146件中 71 - 80件表示
  • 大木幹雄

    大木幹雄から見た脳科学脳科学

    ソフトウェア分析設計論、ソフトウェアアーキテクチャ論、ソフトウェア分析過程の脳科学、データモデリング、プロジェクトマネジメントの研究に従事。2012年以降は複数のパッケージソフトウェアがそれぞれ個別に管理しているデータ資産の統合的な管理を概念データモデルにまでさかのぼって実現する実作業に従事。複数データベースで分散管理されたデータ間の関連を効率的に明らかにする手段の有効性を確認している。大木幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 上川内あづさ

    上川内あづさから見た脳科学者脳科学

    上川内あづさ(かみこうち あづさ、1975年 - )は、日本の脳科学者。名古屋大学理学部生命理学科。専門は聴覚情報処理システムの動作原理の解明。東京都出身。上川内あづさ フレッシュアイペディアより)

  • デミス・ハサビス

    デミス・ハサビスから見た脳科学者脳科学

    デミス・ハサビス (Demis Hassabis, 1976年7月27日-)はイギリスの人工知能研究者、 脳科学者、 コンピュータゲームデザイナー、世界的なゲームプレイヤーである。デミス・ハサビス フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

    リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーから見た脳科学脳科学

    由紀夫は脳科学者茂木健一郎教授らとともに「友愛研究会」(2013年-)を開催している。由紀夫の政策には「東アジア共同体」がある。由紀夫は一般財団法人東アジア共同体研究所(2013年-)を主宰し理事長を務め、鳩山幸、孫崎享、橋本大二郎、高野孟らが役員として参加し、茂木健一郎教授は東アジア共同体研究所の事業「世界友愛フォーラム」代表幹事に就任している。東アジア共同体研究所はクーデンホーフ=カレルギーのドイツ語著書『パン・ヨーロッパ』(1923年)のモットーを英語で掲げ(“Every great historical happening began as a utopia and ended as a reality.”)、それは政治的に改変がある米国版『Pan-Europe』(1926年)において改変された単語(political)を本来のドイツ語版の通りに直してある(historical)。由紀夫はこのモットーを直した状態で英語の講演で紹介もしている。リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー フレッシュアイペディアより)

  • ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

    ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子から見た脳科学脳科学

    ハヤサカメンタルクリニックに勤務する心療内科医。心優しく真面目な性格。専門は脳科学と臨床心理学。将来は少年鑑別所等で心理検査を行う監察技官になるのが夢。週2回、拘置所で受刑者の面談を行っている他、犯人像のプロファイリングを担当する。比奈子の内面の異常性にいち早く気づき、強い関心と理解を示す。ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚宏

    戸塚宏から見た脳科学脳科学

    「脳幹論」を基礎にしたスパルタ教育が持論。ただし、脳科学者や医学博士ではない。戸塚宏 フレッシュアイペディアより)

  • 抑圧 (心理学)

    抑圧 (心理学)から見た脳科学脳科学

    問題は「抑圧された記憶が蘇った」というその内容を常に事実として信じるべきなのかという点を巡っての論争であり、人の記憶はビデオのように記憶されているものではなく、思い出すそのときに構成されるものであるというのが現在の脳科学、および認知心理学での到達点である。抑圧 (心理学) フレッシュアイペディアより)

  • 安藤寿康

    安藤寿康から見た脳科学脳科学

    『乳幼児のための脳科学 DVDブック子どもたちは未来 別巻』小泉英明編著 多賀厳太郎、安梅勅江共著 フリーダム 2010安藤寿康 フレッシュアイペディアより)

  • 記憶術

    記憶術から見た脳科学脳科学

    後者の例としては、視野の拡大や、右脳の活性化などによる方法や、記憶力の向上によい食品や生活スタイルの追求などがある。この中には学問的に証明されていない主張も多くしばしばニセ科学になりやすい。とくに日本では脳科学と言われている。記憶術 フレッシュアイペディアより)

  • 福井一成

    福井一成から見た脳科学脳科学

    東大の学生時代は、エール出版社の東大合格体験記 → 週刊朝日の取材記事 → 予備校パンフレットに掲載記事など。東大医学部を卒業後は、共著 → 単行本 → 監修 → 雑誌 → 新聞の順に、次第に執筆活動を拡大。主な読者層は高校生(+浪人生=大学受験生)だが、小学生向け・中学生向け・大学生向け・社会人向けの単行本や雑誌記事も少しある。主なジャンルは勉強法であるが、その他に脳科学やビジネス書もある。海馬の長期記憶のメカニズムに基づいた暗記法も勧めている。著書は多数あるが、代表作は以下の3冊。福井一成 フレッシュアイペディアより)

146件中 71 - 80件表示

「脳研究」のニューストピックワード