430件中 91 - 100件表示
  • アーネスト・ジョン・モーラン

    アーネスト・ジョン・モーランから見た脳卒中脳血管障害

    1920年代中期までに、モーランは作曲家のピーター・ワーロックと親交を結び、数年間をケント州アインズフォード(Eynsford)で共に過ごした。彼らが頻繁に開いた酒盛りは地元の人々の中で悪名高かったという。それ以来彼の人生は、後に患う神経症と相俟ってアルコールに依存することとなる。ウォーロックの死後、モーランはアイルランドの祖先に興味を持ち、殆どの時間をアイルランドのケリー州ケンメア(Kenmare)で過ごした。1945年、チェロ奏者であるピアーズ・コートモアと結婚。彼の結婚は、チェロ協奏曲やチェロソナタといった傑作の創作に繋がったが、必ずしも全てが幸せというわけではなかった。1950年、彼は突然脳卒中を起こしケンメアで死去。。アーネスト・ジョン・モーラン フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・スルタノフ

    アレクセイ・スルタノフから見た脳卒中脳血管障害

    2001年に脳卒中の発作に倒れ、硬膜下血腫除去のために緊急手術を受ける。しかし、左半身麻痺によって演奏家生命は断たれ、長いリハビリ生活を続けるも、ついに舞台復帰はかなわなかった。アレクセイ・スルタノフ フレッシュアイペディアより)

  • ケン・アナキン

    ケン・アナキンから見た脳卒中脳血管障害

    1992年の映画『Gengis Khan』を最後に監督業を引退。2009年2月に心臓発作と脳卒中に倒れ、同年4月22日、ビバリーヒルズの自宅で死去した。ケン・アナキン フレッシュアイペディアより)

  • クァディ族

    クァディ族から見た脳卒中脳血管障害

    4世紀、ウァレンティニアヌス1世はライン川の国境から侵入しようとするサルマタイ族、ゴート族、クァディ族の混成軍への対処に多くの時間を費やした。この混成軍の王ガビニウスは、ローマ側との交渉の席でマクシミヌス・ダイアの息子でガリア属州の地方総督だったマルケリヌスに殺害された。375年、ウァレンティニアヌス1世はクァディ族の使者との和平交渉の席で、相手の尊大な態度にあまりに憤慨したため亡くなった(心臓発作または脳卒中とされている)。クァディ族 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルム・ホーゼンフェルト

    ヴィルム・ホーゼンフェルトから見た脳卒中脳血管障害

    第二次世界大戦の末期の1944年に中隊長に転じ、1945年1月17日にソ連軍の捕虜となる。ソ連はホーゼンフェルトが諜報部に属していたと断定しミンスクの獄に投じて拷問を加えたが、証拠も自白も得られなかった。証拠がなく、しかもホーゼンフェルトを弁護する多くの人々の証言にもかかわらず、ホーゼンフェルトの不起訴と刑の執行猶予はソ連軍当局によって拒絶され、軍事法廷で諜報活動に従事した戦犯として25年の強制労働を宣告された。拷問や過酷な労働のため何度かの脳卒中を起こし、精神に異常を来たした末に、スターリングラードの戦犯捕虜収容所で1952年8月13日に死亡した。ヴィルム・ホーゼンフェルト フレッシュアイペディアより)

  • ヴァツワフ3世アダム (チェシン公)

    ヴァツワフ3世アダム (チェシン公)から見た卒中脳血管障害

    ヴァツワフ3世アダムは卒中の発作を起こして長く病臥に伏した後、1579年11月4日に亡くなった。公爵は自分が閉鎖したチェシンのドミニコ会修道院跡地に埋められた。公国は3男のアダム・ヴァツワフが継いだが幼少のため、摂政政治が行われた。ヴァツワフ3世アダム (チェシン公) フレッシュアイペディアより)

  • 利益至上主義

    利益至上主義から見た脳卒中脳血管障害

    利益至上主義の傾向がより強まれば、経営側・管理職側が社員に対しノルマ達成を厳しく求めることになるので、社員に違法な業務活動をさせることにも繋がりやすくなる。また厳しいノルマを達成するために、私生活・家庭の大半を犠牲にして仕事に打ち込むワーカホリックを生み出す。これにより労働者が受ける精神的苦痛が大きくなれば、社員同士(特に上司と部下、社員とパートタイマー)の人間関係の悪化、新入社員の短期間での離職、労働環境の悪化で労働災害の増加をもたらす要因となり、疲れ果ててうつ病などの精神疾患や過労による病気を患ったり、最悪過労死や過労自殺を引き起こしたり、脳卒中による植物状態などで社会復帰が不可能になる場合があり、それらの要因が重なり、どうにか心身を維持している社員も周囲でそれを見聞きすることで、労働意欲が削がれてゆく。利益至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・モロス

    ジェローム・モロスから見た脳卒中脳血管障害

    1983年にマイアミで脳卒中に倒れ、心不全を併発して死去した。ジェローム・モロス フレッシュアイペディアより)

  • エーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)

    エーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)から見た脳卒中脳血管障害

    1731年にエーバーハルト・ルートヴィヒの一人息子フリードリヒ・ルートヴィヒが急死すると、従弟でカトリック改宗者のヴィンネンタール公カール・アレクサンダーが後継者となり、プロテスタント領邦国家ヴュルテンベルクがカトリックの君主を迎えるという非常に望ましくない事態が起きた。公爵はついに愛人ヴィルヘルミーネを捨て、長く無視してきた50歳過ぎの正妻ヨハンナ・エリーザベトとの間に息子を得ようと努力したが、結局新たな息子をもうけないまま1733年に脳卒中で急死、カール・アレクサンダーが次の公爵に即位した。エーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日大学歯学部附属村上記念病院

    朝日大学歯学部附属村上記念病院から見た脳血管障害脳血管障害

    その他診療面の特徴として、村上記念病院は救急医療にも積極的に取り組んでおり、岐阜市病院群輪番制(二次救急)に参加し年間5,000人以上の救急患者を受け入れている。また脳卒中に関しては、本院には2004年より脳卒中センターが開設されており、脳卒中専門治療チームによる救急診療体制が整えられているほか、救急隊やかかりつけ医などから直接専門医に連絡が行なえる脳卒中ホットラインが開設されている。朝日大学歯学部附属村上記念病院 フレッシュアイペディアより)

430件中 91 - 100件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード