499件中 61 - 70件表示
  • 板倉重良

    板倉重良から見た能登国能登国

    板倉 重良(いたくら しげよし、寛永15年(1638年) - 元禄10年10月17日(1697年11月30日))は、江戸時代初期の譜代大名板倉重矩の長男。母は小出吉親の娘。重澄、重種の兄。正室は池田恒元の娘。子に重宣(長男)。官位は従五位下能登守、伯耆守。板倉重良 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山修羅

    畠山修羅から見た能登国能登国

    義就は分家の能登守護家から政国を猶子に迎えていたが、修羅が生まれると政国を廃嫡した。文明2年(1470年)に古市胤栄に預けられて上洛したが、文明6年(1474年)に大和の越智家栄の館に避難した。文明15年(1483年)、僅か16歳で死去。弟の基家が後継者となった。畠山修羅 フレッシュアイペディアより)

  • 882年

    882年から見た能登国能登国

    11月 - 渤海使、能登国に来着する。882年 フレッシュアイペディアより)

  • 5月2日 (旧暦)

    5月2日 (旧暦)から見た能登国能登国

    養老2年(ユリウス暦718年6月4日) - 能登国・安房国・石城国・石背国の4国を設置5月2日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 七尾仏壇

    七尾仏壇から見た能登国能登国

    室町時代、能登国守護の畠山満慶が蒔絵・彫刻等の工芸産業を保護・奨励し七尾仏壇の基礎を築く。七尾仏壇 フレッシュアイペディアより)

  • 朝倉貞景 (9代当主)

    朝倉貞景 (9代当主)から見た能登国能登国

    文亀3年(1503年)、一族内部で謀叛が起こるが、朝倉宗滴の尽力のもと、朝倉景豊を滅ぼす。翌年、加賀より攻め込んで来た朝倉元景を返り討ちし、家督を確実なものとした。永正3年(1506年)には越前に侵攻した加賀国・越中国・能登の一向一揆勢と戦い(九頭竜川の戦い)、これを駆逐するなどして、内政・軍事においての朝倉氏の戦国大名化、越前領国化を成し遂げた。これ以後、孫の義景の時代である永禄10年(1567年)の堀江景忠の謀反までの60余年にわたって越前国内には大きな戦乱は無く、平和を享受して全盛期を迎えた。朝倉貞景 (9代当主) フレッシュアイペディアより)

  • 加能

    加能から見た能登国能登国

    加賀国・能登国。石川県の別称。718年以前はすべて越前国であった加能 フレッシュアイペディアより)

  • 能登

    能登から見た能登国能登国

    能登国 - 日本の令制国の一つ。北陸道にある。能登 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉為和

    冷泉為和から見た能登国能登国

    駿河国・能登国・近江国など各地へ下向しているが、家領のあった地域を支配する今川氏との関係が深く、駿府での生活が最も長かった。今川氏より今川の名字の使用を許されたとも伝えられる。今川氏の依頼により、相模国の後北条氏や甲斐国の武田氏のもとに滞在し、在地の歌壇を指導している。今川氏は天文6年(1537年)に武田氏との間に甲駿同盟を結び後北条氏とは敵対しているが(河東の乱)、これ以後為和は駿河・甲斐間を頻繁に往復するようになり、今川氏の外交使節的立場の人間であったと考えられている。冷泉為和 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤舜秀

    武藤舜秀から見た能登国能登国

    1577年(天正5年)8月、上杉謙信が能登へ進出した報を受け、信長は勝家に秀吉・長秀・滝川一益らの武将を付けて加賀へ送り込んだ。(秀吉は途中で帰陣)ところが、加賀の農民たちが上杉方に味方し、織田軍は手探り状態で進軍する羽目になった。その苦境を、信長側近・堀秀政にあてた連署状がある。連署状の署名は、勝家・長秀・一益・そして舜秀の四人であった。これにより、舜秀が、同陣している西美濃三人衆よりも地位が上であったと考えられる。(『宮川文書』)武藤舜秀 フレッシュアイペディアより)

499件中 61 - 70件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード