前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • 茂木健一郎

    茂木健一郎から見た脳科学脳科学

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻連携教授(脳科学、認知科学)茂木健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 精神分析学

    精神分析学から見た脳科学脳科学

    精神分析が創始されたころの精神医学においては、「精神病の原因は脳の何らかの器質的異常によるものであるが、その異常はいまだ解明されていない」という精神病内因説が優勢であった。また、脳科学もその異常を解明できそうなところまで発達していないので、フロイトと同時代の精神科医たちは精神障害の原因究明には興味を示さず、むしろ症状を詳しく分類することに力をそそいでいた。精神分析学 フレッシュアイペディアより)

  • 人工意識

    人工意識から見た脳科学脳科学

    人工的に知覚を持った「存在」を作る話は、古くは様々な神話など、数々存在する。ゴーレム、ギリシアのプロメーテウス神話、クレティアン・ド・トロワの機械人間、メアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』などが例として挙げられる。サイエンス・フィクションでは、人工的に意識を持った存在としてロボットや人工知能が描かれてきた。人工意識は哲学的にも興味深い問題である。遺伝学、脳科学、情報処理などの研究が進むにつれて、意識を持った人工的存在を生み出す可能性が出てきた。人工意識 フレッシュアイペディアより)

  • 抑圧された記憶

    抑圧された記憶から見た脳科学脳科学

    支持的な論は主に神経生理学(脳科学)の分野に多い。ロフタスに反対する精神分析の流れを汲む還元主義者エリック・カンデルは動物実験においてCREBのブロックにより長期記憶の形成が妨げられる事実を発見し、記憶を忘れたり強化したりする事が人工的に可能であることを示した。そもそもロフタスが抑圧説の否定の根拠としたのはそういった神経メカニズムが発見されていないことであったのだが、彼の発見によりそれが否定された。抑圧された記憶 フレッシュアイペディアより)

  • 情動

    情動から見た脳科学脳科学

    主に「興奮」が中心的であるが、「不安」「快不快」も情動として扱える。一般的な「怒り」「喜び」「悲しみ」を情動とするか、感情とするかは、心理学、脳科学、医学、認知科学、それぞれの立場により異なる。情動 フレッシュアイペディアより)

  • 檀一平太

    檀一平太から見た脳科学脳科学

    檀 一平太(だん いっぺいた、1969年7月14日 - )は、日本の研究者(脳科学)。中央大学教授。檀一平太 フレッシュアイペディアより)

  • 生命38億年スペシャル 人間とは何だ

    生命38億年スペシャル 人間とは何だから見た脳科学脳科学

    2014年2月12日(19:00 - 22:54)には、脳科学をテーマにした『生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー “人間とは何だ…!?”』が放送された。生命38億年スペシャル 人間とは何だ フレッシュアイペディアより)

  • 認識論

    認識論から見た脳科学脳科学

    哲学はアリストテレス以来その領域を諸科学によって置き換えられていったが、最後に狭い領域が残り、それが大きく認識論と存在論に大別され、現在もこの分類が生きている。認識論ではヒトの外の世界を諸々の感覚を通じていかに認識していくかが問題視される。認識という行為は、人間のあらゆる日常的、あるいは知的活動の根源にあり、認識の成立根拠と普遍妥当性を論ずることが存在論である。しかし、哲学における方法論は思弁に尽きるため、仮説を立て実験によって検証するという科学的方法論は長年取り入れられることはなかった。哲学論は基本的に仮設の羅列に過ぎず、単に主観的な主張であった。客観性の保証が全くない内観法が哲学者の主たる武器であった。19世紀末ごろ、認識論の一部が哲学の外に出て心理学という学問を成立させるが、初期にはもっぱら内観や内省を方法論とし、思弁哲学と大差はなかったため、のちにアームチェア心理学と呼ばれた。やがて、思弁を排し客観的、科学的方法論をもとに実験心理学が登場し、認識の一部は、心理学に取り込まれていった。錯覚現象などがその研究対象になった。実験心理学では、データの統計的処理では科学的であったが、なぜ錯覚が生まれるかというメカニズムの解明では、仮説を立て実験データとの照合を論じてはいたものの、その仮説自体はやはり思弁に過ぎなかった。それを嫌い人間の主観を排し、実験動物を用いた観察可能な行動のみを研究対象とする一派も存在したが、人間の認識は研究対象から外された。このため、認識論の問題は比較的最近まで客観科学化されずに哲学の領域にとどまり続けた。しかし、脳科学の進歩によって急速に、認識論と存在論の2つの世界は大きく浸食されつつある。認識論 フレッシュアイペディアより)

  • 攻殻機動隊

    攻殻機動隊から見た脳科学脳科学

    ゴーストは上下方向に無限の階層構造を持っており、その中に意識・無意識・自我などのレベルが存在するが、上部に完全支配されている訳ではなく、相互に連結しながら上部構造が緩やかに下部構造を総体としてまとめている。脳科学の見地からは、大脳と視床下部の活動に大きく影響しているとされている。攻殻機動隊 フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・デカルト

    ルネ・デカルトから見た脳科学脳科学

    デカルトの情念論(脳科学の立場からの歴史的考察)ルネ・デカルト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「脳研究」のニューストピックワード