404件中 71 - 80件表示
  • 力持ち幽霊

    力持ち幽霊から見た能登国能登国

    力持ち幽霊(ちからもちゆうれい)は、能州(現在の石川県)に伝わる妖怪。江戸時代の随筆『四不語録』2巻「女の幽霊」に記述がある。名称は戦後の妖怪漫画家・水木しげるの著書によるもの。力持ち幽霊 フレッシュアイペディアより)

  • 気多本宮

    気多本宮から見た能登国能登国

    能登国総鎮守で、上代には能登の大神と仰がれていた。大己貴命を祭神とする。気多本宮 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義統

    畠山義統から見た能登国能登国

    畠山 義統(はたけやま よしむね)は、室町時代後期から戦国時代前期の武将、守護大名。室町幕府相伴衆、能登守護。能登畠山氏の第3代当主。2代当主畠山義忠の嫡男畠山義有の嫡男。弟に政国。子に義元、慶致。畠山義統 フレッシュアイペディアより)

  • 源道済

    源道済から見た能登国能登国

    源 道済(みなもと の みちなり、生年不詳 - 寛仁3年(1019年))は、平安時代中期の官人・歌人。陸奥守・源信明の孫。能登守・源方国(みなもと の まさくに)の子。子に懐国がいる。官位は正五位下・大宰少弐。中古三十六歌仙の一人。源道済 フレッシュアイペディアより)

  • 平通盛

    平通盛から見た能登国能登国

    北陸道の加賀国・能登国でも在地の源氏が蠢動し始めていた。越前守の通盛は従兄の経正とともにこの鎮定を命じられた。平通盛 フレッシュアイペディアより)

  • かわた

    かわたから見た能登国能登国

    例えば慶長16年(1611年)4月、金沢藩が死牛の皮剥ぎをかわたに許可し、寛永15年(1638年)、加賀・能登両国における死牛馬の皮はかわたの差配にすると命じていることが見られるように、幕藩勢力はかわたに死牛馬の処理を行わせる事を法制的に規定した。かわた フレッシュアイペディアより)

  • 前田利好

    前田利好から見た能登国能登国

    前田利家の兄前田安勝は、利家の親任厚く、七尾城代となり、その支城小丸山城に在城して能登国を支配した。天正12年(1584年)の佐々成政の能登侵攻の時、佐々軍の拠る鹿島郡の荒山城を安勝、利好父子で攻略して末森城の戦いでの勝利に貢献している。文禄3年(1594年)5月、父の安勝が没すると後を継いで小丸山城主となり、父と同じく七尾城代となる。没したのち、名跡と城代を前田利家の三男前田知好が継いだ。墓所は父の安勝とともに七尾市長齢寺にある。前田利好 フレッシュアイペディアより)

  • 吉江景資

    吉江景資から見た能登国能登国

    上杉謙信に旗本として仕え、謙信の関東や越中出兵の際は春日山城留守居役軍監などを務めた。永禄10年(1567年)には下野唐沢山城を守った。天正年間からは、能登、越中を転戦した。吉江景資 フレッシュアイペディアより)

  • 能登天文の内乱

    能登天文の内乱から見た能登国能登国

    能登天文の内乱(のと てんもん の ないらん)は、天文19年(1550年)に能登国で起こった合戦。能登天文の内乱 フレッシュアイペディアより)

  • 飯川光誠

    飯川光誠から見た能登国能登国

    畠山義総の寵臣半隠斎宗春の縁辺の人(孫か?)。飯川氏は前の能登守護家吉見氏の守護代を勤めた家柄である。光誠は、第二次畠山七人衆で年寄衆に加わる。弘治の内乱では畠山義綱と土豪衆との仲介役を務め、義綱専制期では義綱の補佐と常に義綱に従い活躍する。永禄九年の政変で義綱が能登を追放された時も、義綱に追従して近江国に逃れ義綱亡命政府の中枢となった。飯川光誠 フレッシュアイペディアより)

404件中 71 - 80件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード