146件中 101 - 110件表示
  • 壁ドン

    壁ドンから見た脳科学脳科学

    朝日新聞出版「AERA」の記事では「『壁ドン』の何が良いのか。体格で勝る男性が女性を威嚇する行為に見えるが、そんな男性は危険ではないか」とする女性記者の指摘を取り上げ、「パーソナルエリアの侵害、本能が拒否する」「上から目線で頭の悪そうなセリフを囁かれたら、恋も冷める」などの意見を掲載している。同記事において、精神科医のゆうきゆうは「『壁ドン』を歓迎する女性は、心の中に『支配されたい欲求』があると考えられる。狭い空間に押し込められる状況に『プチ監禁』『プチ支配』のような錯覚を抱いて、M的欲求を満たしているのかもしれない」、脳科学者の澤口俊之は「『壁ドン』は、『男性性』が高い男性がやってこそ成立する。こういう男性はあちこちで同じ行為をするので、結婚に向かないタイプ。拒否反応を示す女性の方がむしろ正常」であると述べている。壁ドン フレッシュアイペディアより)

  • 心身問題

    心身問題から見た脳科学脳科学

    これらは認知科学、脳科学などの成果を基礎としたものであり、心の発生・作用における中枢神経系の機能を哲学に組み込んだものとして評価される一方、脳に帰すことのできない身体独自の機能を切り捨てた議論であるという批判も多い。心身問題 フレッシュアイペディアより)

  • 量子脳理論

    量子脳理論から見た脳科学脳科学

    量子脳力学の理論はサイアス 1999 年 12 月号に「■特集1 シリーズ「人間」 脳と心の物理学 場の量子論はどこまで人間の本性に迫れるか?」と題して紹介された。「数理科学 2000 Vol.38 No.10」では、「脳と心の量子論ー物理学が拓く脳科学の新たな地平」という特集が組まれている。量子脳理論 フレッシュアイペディアより)

  • 学士入学

    学士入学から見た脳科学者脳科学

    茂木健一郎 脳科学者、東京大学理学部物理学科卒業後、東京大学法学部に学士入学学士入学 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川進

    利根川進から見た脳科学脳科学

    分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学・神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。利根川進 フレッシュアイペディアより)

  • 帝銀事件

    帝銀事件から見た脳科学脳科学

    中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」-法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』-(2008年):平沢犯人説・毒物青酸カリウム説を採用している。帝銀事件 フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・ラモン・イ・カハール

    サンティアゴ・ラモン・イ・カハールから見た脳科学脳科学

    サンティアゴ・ラモン・イ・カハル(Santiago Ramón y Cajal, 1852年5月1日 - 1934年10月17日)は、スペイン・ナバーラ県出身の神経解剖学者(サンティアゴ・ラモニ・カハールとも)。1906年にゴルジと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。今日の神経科学・神経解剖学の基礎を築き上げた巨人として位置づけられている。姓のラモン・イ・カハールは、父方の姓「ラモン」と母方の姓「カハール」をandを意味する「イ」でつなげて呼ぶスペインの慣習によるものであるが、一般には母方の姓の「カハール」のみで呼ばれることが多い。サンティアゴ・ラモン・イ・カハール フレッシュアイペディアより)

  • 堀田秀吾

    堀田秀吾から見た脳科学脳科学

    国内外で、商標や裁判員裁判などの司法における言語使用・コミュニケーションを中心に、理論言語学、コーパス言語学、語用論、心理言語学などの言語学の諸分野および社会心理学、脳科学などの様々な学術分野の知見を融合し、多角的な研究を展開している。また、研究以外の活動も積極的に行っており、法律事務所や芸能事務所の顧問なども務める。堀田秀吾 フレッシュアイペディアより)

  • 川口順子

    川口順子から見た脳科学者脳科学

    東京都生まれ。1960年、東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業。高校の同期には、畔柳信雄(元三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)、島村英紀(元国立極地研究所所長)、星出豊(昭和音楽大学教授)、松本元(脳科学者)、横田洋三(国連大学学長特別顧問)などがいる。川口順子 フレッシュアイペディアより)

  • 苫米地英人

    苫米地英人から見た脳科学脳科学

    『博士も知らないニッポンのウラ』(2008年7月1日配信)で脱資本主義を主張しているにもかかわらず、ビジネスマンとして積極的に活動していることを冷やかされた際、脳科学の普及と研究費を集めることをビジネスの主な理由として挙げ、「そのためには魂売るぜ」と述べた。苫米地英人 フレッシュアイペディアより)

146件中 101 - 110件表示

「脳研究」のニューストピックワード