た能登国能登国

    良弘(りょうこう、康治元年(1142年)- 没年未詳)は、平安時代後期の真言宗小野流の僧。能登権守藤原孝能の子。母は菅原時登の娘。法印、権大僧都。良弘 フレッシュアイペディアより)

  • 実悟

    実悟から見た能登国能登国

    更に、本願寺10代法主証如の後見人蓮淳(証如の外祖父)は法主による一門統制を強める政策を採り、これに蓮悟ら加賀の一門衆が反発して享禄4年(1531年)に大小一揆が勃発すると、実悟は小一揆方と見られて清沢願得寺を焼かれ、蓮悟と共に破門されて能登に逃れた。実悟の母方の伯父畠山家俊は実悟救援を名目に加賀に攻め込んだが、敗死した。実悟 フレッシュアイペディアより)

499件中 51 - 60件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード