420件中 11 - 20件表示
  • 金東里

    金東里から見た脳卒中脳血管障害

    1945年、解放後直後の左右対立の渦中、いち早く民族陣営に立った。1946年、趙芝薫らと韓国青年文筆家協会を結成、会長に就任するとともに、金秉逵、金東錫ら左翼文学者に対する批判を展開する。党の政治目的に隷属する左翼文学は金の純文学の純粋性を維持する考えと対立した。その文学理論が韓国文壇に及ぼした影響は大きい。朝鮮戦争停戦後は、戦争文学を執筆する傍ら、文学の振興に努めた。1990年、脳卒中で倒れ、1995年6月17日、逝去した。1999年、韓国芸術評論家協議会選定「20世紀を照らした韓国の芸術家()」に選ばれた。金東里 フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・シャロン

    アリエル・シャロンから見た脳卒中脳血管障害

    2006年1月4日、脳卒中を発症し、意識不明となる。エフード・オルメルトが首相代行に就任し、権限委譲。数日後に大腸虚血疾患にみまわれ、大腸を切除した。この為、その年の春に行われたクネセト総選挙に出馬できず(選挙立候補届出の手続きに本人のサインが必要)、本人の意思とは無関係に政界引退を余儀なくされた。闘病生活中、意識は戻ることなく昏睡状態のままであった。晩年のシャロンはやせ細り、体重はわずか50キログラム前後に落ちたという。家族の意向により病院から自宅に移されて療養生活を続けた。アリエル・シャロン フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木直亮

    佐々木直亮から見た脳卒中脳血管障害

    1921年1月17日東京都港区に生まれる。1943年9月慶應義塾大学医学部卒業。1956年弘前大学医学部教授(衛生学)に就任。1986年退官、弘前大学名誉教授の称号を授与される。2007年9月9日午後9時頃、脳卒中のため青森県弘前の自宅で死去(享年86)。墓所は東京都港区の青山霊園。佐々木直亮 フレッシュアイペディアより)

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドロームから見た脳卒中脳血管障害

    人間ドックなどの健康診断で無自覚のまま動脈硬化の進行が検査などにより発見されたり、虚血性心疾患や脳卒中などを発症した場合は、それに基づく治療が行われる(詳細は虚血性心疾患および脳卒中を参照)。メタボリックシンドローム フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見た脳卒中脳血管障害

    酸化ストレスはヒトの多くの病気で原因の一つとして注目されており、疾患の予防や健康維持の目的で医薬品候補や栄養補給食品の候補として広く研究ないしは利用されている。たとえば脳卒中、神経変性病の治療に対する研究が顕著である。しかし、現状では酸化ストレスが病気の原因であるのかそれとも結果であるのかも不明であり、抗酸化物質は医薬分野では研究中の域を出ない。抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬

    アンジオテンシンII受容体拮抗薬から見た脳卒中脳血管障害

    メタアナリシスにおいて、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)は、有意に低い全死因死亡率、心血管関連死亡率、および心血管発生率(それぞれ相対的低下13%、17%、および14%)と関連したが、それらの効果はカルシウム拮抗剤やリ利尿剤より低かった。またARBによる治療は前述のいずれについても利益を示さなかった。脳卒中のリスクの減少は、ACE阻害薬とARBのどちらにも認められなかった。 バルサルタン事件などで効果の再評価が進んでおり、厳しいコンプライアンスが要求される最近の試験ではアンギオテンシン変換酵素阻害薬のいわゆる「降圧効果を超えた臓器保護作用」に否定的データが提出されるようになった。アンジオテンシンII受容体拮抗薬 フレッシュアイペディアより)

  • ベーチェット病

    ベーチェット病から見た脳血管障害脳血管障害

    静脈病変が多く、深部静脈血栓症やバッド・キアリ症候群の原因となることがある。動脈病変はそれより少ないが劇的な臨床像とともによくしられており、大動脈炎をおこしたり、肺動脈炎から大量喀血をきたすことがある。血管病変に伴う脳血管障害や心筋梗塞も報告されている。ベーチェット病 フレッシュアイペディアより)

  • 失神

    失神から見た脳血管障害脳血管障害

    大脳皮質全体、あるいは脳幹の血流が瞬間的に遮断されるような病態で失神は起こる。頻度としてはほとんどが循環器疾患である。脳血管障害、特にTIAによるものは非常に稀である。これは解剖学によって説明ができる。大脳皮質全体の血流を遮断するには脳を灌流する4本の血管(左右の内頚動脈と椎骨動脈)を同時に遮断しなければならない。血管病変では、これは非常に可能性が低い。事実、多くの格闘技でいわゆる絞め技でも瞬時に相手を失神させることはできないことから明らかである。例外として脳底動脈が遮断された場合は失神を起こしえる。症状が意識障害のみではTIAの診断基準を満たすことはできない。脳底動脈領域のTIAの場合は意識消失の前または後に神経脱落症状(多くは複視、片麻痺、小脳失調、脳神経所見)が認められるのが一般的である。失神 フレッシュアイペディアより)

  • 高次脳機能障害

    高次脳機能障害から見た脳血管障害脳血管障害

    高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、主に脳の損傷によって起こされる様々な神経心理学的障害である。主として病理学的な観点よりも厚生労働省による行政上の疾患区分として導入された概念であり、異なった原因による複数の疾患が含まれる。それぞれの症状や治療について、詳しくは脳血管障害といった病理学的な観点から論じられる。高次脳機能障害 フレッシュアイペディアより)

  • 頭痛

    頭痛から見た脳血管障害脳血管障害

    脳血管障害により頭痛が起こることもあり、代表的なものに「脳出血」「クモ膜下出血」「髄膜炎」「硬膜動静脈瘤(こうまくどうじょうみゃくろう)」などがあげられる。これらの頭痛の特徴は、突然頭部を何か堅いもので殴られたような突発的な痛みが発生することがあげられる。いずれにしても脳血管障害の場合は命に関わる危険性が極めて高くなるので、早急な救急処置を行うことが大切である。頭痛 フレッシュアイペディアより)

420件中 11 - 20件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード