404件中 61 - 70件表示
  • 長善寺 (えびの市)

    長善寺 (えびの市)から見た能登国能登国

    日向国臼杵郡出身の僧・明窓和尚が能登国定光寺の実峯和尚からの教えを受け至徳2年(1185年)伝法の僧衣を頂き、薩摩国に降り永源寺、大明寺、泉徳寺を、故郷に戻り安居寺を建立した後に真幸院の飯野(えびの市)を訪ね、当時の北原氏当主である北原範兼の庇護の元で建立された寺である。本尊は弥勒菩薩の座像で、曹洞宗大本山である總持寺の末寺に当たる。しかしながら、長善寺そのものが北原範兼の元で発展を続け、100町の寺領を寄贈され、更に50に及ぶ末寺を持つに至り、周辺に於ける影響力は絶大となった。なお、大本山の制度に則り、末寺のうち「宗江院」、「清涼院」、「徳泉寺」、「昌明寺」、「大円寺」の五つの寺を輪番寺とし、それらの住職が交代で長善寺の住職を務めた。長善寺 (えびの市) フレッシュアイペディアより)

  • 宗玄酒造

    宗玄酒造から見た能登国能登国

    創業一族は能登国守護であった能登畠山氏の一族、畠山宗元の末裔である。宗玄酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 結城藩

    結城藩から見た能登国能登国

    結城に再び大名が封せられたのは、元禄13年(1700年)に水野勝長が能登国西谷藩より転封されたときである。勝長は改易された備後福山藩主・水野勝岑の父・勝種の又従兄弟にあたる。福山藩改易後、同藩藩祖であり、家康の従兄弟に当たる宗家当主日向守勝成の功績が考慮され、勝長に家督相続が許され、元禄11年(1698年)に能登国内に1万石を与えられていた。結城藩 フレッシュアイペディアより)

  • 越前勝山藩

    越前勝山藩から見た能登国能登国

    小笠原信成(のぶなり)<従五位下。能登守>越前勝山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 能州

    能州から見た能登国能登国

    能州 フレッシュアイペディアより)

  • 能登弁

    能登弁から見た能登国能登国

    能登弁(のとべん)は、石川県能登で話されている日本語の方言である。北陸方言の一種。アクセントは京阪式アクセントの亜種から東京式アクセント、無アクセントと複雑に分布している。発音ではイとエの区別がなく、東北方言に似た特徴もみられる。文法は概ね加賀弁と共通する。能登弁 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井茲長

    亀井茲長から見た能登国能登国

    亀井 茲長(かめい これなが、元禄元年(1688年) - 享保11年6月4日(1726年7月3日))は、石見国津和野藩の世嗣。3代藩主・亀井茲親の長男。母は宗義真の娘。正室は水野忠周の娘。子は亀井茲延(長男)、亀井満博(次男)、娘(鳥居忠意正室)。官位は従五位下、能登守。亀井茲長 フレッシュアイペディアより)

  • 野々村正成

    野々村正成から見た能登国能登国

    同年6月2日の本能寺の変では、二条城で織田信忠に従って戦い、討死した。なお、天正12年(1584年)9月、佐々成政の能登末森城攻めに従軍して討死したとの説もあるが、これは野々村主水正という者で別人である。野々村正成 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山満慶

    畠山満慶から見た能登国能登国

    畠山 満慶(はたけやま みつのり)は、室町時代の守護大名。室町幕府相伴衆、越中・紀伊・河内・能登守護。能登畠山氏の初代当主。畠山基国の次男、満家の弟。子に義忠。畠山満慶 フレッシュアイペディアより)

  • 長連豪

    長連豪から見た能登国能登国

    能登国穴水(現・石川県鳳珠郡穴水町)に、加賀藩士・此木(長)連潔の子として生まれる。幼い頃は漢文学者の豊島洞斎に師事。その後、加賀藩の藩校・明倫堂で学ぶ。長連豪 フレッシュアイペディアより)

404件中 61 - 70件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード