102件中 31 - 40件表示
  • 苦行

    苦行から見た脳科学脳科学

    脳科学によれば神経伝達物質にエンドルフィンというのがあり、これは一定以上の苦痛を受けると、それを緩和するために幸福感をもたらす作用があるといわれる。この説に従うと宗教者が苦行の果てに神や仏を見出す事に生物学的説明がつく。苦行 フレッシュアイペディアより)

  • 早期教育

    早期教育から見た脳科学脳科学

    早期教育は、脳が柔軟なうちに子供の知的好奇心を促進し、高い吸収能力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで脳の活性化を高めれば、「優秀な」人間に育つという理念に基づいている。そのため脳科学や発達心理学と非常に深い関係がある。早期教育によって将来の可能性を広げる、十分な基礎学力を得ることによって落ちこぼれを防ぎ子供の自尊心を高める、年齢や達成度という枠に囚われずに自由に教育を受けることができる、といった利点がある。学習面に限らず、独創性、社会性、情緒性を高めるための教育も含む。早期教育 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・C・リリー

    ジョン・C・リリーから見た脳科学脳科学

    ジョン・カニンガム・リリー(、1915年1月6日 - 2001年9月30日)は、アメリカ合衆国の脳科学者。イルカとのコミュニケーションを研究した事で知られる。アイソレーション・タンク(感覚遮断タンク)の開発者としても有名である。タンクでの研究はケン・ラッセルの映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』の題名で取り挙げられ、映画の主人公は彼とその変性意識状態がモデルと言われている。ジョン・C・リリー フレッシュアイペディアより)

  • 金澤一郎

    金澤一郎から見た脳科学脳科学

    金澤 一郎(かなざわ いちろう 1941年6月20日 - )は、日本の医師。医学者。専門領域は大脳基底核・小脳疾患の臨床、神経疾患の遺伝子解析、中枢神経系の神経活性物質の探索などの脳科学分野。金澤一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 認知

    認知から見た脳科学脳科学

    心理学・言語学・脳科学・認知科学・情報科学などにおける認知とは、人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のことをいう。意識と同義に用いられることもある認知 フレッシュアイペディアより)

  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た脳科学脳科学

    ただし、小学校は修業年限が6年と長く、1年生と6年生ではかなり学習内容・身体発達に差があることも考慮しなければならない。例えば最低年齢の在学者同士の比較では、小1は6歳、小6は12歳と実に2倍もの開きがある。また、「9歳の壁」といわれる脳科学的な変化により、前半と後半では各種の差があると考えるべきである。実際、前記の玉川学園K-12では4-4-4制を取っており、5年生から8年生(小学5年生から中学2年生に相当)までが中学年と位置付けられている。このため、議論をする際には「小学校は」と全学年を一くくりに扱うことは避けるべきである。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ホーキンス

    ジェフ・ホーキンスから見た脳科学脳科学

    その後は神経科学について従事するようになり、レッドウッド神経科学研究所を設立。脳について独自の自己連想記憶理論を唱え、『考える脳 考えるコンピューター』を著した。ジェフ・ホーキンス フレッシュアイペディアより)

  • ボーリング・グリーン州立大学

    ボーリング・グリーン州立大学から見た脳科学脳科学

    同大学の修士、博士課程には、脳科学、光化学をはじめさまざまな分野に200のプログラムがある。放送局とアマチュア無線局を保有。ボーリング・グリーン州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • MR.BRAIN

    MR.BRAINから見た脳科学脳科学

    不慮の事故が原因で右脳が発達した、警察庁科学警察研究所(IPS)に所属する元ホストの脳科学者・九十九龍介が、脳科学者としての類いまれな才能と独自の脳科学的アプローチによって難事件を解決していく本格ミステリー。MR.BRAIN フレッシュアイペディアより)

  • MR.BRAIN

    MR.BRAINから見た脳科学者脳科学

    不慮の事故が原因で右脳が発達した、警察庁科学警察研究所(IPS)に所属する元ホストの脳科学者・九十九龍介が、脳科学者としての類いまれな才能と独自の脳科学的アプローチによって難事件を解決していく本格ミステリー。MR.BRAIN フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「脳研究」のニューストピックワード