1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 脳科学

    脳科学から見た精神物理学

    心理学研究、精神物理学的研究:被験者となるヒトに様々な課題を行わせ行動を観察することで脳機能を類推する(例:視覚の干渉刺激実験)。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た情動

    対象とする脳機能としては視覚認知、聴覚認知など感覚入力の処理に関するもの、記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決など高次認知機能と呼ばれるもの、情動に関するものなどである。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た脳機能マッピング

    脳機能マッピング:脳の各部位がどういう働きをしているかを、まるで脳を地図に見立てたように“マッピング”していく方法。脳機能イメージングや損傷脳研究などの手法がある。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た言語

    対象とする脳機能としては視覚認知、聴覚認知など感覚入力の処理に関するもの、記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決など高次認知機能と呼ばれるもの、情動に関するものなどである。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た神経科学

    脳科学(のうかがく)は、ヒトを含む動物の脳とそれが生み出す機能について研究する学問分野である。神経科学(しんけいかがく)の俗名であり、専門的な文献ではあまり使わない。以下に神経科学に関して記述するが、特に「脳科学」と呼ばれる物にはこれに当てはまらない疑似科学に類するものも多く含まれる。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た認知神経科学

    そもそもは認知神経科学と呼ばれる分野の一般向けの呼称の仕方であったが、最近は脳と心を結びつけて議論する研究全般がこう呼ばれるようになった。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見た聴覚

    対象とする脳機能としては視覚認知、聴覚認知など感覚入力の処理に関するもの、記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決など高次認知機能と呼ばれるもの、情動に関するものなどである。脳科学 フレッシュアイペディアより)

  • 脳科学

    脳科学から見たドーパミン

    また、2つ以上の分野を組み合わせて行うこともある。例えば、Schultzら(1993年)の有名な実験では、サルに遅延反応課題をさせているときのドーパミン神経細胞の発火を細胞外電極で測定しているが、これは「計算論的神経科学+電気生理学」の組み合わせである。脳科学 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「脳研究」のニューストピックワード