499件中 81 - 90件表示
  • 一ノ宮村 (石川県羽咋郡)

    一ノ宮村 (石川県羽咋郡)から見た能登国能登国

    村名は、能登国一宮である気多大社に因む。一ノ宮村 (石川県羽咋郡) フレッシュアイペディアより)

  • 伴河男

    伴河男から見た能登国能登国

    貞観3年(861年)下野介に任ぜられ、貞観5年(863年)従五位上・下野守に叙任される。しかし、貞観8年(866年)4月に応天門の変が発生すると、9月22日に首謀者とされた兄の善男や甥の中庸に連坐して能登国に流罪となった。その後の消息は不明。伴河男 フレッシュアイペディアより)

  • 気太十千代

    気太十千代から見た能登国能登国

    気多氏は大己貴神の後裔で、但馬・因幡・遠江・能登の各国にある気多(気太)の地名はこの氏族の名を由来とすると説がある。なお、十千代は気多神社(能登国羽咋郡)の社家出身と推察される。気太十千代 フレッシュアイペディアより)

  • 園田道閑

    園田道閑から見た能登国能登国

    先祖は河内国の武士で、能登国に移住したという伝承がある。詳細は不明だが、少なくとも父の代以前には、久江村(現:石川県鹿島郡中能登町)に住んでいたようである。園田道閑 フレッシュアイペディアより)

  • 越路町 (石川県)

    越路町 (石川県)から見た能登国能登国

    天日陰比咩神社(能登国二宮)越路町 (石川県) フレッシュアイペディアより)

  • 松平斐章

    松平斐章から見た能登国能登国

    松平 斐章(まつだいら あやあき、寛文6年(1666年) - ?)は、常陸国土浦藩の嫡子。5000石を領した大身旗本・大河内松平信定の三男。官位は従五位下、能登守。松平斐章 フレッシュアイペディアより)

  • 養老

    養老から見た能登国能登国

    5月2日、能登国・安房国を建てる。藤原不比等、養老律令を選定する。養老 フレッシュアイペディアより)

  • 御祖村

    御祖村から見た能登国能登国

    村名は、小田中に能登国国造、能登臣の祖とされる崇神天皇皇子、大入杵命の墓所があることによる。御祖村 フレッシュアイペディアより)

  • 戸沢正令

    戸沢正令から見た能登国能登国

    戸沢 正令(とざわ まさよし、文化10年1月2日(1813年2月2日) - 天保14年5月22日(1843年6月19日))は、出羽国新庄藩の第10代藩主。幼名は千代鶴。9代藩主・戸沢正胤の次男。母は蜂須賀重喜の娘・伊与姫。正室は島津重豪の娘(養女とも)・貢子。子に戸沢正実(長男)、本多忠貫(次男)、中条信汎(三男)、戸田直一(四男)、戸沢正時(五男)、娘(岩城隆永正室)。官位は従五位下、能登守。側室に高山氏がいる。戸沢正令 フレッシュアイペディアより)

  • 惟宗直宗

    惟宗直宗から見た能登国能登国

    時期不詳:兼能登権介、大判事惟宗直宗 フレッシュアイペディアより)

499件中 81 - 90件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード