102件中 61 - 70件表示
  • 京都産業大学

    京都産業大学から見た脳科学脳科学

    2012年度 「脳科学と生活環境ユーザインタフェースの融合教育研究基盤の整備」京都産業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 養老孟司

    養老孟司から見た脳科学脳科学

    一般的な心の問題や社会現象を脳科学、解剖学をはじめとした医学・生物学領域の雑多な知識を交えながら解説することによって多くの読者を得ている。養老孟司 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川進

    利根川進から見た脳科学脳科学

    分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学・神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。利根川進 フレッシュアイペディアより)

  • 陰山英男

    陰山英男から見た脳科学脳科学

    なお、陰山の言う、脳の活性化に関しては複数の脳科学者からの批判がある。ただし、脳科学者そのものの科学的妥当性に疑義が呈されることがあることに留意されたい(脳科学の項を参照)。陰山英男 フレッシュアイペディアより)

  • 中野信子

    中野信子から見た脳科学者脳科学

    中野 信子(なかの のぶこ、1975年 - )は、日本の医学博士、脳科学者、認知科学者。東京都出身。東京大学工学部卒業後、2004年東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了。2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。株式会社ビッグベン所属。中野信子 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ハレット・デール

    ヘンリー・ハレット・デールから見た脳科学脳科学

    サー・ヘンリー・ハレット・デール(Sir Henry Hallett Dale、1875年6月9日 - 1968年7月23日)はイギリス人の脳科学者。メリット勲章勲爵士(OM)、大英帝国勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GBE)、王立協会フェロー(FRS)。アセチルコリンが神経インパルスの伝達物質になっていることを発見して、オットー・レーヴィとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。ヘンリー・ハレット・デール フレッシュアイペディアより)

  • たけしのニッポンのミカタ!

    たけしのニッポンのミカタ!から見た脳科学者脳科学

    三井石根(脳科学者、元NASAエイムズ研究所上級研究員)たけしのニッポンのミカタ! フレッシュアイペディアより)

  • 天才

    天才から見た脳科学脳科学

    また、近年の脳科学の研究では、天才と一般人とで、トータルすれば能力量に差は無いが、天才の場合「一般人であれば誰でも出来ることが出来ない反面、一般人には困難なことをた易くこなしてしまう」という、アンバランスに偏った才能の持ち主であるという説が有力となっている。好きな小説などに関しては一字一句間違えず暗唱できたフォン・ノイマンは、何十年も居住している家の棚の食器の位置すら覚えられなかった。電気工学で傑出した業績を残したエジソンは、微分積分などの高等数学を知らなかった(このため、交流の原理を理解できず電流戦争に敗北したといわれている)史実は有名である。天才 フレッシュアイペディアより)

  • プラトンの問題

    プラトンの問題から見た脳科学脳科学

    この考えに対して、認知言語学の側からは以下のような反論がある。第一に、養育者から得られる情報を不当に狭義の言語情報に限定しすぎており、ジェスチャーや表情など、具体的な場面から得られる非言語的情報は言われるほど貧困ではない。第二に、この問題は行動主義に基づく学習メカニズムを前提としており、ニューラルネットワークのモデルをもつ脳科学に基づいた学習モデルでは問題とならない。プラトンの問題 フレッシュアイペディアより)

  • 福井一成

    福井一成から見た脳科学脳科学

    東大の学生時代は、エール出版社の東大合格体験記 → 週刊朝日の取材記事 → 予備校パンフレットに掲載記事など。東大医学部を卒業後は、共著 → 単行本 → 監修 → 雑誌 → 新聞の順に、次第に執筆活動を拡大。主な読者層は高校生(+浪人生=大学受験生)だが、小学生向け・中学生向け・大学生向け・社会人向けの単行本や雑誌記事も少しある。主なジャンルは勉強法であるが、その他に脳科学やビジネス書もある。 著書は多数あるが、代表作は以下の3冊。福井一成 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「脳研究」のニューストピックワード