420件中 131 - 140件表示
  • 泡沫細胞

    泡沫細胞から見た脳卒中脳血管障害

    泡沫細胞(ほうまつさいぼう、)は、アテローム性動脈硬化症に見られる脂肪蓄積マクロファージである。これらは、プラーク形成またはアテローム性動脈硬化症の兆候であり、これは一般に心臓発作および脳卒中のリスク増加に関連する。泡沫細胞 フレッシュアイペディアより)

  • リハビリテーション

    リハビリテーションから見た脳血管障害脳血管障害

    脳卒中による痙性片麻痺の運動機能評価は共同運動という現象を基準に、その出現と消腿の度合いを評価する。発病の当初は随意性を喪失していることが多いが、やがて肩・肘・手指全体を生理学的な屈曲あるいは伸展方向に同時にのみ動かせる共同運動だけができるようになり、続いて各関節を単独で動かせ、さらに回復が進めば、複数の関節を屈曲・伸展逆方向に同時に動かすことができる複合運動が可能になる。評価は運動機能が以上のどの段階にあるかを把握して、解決方法を検討する作業である。リハビリテーション フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮主婦散弾銃射殺事件

    宇都宮主婦散弾銃射殺事件から見た脳卒中脳血管障害

    この事件では、加害者A宅と被害者B宅とのちょっとしたトラブルから両家の隣人戦争が勃発。当初は一方が庭の芝生を張り替えたらもう一方も芝生を張り替える、一方が自動車を購入したらもう一方も自動車を購入するといった程度だったが、A宅で加害者の妻が脳卒中で介護が必要になった事が事態を悪化させ、加害者の妻がある日B宅の布団を叩く音に不快感を示したのに気づいた加害者が散弾銃でB宅を銃撃し、B宅の主婦を殺害し、B宅主婦の娘にも銃撃を加えて重傷を負わせた。その後、加害者がA宅内で散弾銃を口にくわえて自殺しているのが発見された。宇都宮主婦散弾銃射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 平井伸和

    平井伸和から見た脳卒中脳血管障害

    ところが、同年5月29日の全日本プロレス・神戸大会に出場し試合後のインタビュー中に嘔吐し吐血が強く疑われ、直ちに救急車で病院へ搬送された。平井は受診により脳卒中と診断され(後に急性硬膜下血腫と改められる)、同日中に緊急手術を受けた。手術は成功し、5月31日の時点で平井は自発呼吸や親族の問いかけに対する反応はあるものの、意識は回復していなかった。同年8月7日の『日刊サイゾー』の報道では関係者が「意識は回復しましたが、記憶が戻っていない」と話している様子が伝えられ、同じく関係者曰く「症状の程度は聞いていませんが事件当時のことをほとんど覚えておらず、そういった以上現役復帰はかなり難しいでしょう」と再起不能が濃厚であるとする説が確認された。平井伸和 フレッシュアイペディアより)

  • レオ・ノメリーニ

    レオ・ノメリーニから見た脳血管障害脳血管障害

    晩年は脳卒中を患い、2000年10月17日に死去。。レオ・ノメリーニ フレッシュアイペディアより)

  • 失認

    失認から見た脳血管障害脳血管障害

    要素的な一次視覚が保たれており、ひとつのまとまりとして把握はできるが、過去において蓄えられた経験と結びつかないので提示した物品が何であるのかわからない場合を連合型視覚失認という。物品の模写も類似した視覚刺激の異同も判定できるが、物品の名前やその使用方法を示すことができない。側頭後頭接合部の下部の両側性障害、後大脳動脈の脳血管障害で起こることが多い。責任病巣は統覚型視覚失認と同様であり左半球の内側、腹側部、特に紡錘状回、海馬傍回後部が重視され、統覚型との病変の違いは明らかではない。対象の知識は保たれており、触覚や聴覚を通せば同定できること、対象の特徴的な動きをみると同定ができる。失認 フレッシュアイペディアより)

  • 脳浮腫

    脳浮腫から見た脳血管障害脳血管障害

    脳浮腫は脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、感染など、頭蓋内の病変に起因する。また、呼吸障害や各種中毒、代謝障害など、頭蓋外の病変によって起こることもある。脳浮腫 フレッシュアイペディアより)

  • スターリン暴落

    スターリン暴落から見た脳卒中脳血管障害

    1953年3月1日、ソ連の指導者ヨシフ・スターリンはラヴレンチー・ベリヤ、ゲオルギー・マレンコフ、ニコライ・ブルガーニン、ニキータ・フルシチョフら側近と会食後、寝室で脳卒中の発作で倒れた。4日後の1953年3月5日には危篤状態に陥り、73歳で死去した。スターリンの死は社会主義陣営各国に大きな衝撃を与えた。スターリン暴落 フレッシュアイペディアより)

  • 依田勉三

    依田勉三から見た脳血管障害脳血管障害

    大正14年(1925年)には勉三が中風症に倒れ、9月には勉三の看病をしていた妻が亡くなり、12月12日、勉三は帯広町西2条10丁目の自宅で息を引き取った。享年73。勉三の死後昭和7年(1932年)に晩成合資会社は解散し、翌年の昭和8年(1933年)帯広は北海道で7番目に市制を施行した。勉三は、その死の間際「晩成社には何も残らん。しかし、十勝野には…」と述懐したという。依田勉三 フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・マートー

    ダニー・マートーから見た脳卒中脳血管障害

    1976年のシーズン終了して間もない、同年12月2日、マートーは脳卒中のため59歳で急逝した。死後、1977年4月に、パイレーツはマートーの背番号『40』をチームの永久欠番に指定し、生前の功績を讃えた。ダニー・マートー フレッシュアイペディアより)

420件中 131 - 140件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード