前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
420件中 1 - 10件表示
  • 麻痺

    麻痺から見た脳血管障害脳血管障害

    通常は障害部位は1か所と考え、診断を進めていく。上位ニューロン障害として脳血管障害、下位運動ニューロン障害としては頸椎症が頻度としては多い。上位運動ニューロン障害では脳神経外科、神経内科、下位運動ニューロン障害、筋疾患では整形外科、神経内科と専門とする診療科も異なる。なお、特殊な例としては上位運動ニューロン障害、下位運動ニューロン障害の混在する疾患としては筋萎縮性側索硬化症などがあげられる。神経診断学をすべて行うと非常に専門的となるため、病歴から脳血管障害が疑われた場合は痙性運動麻痺、腱反射の亢進、表在反射の消失、病的反射(バビンスキー反射、チャドック反射)の出現、膝クローヌス(間代)、足クローヌスといった錐体路徴候のみ診察し、頭部CTにて出血評価、出血がみられなければ頭部MRI(とくに拡散強調画像)といった手順で救急室では行う。というのは脳出血ならば緊急手術の適応の評価、脳梗塞ならば血栓溶解療法の適応など緊急を要する選択をしなければならないからである。麻痺 フレッシュアイペディアより)

  • 痺れ

    痺れから見た脳血管障害脳血管障害

    痺れを起こす疾患は多岐にわたる。亜急性脊髄連合変性症、過呼吸、テタニー、ヒステリー、脳血管障害、脳腫瘍、多発性硬化症、脊椎疾患、手根管症候群、多発ニューロパチー、薬剤性と多岐にわたる。基本的に神経の圧迫(末梢神経において運動神経と感覚神経は並走するので両方検査すること)や血流障害などがあれば容易にしびれは起こりうると考えてよい。但し痺れ自体は単独では診断学的な価値は極めて低い。これらの疾患は他の随伴症状を踏まえることで診断をするべきであり、痺れが主訴で想起すべき疾患は実はかなり少ない。基本的には手のしびれでは頸椎症を始めとする頸椎疾患と手根管症候群、足のしびれならば脊髄病変(頚椎、胸椎、腰椎どれでもよい)か多発神経炎の計4つを診断できれば、日常診療では十分である。(脳卒中や多発性硬化症でしびれのみで来院ということはほぼない) その他、脊髄髄節レベルに一致しないようなしびれや痛みのほほとんどは、関節機能異常joint dysfunctionによるものと言われている。痺れ フレッシュアイペディアより)

  • 脳神経

    脳神経から見た脳血管障害脳血管障害

    両側の神経が完全に傷害されると全盲になる。しかし、部分的障害によっても多様な視覚障害が生じる。原因疾患としては視交叉を圧迫する下垂体腺腫や脳血管障害が多い。その場合障害部位にもよるが、両耳側性半盲(視交叉の外側からの圧迫による)、同名半盲(視放線の障害による)などが生じる。脳神経 フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・タンボ

    オリバー・タンボから見た脳卒中脳血管障害

    1989年、タンボは脳卒中で衰弱していたが反アパルトヘイト運動の象徴として海外と南アフリカでの活動は継続された。オリバー・タンボ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バンクス

    トニー・バンクスから見た脳卒中脳血管障害

    「ライト・オノラブル(大名誉)」の敬称を持つストラトフォード男爵のアンソニー・ルイス・"トニー"・バンクス(: 1943年4月8日 - 2006年1月8日)は、イギリスの政治家で、労働党員として地方議会やイギリス国会で活躍した。また1997年から1999年まではスポーツ相を務めた。2006年1月5日、フロリダで休養中に急性脳卒中を患い、同年1月8日に62歳で亡くなった。トニー・バンクス フレッシュアイペディアより)

  • 子癇

    子癇から見た脳血管障害脳血管障害

    脳血管障害:脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、動脈瘤など子癇 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ心臓協会

    アメリカ心臓協会から見た脳卒中脳血管障害

    アメリカ心臓協会(アメリカしんぞうきょうかい、American Heart Association)は、アメリカの患者支援団体。心血管障害、脳卒中の研究および、心肺蘇生教育に関する世界的情報発信団体であり、世界的権威でもある。英文の頭文字を取りAHAと呼ばれることもある。アメリカ心臓協会 フレッシュアイペディアより)

  • 抗リン脂質抗体症候群

    抗リン脂質抗体症候群から見た脳卒中脳血管障害

    抗リン脂質抗体症候群における脳卒中の二次予防についての検討。:抗リン脂質抗体症候群 フレッシュアイペディアより)

  • インダパミド

    インダパミドから見た脳卒中脳血管障害

    脳卒中既往患者に対してペリンドプリル・インダパミド治療群とプラセボ群の無作為割付二重盲検試験(RCT)。治療群で脳卒中再発の減少が報告された。インダパミド フレッシュアイペディアより)

  • 尾上梅幸 (6代目)

    尾上梅幸 (6代目)から見た脳卒中脳血管障害

    晩年は脳卒中の後遺症によって体が不自由になり、舞台にも精彩を欠いた。1935年(昭和10年)3月歌舞伎座で行われる予定だった「五代目尾上菊五郎三十三回忌追善興行」で「尾上梅壽」を襲名して同時に引退することを発表していたが、1934年(昭和9年)11月4日その歌舞伎座で『ひらかな盛衰記』「源太勘当」の母延寿を勤めている最中に脳卒中で倒れ、そのまま意識が回復することなく8日に死去。倒れた直後、楽屋に運ばれる途中で朦朧とした意識のうちにも裾の乱れを気にしていたことが逸話として伝わっている。尾上梅幸 (6代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
420件中 1 - 10件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード