前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
430件中 1 - 10件表示
  • 麻痺

    麻痺から見た脳血管障害脳血管障害

    通常は障害部位は1か所と考え、診断を進めていく。上位ニューロン障害として脳血管障害、下位運動ニューロン障害としては頸椎症が頻度としては多い。上位運動ニューロン障害では脳神経外科、神経内科、下位運動ニューロン障害、筋疾患では整形外科、神経内科と専門とする診療科も異なる。なお、特殊な例としては上位運動ニューロン障害、下位運動ニューロン障害の混在する疾患としては筋萎縮性側索硬化症などがあげられる。神経診断学をすべて行うと非常に専門的となるため、病歴から脳血管障害が疑われた場合は痙性運動麻痺、腱反射の亢進、表在反射の消失、病的反射(バビンスキー反射、チャドック反射)の出現、膝クローヌス(間代)、足クローヌスといった錐体路徴候のみ診察し、頭部CTにて出血評価、出血がみられなければ頭部MRI(とくに拡散強調画像)といった手順で救急室では行う。というのは脳出血ならば緊急手術の適応の評価、脳梗塞ならば血栓溶解療法の適応など緊急を要する選択をしなければならないからである。麻痺 フレッシュアイペディアより)

  • 痺れ

    痺れから見た脳血管障害脳血管障害

    痺れを起こす疾患は多岐にわたる。亜急性脊髄連合変性症、過呼吸、テタニー、ヒステリー、脳血管障害、脳腫瘍、多発性硬化症、脊椎疾患、手根管症候群、多発ニューロパチー、薬剤性と多岐にわたる。基本的に神経の圧迫(末梢神経において運動神経と感覚神経は並走するので両方検査すること)や血流障害などがあれば容易にしびれは起こりうると考えてよい。但し痺れ自体は単独では診断学的な価値は極めて低い。これらの疾患は他の随伴症状を踏まえることで診断をするべきであり、痺れが主訴で想起すべき疾患は実はかなり少ない。基本的には手のしびれでは頸椎症を始めとする頸椎疾患と手根管症候群、足のしびれならば脊髄病変(頚椎、胸椎、腰椎どれでもよい)か多発神経炎の計4つを診断できれば、日常診療では十分である。(脳卒中や多発性硬化症でしびれのみで来院ということはほぼない) その他、脊髄髄節レベルに一致しないようなしびれや痛みのほほとんどは、関節機能異常joint dysfunctionによるものと言われている。痺れ フレッシュアイペディアより)

  • 高血圧

    高血圧から見た脳卒中脳血管障害

    高血圧(こうけつあつ、Hypertension)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きい。生活習慣病のひとつであり、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されていた。これらは現在メタボリックシンドロームと呼ばれる。高血圧 フレッシュアイペディアより)

  • タバコ警告表示

    タバコ警告表示から見た脳卒中脳血管障害

    喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は脳卒中により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1.7倍高くなります。タバコ警告表示 フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・タンボ

    オリバー・タンボから見た脳卒中脳血管障害

    1989年、タンボは脳卒中で衰弱していたが反アパルトヘイト運動の象徴として海外と南アフリカでの活動は継続された。オリバー・タンボ フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見た脳卒中脳血管障害

    酸化ストレスはヒトの多くの病気で原因の一つとして注目されており、疾患の予防や健康維持の目的で医薬品候補や栄養補給食品の候補として広く研究ないしは利用されている。たとえば脳卒中、神経変性病の治療に対する研究が顕著である。しかし、現状では酸化ストレスが病気の原因であるのかそれとも結果であるのかも不明であり、抗酸化物質は医薬分野では研究中の域を出ない。抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • 金東里

    金東里から見た脳卒中脳血管障害

    1945年、解放後直後の左右対立の渦中、いち早く民族陣営に立った。1946年、趙芝薫らと韓国青年文筆家協会を結成、会長に就任するとともに、金秉逵、金東錫ら左翼文学者に対する批判を展開する。党の政治目的に隷属する左翼文学は金の純文学の純粋性を維持する考えと対立した。その文学理論が韓国文壇に及ぼした影響は大きい。朝鮮戦争停戦後は、戦争文学を執筆する傍ら、文学の振興に努めた。1990年、脳卒中で倒れ、1995年6月17日、逝去した。1999年、韓国芸術評論家協議会選定「20世紀を照らした韓国の芸術家()」に選ばれた。金東里 フレッシュアイペディアより)

  • 脳神経外科学

    脳神経外科学から見た脳卒中脳血管障害

    日本においては、戦前に一般外科医が散発的に脳神経外科分野の手術を行っていた。戦後、日本でも抗生物質が普及し、日本人の死因1位が感染症から1951年(昭和26年)には脳卒中となり(1980年まで)、脳神経外科分野の需要が増加した。また、高度経済成長期にモータリゼーションが浸透し、交通戦争と呼ばれるほどの交通事故が発生して外傷性の脳神経外科疾患が増加した。このような患者の増加の背景もあって、1965年(昭和40年)6月に医療法第70条に「脳神経外科」が診療科名として加えられ、日本でも脳神経外科学が発達していった。最近では、血管内治療や放射線治療等、脳神経全体に関する治療分野へと発展している。脳神経外科学 フレッシュアイペディアより)

  • ベーチェット病

    ベーチェット病から見た脳血管障害脳血管障害

    静脈病変が多く、深部静脈血栓症やバッド・キアリ症候群の原因となることがある。動脈病変はそれより少ないが劇的な臨床像とともによくしられており、大動脈炎をおこしたり、肺動脈炎から大量喀血をきたすことがある。血管病変に伴う脳血管障害や心筋梗塞も報告されている。ベーチェット病 フレッシュアイペディアより)

  • 抗リン脂質抗体症候群

    抗リン脂質抗体症候群から見た脳卒中脳血管障害

    抗リン脂質抗体症候群における脳卒中の二次予防についての検討。:抗リン脂質抗体症候群 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
430件中 1 - 10件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード