404件中 81 - 90件表示
  • 松波義親

    松波義親から見た能登国能登国

    奥能登の松波城を本拠とした松波畠山氏は、能登畠山氏3代当主義統の末子とされる義智を祖とする。初めは能登畠山氏の庶流に過ぎなかったが、能登珠洲郡の土豪松波氏を吸収し、能登の有力国人領主の長氏と縁戚関係を結ぶなど次第に勢力を拡大したため、のちに一門に列して松波城は七尾城の支城的な役割を担った。松波義親 フレッシュアイペディアより)

  • 大関増徳

    大関増徳から見た能登国能登国

    丹波篠山藩主・老中青山忠良の五男。犬山藩主成瀬正肥の弟にあたる。幼名は鉚之助、後に忠可。慶応3年(1867年)4月増式(ますつね)と改名。官位は従五位下能登守。明治維新後、従三位に昇進。老中青山忠裕は祖父。大関増徳 フレッシュアイペディアより)

  • 戸沢正令

    戸沢正令から見た能登国能登国

    戸沢 正令(とざわ まさよし、文化10年1月2日(1813年2月2日) - 天保14年5月22日(1843年6月19日))は、出羽国新庄藩の第10代藩主。幼名は千代鶴。9代藩主・戸沢正胤の次男。母は蜂須賀治昭の娘(養女とも)・伊与子。正室は島津重豪の娘(養女とも)・貢子。子に戸沢正実(長男)、本多忠貫(次男)、中条信汎(三男)、戸田直一(四男)、戸沢正時(五男)、娘(岩城隆永正室)。官位は従五位下、能登守。側室に高山氏がいる。戸沢正令 フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐秀頼

    遊佐秀頼から見た能登国能登国

    父の秀盛と共に守護の畠山義総に重用され、能登国の守護代を務めた。義総の死後は子の畠山義続・孫の畠山義綱に仕えた。同族(一説には子)の続光とともに1553年、畠山家中で権勢を誇っていた温井総貞と権力抗争を繰り広げ敗れ、翌年に大槻一宮合戦で敗北、捕虜となった。遊佐秀頼 フレッシュアイペディアより)

  • 長沢光国

    長沢光国から見た能登国能登国

    長沢氏は、鎌倉時代に越中に土着した清和源氏土岐氏の一族。婦負郡長沢を苗字の地とし南北朝期には桃井直常に従った。戦国期には、氷見地方南部を勢力圏としていた。天正年間に至り上杉謙信の勢力が越中西部に及んでくると、これに臣従して能越国境の要衝湯山城(森寺城)を守備した。上杉軍の能登平定後、同国穴水城将となり、その後畠山旧臣の一揆鎮圧に活躍した。天正6年に上杉謙信が急死すると、織田信長の命で能登に侵攻してきた長連龍を撃退するも、温井景隆、三宅長盛らが離反し、光国は彼らと戦い石動山で子・七次郎と共に討死した。長沢光国 フレッシュアイペディアより)

  • 気太十千代

    気太十千代から見た能登国能登国

    気多氏は大己貴神の後裔で、但馬・因幡・遠江・能登の各国にある気多(気太)の地名はこの氏族の名を由来とすると説がある。なお、十千代は気多神社(能登国羽咋郡)の社家出身と推察される。気太十千代 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝岑

    水野勝岑から見た能登国能登国

    先祖で福山藩初代藩主であった勝成の旧勲を鑑み、幕府は勝成の孫で分家の水野勝直(勝成の末子・勝忠の次男)の長男・勝長に勝岑の名跡を継ぐことを許し、水野家宗家は存続した。しかし、石高は大幅に削減され、能登羽咋郡西谷に1万石(後に結城藩1万8千石)を与えられた。水野勝岑 フレッシュアイペディアより)

  • 寺西秀則

    寺西秀則から見た能登国能登国

    寺西氏は桓武平氏千葉一族という。秀則は石見守秀之の子として尾張国荒子に生まれた。織田信長に仕え佐久間信盛の与力とされ、野洲川の戦い、姉川の戦いで功を顕し近江石部城主となる。天正3年、長篠の戦いで重傷を負った。その後石山合戦に従軍したが、信盛の失脚に秀則も連座して追放された。秀則は佐渡国を目指して落ち行く途上、能登国七尾で同郷の前田利家に慰留され、信長横死後に5千俵を給され臣下となった。その後賤ヶ岳の戦い、末森城の戦いに従軍、加賀松任城代を務め、累功によって5千石を領した。慶長16年死去。子孫は加賀藩士として続いた。弟・清左衛門之政は滝川一益、織田信雄に仕えたのち、天正19年、浅野長政に1500石をもって仕え、子孫は安芸広島藩士となっている。寺西秀則 フレッシュアイペディアより)

  • 改作法

    改作法から見た能登国能登国

    ここでいう「免」とは年貢の税率を示している。例えば「草高七百石免四つ」という場合は、標準収穫量が700石でその40%つまり280石が年貢であることを示している。加賀藩領内であった村々には今もこの年貢を定めた文書が残されていることがある。通称「村御印」とも「物成」とも呼ばれ、三代藩主利常が使用した黒印(御印)が押された文書である。旧家の蔵などで発見されるのは、寛文10年(1670年)に発布されたものが多い。金沢市図書館所蔵の「加越能三箇国高物成帳」では加賀国836、能登国783、越中国1792の見出村があり合計3411の村に発布されたという記録がある。ただし加賀の江沼郡は大聖寺藩、越中の婦負郡は富山藩でありこの数には含まれていない。また、寛文10年以降に追加発布された村御印の数も含まれている。改作法 フレッシュアイペディアより)

  • 園田道閑

    園田道閑から見た能登国能登国

    先祖は河内国の武士で、能登国に移住したという伝承がある。詳細は不明だが、少なくとも父の代以前には、久江村(現:石川県鹿島郡中能登町)に住んでいたようである。園田道閑 フレッシュアイペディアより)

404件中 81 - 90件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード