146件中 21 - 30件表示
  • 山鳥重

    山鳥重から見た脳科学脳科学

    山鳥 重(やまどり あつし、1939年9月29日 - )は、日本の脳科学者。医師。専門は、神経心理学、失語症・記憶障害などの高次脳機能障害。山鳥重 フレッシュアイペディアより)

  • テキサス大学ダラス校

    テキサス大学ダラス校から見た脳科学脳科学

    TIの研究機関を前身としているため、設立当初から研究型大学として発展してきた。学部1年生受け入れ開始から、わずか20年でTier-1の研究型大学になるなど、特に近年の発展は目覚しく、2010年8月における研究費は8500万ドルとなり、過去4年間で60%以上増えている。 また、カーネギー財団による評価ではUTDは高い研究活動を行なっている機関に分類されている。研究では特に、 宇宙科学、コンピュータセキュリティ、ナノテクノロジー、行動科学や脳科学等の50以上ある研究センターを中心に高い評価を得ている。テキサス大学ダラス校 フレッシュアイペディアより)

  • Encyclopedia of Cosmos

    Encyclopedia of Cosmosから見た脳科学脳科学

    スカラーペディア - 脳科学に関する信頼性の高いオンライン百科事典。Encyclopedia of Cosmos フレッシュアイペディアより)

  • 学習科学

    学習科学から見た脳科学脳科学

    学習科学は、認知心理学や脳科学の知見を基礎にしつつ、効率的な学習のあり方などを研究する学問である一方で、学習者の主体的な取り組みを重視することの重要性にかんがみて、近年盛んになりつつある。基礎的な単純化した学習の研究から、実際に行われる複雑な学習の研究に至るまで、対象は幅広い。学習科学 フレッシュアイペディアより)

  • 友田明美

    友田明美から見た脳科学者脳科学

    友田 明美(ともだ あけみ、女性)は、日本の脳科学者。福井大学教授。ハーバード大学との共同の児童虐待が脳を委縮させる件についての研究が有名。友田明美 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学辞典

    脳科学辞典から見た脳科学脳科学

    脳科学辞典(のうかがくじてん、Brain Science Dictionary、略:BSD)は、日本語で書かれた、無料で閲覧できる査読制度つきオンライン百科事典。取り扱い分野は脳科学、神経科学。記事は各分野の専門家が執筆している。脳科学分野の研究者および研究者予備軍を主な想定読者としている。2011年6月にサイト構築がスタートした。理化学研究所の脳科学総合研究センターのメンバーらが中心となって運営している。約1,000個の用語の解説を用意することを目指している。脳科学辞典 フレッシュアイペディアより)

  • 医用画像処理

    医用画像処理から見た脳科学脳科学

    科学的研究としては、その観点に応じて医用生体工学、医用物理学、医学などの一分野に位置づけられる。撮影機器や画像生成機器の研究開発は医用生体工学、医用物理学、情報工学の領域である。そういった機器の利用や画像の解釈は、放射線診断学や撮影部位に対応した医学の下位分野(脳科学、循環器学、精神医学、心理学など)の領域である。医用イメージングのために開発された様々な技術は、他の科学や産業にも応用されている。医用画像処理 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤英治

    斉藤英治から見た脳科学脳科学

    山形市生まれ。東北大学卒業後、武田薬品工業にてビタミンと脳科学の研究開に従事、ついでピップフジモト研究部部長、健康英知研究所所長。日本綜合医学会常任理事、日本健康科学学会理事を20年務める。1989年日本大学医学博士。学校法人エール学園IMGS大学院大学教授。斉藤英治 フレッシュアイペディアより)

  • BRAIN VALLEY

    BRAIN VALLEYから見た脳科学脳科学

    ヒトの意識、神の起源などテーマとしている。脳科学、霊長類学、人工知能などの科学知識が盛り込まれ、体外離脱や臨死体験、百匹目の猿なども扱っている。専門用語が頻出するが難解さを狙ったのではなく、瀬名によれば、「『ジュラシックパーク』のようにエンターテインメントという乗り物に乗せて科学の面白さを伝えたいと思った」とのこと。そのための解説的な本も出版された。BRAIN VALLEY フレッシュアイペディアより)

  • 修士(学術)

    修士(学術)から見た脳科学脳科学

    文系領域の中では、心理学以外にも社会学や経済学を始め、研究手法に統計学や実験などを積極的に用い、理論・結果・考察を数理モデルで説明しようとする社会科学や行動科学の各研究科において、修士(学術)が授与されることがある。一方、理系領域の中では、脳機能や細胞・遺伝子レベルの解明などを行う基礎医学に留まらず、医療を受ける者の生活の質的向上なども研究目的に含めた全人的臨床医学、社会医学、および医学関連分野が学際的な学問に当てはまる。また、近年注目されている学問分野に、主にヒトの神経系やその神経システム機能、あるいはそこから生み出される認知処理・心理過程などを取り扱う神経科学(脳科学)がある。神経科学は、本来生物学の一学問分野であり、基礎科学(理学)に位置づけられるが、応用科学の電子工学・機械工学・システム工学などと融合し、ブレイン・マシン・インタフェース技術に代表されるサイバネティックスや、社会科学の心理学、言語学などと融合し、AI技術に代表される認知科学といった形での学際的発展を見せており、そのような学問分野における研究業績が同学位の授与に該当することがある。修士(学術) フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「脳研究」のニューストピックワード