404件中 51 - 60件表示
  • 名越時兼

    名越時兼から見た能登国能登国

    越中・能登・加賀の兵、約3万で京都を目指したが、大聖寺城での戦いで敗れた。名越時兼 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山春王丸

    畠山春王丸から見た能登国能登国

    畠山 春王丸(はたけやま はるおうまる)は能登の戦国大名畠山氏の当主。畠山義隆の嫡男。畠山春王丸 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田藩

    窪田藩から見た能登国能登国

    磐城平藩主であった鳥居忠政が元和8年(1622年)に山形藩へ移封されると、平には新たに内藤政長が、そして別に2万石で内藤忠興が入った。このとき、政長の娘婿である土方雄重が下総国多古藩から窪田に1万石を与えられる。雄重は能登国内に1万石を領していたため、合計2万石の大名として入部し、ここに窪田藩が立藩した。雄重は寛永5年(1628年)に37歳で死去し、その後を子の土方雄次が継ぐ。雄次は新田開発や酒井用水・五箇村灌漑用水の造営、寺社造営や修築に尽力し、藩政の基礎を築き上げ、延宝8年(1680年)1月28日に70歳で死去した。雄次は死の前年11月27日に次男の土方雄隆に家督を譲っていた(長男の土方雄信は病弱を理由に家督を継げず)。このとき、雄隆は弟の土方雄賀に2000石を分与している。窪田藩 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道226号黒川横山線

    石川県道226号黒川横山線から見た能登国能登国

    かほく市北東部の集落を結ぶ。起点のあるかほく市黒川や隣接する同市元女は、かつての河北郡高松町であるが、更に歴史を遡ると羽咋郡南大海村を構成する集落の1つであり、令制国の区分において能登国に属していた地域であった。起点から南西に向かい、途中の若緑地内で大海川水系から大野川水系の宇ノ気川に変わる分水界がある。余地、上田名など、かほく市北東部の中山間地にある集落を経て、JR七尾線の木津踏切詰めで終点に至る。石川県道226号黒川横山線 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉信通

    稲葉信通から見た能登国能登国

    第3代藩主・稲葉一通の長男。母は細川忠興の娘多羅。正室は織田信良の次女・光浄院、継室は織田信良の三女・天量院。側室に宮崎氏。子に稲葉景通(長男)、稲葉知通(三男)、稲葉通行(四男)、娘(花山院定誠室)、娘(織田信久正室)。官位は従五位下、能登守。幼名は彦四郎、虎。稲葉信通 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉菫通

    稲葉菫通から見た能登国能登国

    第7代藩主・稲葉恒通の長男。母は側室玉井氏。正室は有馬則維の娘梅渓院。子に稲葉泰通(長男)、市橋長璉(次男)、稲葉通房(三男)、娘(一柳末栄正室)。官位は従五位下。能登守。稲葉菫通 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉泰通

    稲葉泰通から見た能登国能登国

    第8代藩主・稲葉菫通の長男。母は河合氏。正室は牧野貞通の娘清操院。子は稲葉弘通(長男)、稲葉副通(次男)。官位は従五位下、能登守、右京亮。幼名は万治郎。初名は治通。稲葉泰通 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉弘通

    稲葉弘通から見た能登国能登国

    第9代藩主・稲葉泰通の長男。母は牧野貞通の娘(側室とも言われている)。正室は牧野貞長の娘・国清院。子に稲葉候通(長男)、稲葉雍通(次男)、稲葉通臧(三男)、稲葉通度(四男)、娘(伊東祐鐘正室)、娘(新庄直計正室)、娘(堀直庸正室)、娘(一柳末昭正室)、娘(細川利国正室)。官位は従五位下、能登守、丹波守。幼名は熊次郎。稲葉弘通 フレッシュアイペディアより)

  • 惟宗忠康

    惟宗忠康から見た能登国能登国

    具瞻(従五位下陰陽頭)― 正邦(従五位下陰陽頭)― 考親(従五位下能登守)― 考言(従四位下伊賀守掃部介)― 忠方(紀中納言若狭守)― 友国(宗大納言従二位兵庫太夫)― 国広(筑前守)― 忠友(八文字民部太夫)― 忠康(橋口右衛門尉)― 忠久(豊後守)惟宗忠康 フレッシュアイペディアより)

  • 巡見使

    巡見使から見た能登国能登国

    三越(越前・越中・越後)・近江・若狭・加賀・能登・佐渡の7国。巡見使 フレッシュアイペディアより)

404件中 51 - 60件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード