102件中 71 - 80件表示
  • 保江邦夫

    保江邦夫から見た脳科学脳科学

    保江 邦夫(やすえ くにお、1951年9月27日 - )は、日本の数理物理学・量子力学・脳科学・金融工学者。岡山県生まれ。ノートルダム清心女子大学 大学院人間複合科学専攻教授。同情報理学研究所所長。理学博士。専門分野は数理物理学、身体運動科学、脳科学。保江邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • アドバンスコープ

    アドバンスコープから見た脳科学脳科学

    2013年2月5日 - この日アスピアで開催されたアドバンスコープ開局20周年特別講演会に合わせて「なばす亭」がアスピア屋外駐車場から公開生中継放送。ナビゲーターは西本ケンジロウと田口知恵子。講演会は第1部がウェブデザイナー・田中良治氏の講演「インターネットビジネス20年の変遷とソーシャルメディアのビジネス活用」、第2部が脳科学者・澤口俊之氏の記念講演「企業・組織の指導者が伸ばすべき脳力」。司会は森本順子。講演前の澤口氏に田口知恵子がインタビューした内容が紹介された。アドバンスコープ フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム脳

    ゲーム脳から見た脳科学脳科学

    『ゲーム脳の恐怖』発表と前後して、文部科学省は2002年3月から始めた「脳科学と教育」研究に関する検討会の答申で、ゲームやテレビなどを含む生活環境要因が子供の脳にどう影響を与えるかを研究するために、2005年度から一万人の乳幼児を10年間長期追跡調査することを決定した。この中で、ゲームの影響も調べられるという。ゲーム脳 フレッシュアイペディアより)

  • 認識論

    認識論から見た脳科学脳科学

    1970年代後半に人間の心の本質について新知見をもたらす学問分野が発展し、その後も進展が続いている。脳科学、心理学、認知科学、神経生物学、人工知能、コンピューターなどに関連する研究である。これらの発展は”見る”事がいかになされているか、いかに心が外界の表象を形作るか、いかに情報が蓄えられ再起されるかなどの理解につながっている。これらの分野の発展が認識論に影響を及ぼす事が示唆されている。認識論 フレッシュアイペディアより)

  • 学習

    学習から見た脳科学脳科学

    教育については教育学という学問が確立されている。それに対して、近年認知科学(認知心理学)や脳科学をベースにした学習科学という分野が起こりつつある。学習 フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚宏

    戸塚宏から見た脳科学脳科学

    1986年7月 - 保釈される。早稲田祭で人物研究会の招きにより講演。以後も日本テレビ「EXテレビ」など各種メディアに登場、脳幹を鍛えれば癌やアトピー、うつ病、登校拒否などあらゆる病状を克服できるという趣旨の「脳幹論」(根性論の一種)を肝とした持論を展開する(但し本人は脳科学者ではない)。戸塚宏 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスから見た脳科学脳科学

    特徴は、脳科学、身体科学、生命科学、情報科学、環境科学などと、テクノロジー(インフォメーションテクノロジー、空間情報技術、エレクトロニクス、バイオテクノロジーなど)、デザイン(メディアデザイン、デジタルアート、建築・環境デザインなど)を駆使し、柔軟に人文・社会科学と融合させ、美術・藝術分野まで幅広い複合領域となっている。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス フレッシュアイペディアより)

  • 心理学

    心理学から見た脳科学脳科学

    その研究領域は広範囲に及ぶため、隣接する他の学問との相互連携が多様な形で行なわれてきた(学際)。例えば、心理学では仮説の域を超えられなかったものが、脳科学の知見によってその妥当性が検証できるのではないかという期待がある。また、ヒューマンエラーについての知見が、人間工学分野で取り入れられたりするなどの試みがある。プロスペクト理論などの行動経済学も盛んに研究されている。こうした動きは今後も加速すると思われる。心理学 フレッシュアイペディアより)

  • 意味論

    意味論から見た脳科学脳科学

    認知主体である人間が、客観世界をどのように捉え、それをどのように言葉にするのか、という課題に着目した理論。日常言語の概念体系のかなりの部分は、実際は世界の客観的な解釈によって構築されているのではなく、そこに言語主体の身体的経験や言語以外にも見られる一般的な認知能力が反映されていると捉える。そこにはメタファー、イメージ形成、イメージスキーマ変換、カテゴリー化などの主体的な認知プロセスを介して構築されているという事実がある。この種の能力・認知プロセスによって、通時的意味変化、多義性、構文の拡張などが動機づけられている、という観点に立つ。「水が半分も残っている」と「水が半分しかない」「半分残った水」はどれも同じ客観的な世界を捉えた言語表現であるが、それを認知主体である人間がいかなる認知プロセスを反映して、客観世界をどのように捉えるかによって、このような言語表現の差異が生まれるのである。アプローチは多岐にわたるが、共通しているのは形式意味論のような人間の主観や認知を廃した形式的な枠組みに対するアンチテーゼとなっている点である。語用論、談話分析などのほか、ゲシュタルト心理学や認知心理学、発達心理学、脳科学などとの親和性も高い。意味論 フレッシュアイペディアより)

  • 疑似科学

    疑似科学から見た脳科学脳科学

    脳科学の理解と適用に関する問題として指摘が行われているもの。疑似科学 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「脳研究」のニューストピックワード