430件中 11 - 20件表示
  • 子癇

    子癇から見た脳血管障害脳血管障害

    脳血管障害:脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、動脈瘤など子癇 フレッシュアイペディアより)

  • 生活習慣病

    生活習慣病から見た脳卒中脳血管障害

    日本では生活習慣に起因する疾病として主として、がん、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっている。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがある(なお、肥満に関連して起きる症候群をメタボリックシンドロームとも呼ぶ)。生活習慣病 フレッシュアイペディアより)

  • 脳神経

    脳神経から見た脳血管障害脳血管障害

    両側の神経が完全に傷害されると全盲になる。しかし、部分的障害によっても多様な視覚障害が生じる。原因疾患としては視交叉を圧迫する下垂体腺腫や脳血管障害が多い。その場合障害部位にもよるが、両耳側性半盲(視交叉の外側からの圧迫による)、同名半盲(視放線の障害による)などが生じる。脳神経 フレッシュアイペディアより)

  • 失神

    失神から見た脳血管障害脳血管障害

    大脳皮質全体、あるいは脳幹の血流が瞬間的に遮断されるような病態で失神は起こる。頻度としては殆どが循環器疾患である。脳血管障害、特にTIAによるものは非常に稀である。これは解剖学によって説明ができる。大脳皮質全体の血流を遮断するには脳を灌流する4本の血管(左右の内頚動脈と椎骨動脈)を同時に遮断しなければならない。血管病変では、これは非常に可能性が低い。事実、多くの格闘技でいわゆる絞め技でも瞬時に相手を失神させることはできないことから明らかである。例外として脳底動脈が遮断された場合は失神を起こしえる。症状が意識障害のみではTIAの診断基準を満たすことはできない。脳底動脈領域のTIAの場合は意識消失の前または後に神経脱落症状(多くは複視、片麻痺、小脳失調、脳神経所見)が認められるのが一般的である。失神 フレッシュアイペディアより)

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症から見た脳卒中脳血管障害

    血管壁の老化などに伴い動脈血管の弾力性がなくなり硬くなる症状。弾力性がないため血圧が高くなると血管が破裂しやすく、特に脳内で破裂すると身体の機能が突然麻痺する脳卒中になり易く、危険な病気。血圧を下げる薬を服用する以外に決定的な解決策はない。動脈硬化症 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・チェンバレン

    ジョゼフ・チェンバレンから見た脳卒中脳血管障害

    その後も関税再導入を主張し続け、保守統一党の亀裂を深めた。1906年には脳卒中で倒れ、1914年に死去した。ジョゼフ・チェンバレン フレッシュアイペディアより)

  • 脳梗塞

    脳梗塞から見た脳卒中脳血管障害

    脳梗塞(のうこうそく、/、別名:脳軟化症(のうなんかしょう))とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、緩徐に進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

    カスパー・ダーヴィト・フリードリヒから見た脳卒中脳血管障害

    元々は、セピアインクによるペン画(線画)を描いていた。脳卒中で倒れた後は、油彩からは一歩引いて再びペン画を中心に画業を行っていた。カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ フレッシュアイペディアより)

  • 頭痛

    頭痛から見た脳血管障害脳血管障害

    脳血管障害により頭痛が起こることもあり、代表的なものに「脳出血」「クモ膜下出血」「髄膜炎」「硬膜動静脈瘤(こうまくどうじょうみゃくろう)」などがあげられる。これらの頭痛の特徴は、突然頭部を何か堅いもので殴られたような突発的な痛みが発生することがあげられる。いずれにしても脳血管障害の場合は命に関わる危険性が極めて高くなるので、早急な救急処置を行うことが大切である。頭痛 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見た脳卒中脳血管障害

    1953年3月1日、ラヴレンチー・ベリヤ、ゲオルギー・マレンコフ、ニコライ・ブルガーニン、ニキータ・フルシチョフとの徹夜の夕食の後、スターリンは寝室で脳卒中の発作で倒れた。暗殺を恐れていたスターリンは、同じ形の寝室を複数作り、どの部屋を使うかを就寝直前に決めていた。寝室は鋼鉄の箱のような構造になっており、扉は内側から施錠すると、外から開けるには警備責任者が持つただ1本の鍵を用いるしかなかった。翌朝、予定時間を過ぎてもスターリンの指示がないことに警備責任者は不審を覚えたが、眠りを妨げられたスターリンの怒りを買うことを恐れて、午後になるまで何もしなかった。このために発見が遅れ、容態を重篤にしたと言われている。ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

430件中 11 - 20件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード