420件中 41 - 50件表示
  • ヴァーツラフ・ピフル

    ヴァーツラフ・ピフルから見た脳卒中脳血管障害

    1770年ごろにウィーン宮廷歌劇場管弦楽団の首席ヴァイオリニストに迎えられる。皇妃マリア・テレジアの推薦状を得て、ミラノ大公フェルディナンド・デステの音楽監督に転身し、1777年にイタリア入りして、1796年にフランス軍がロンバルディアを侵攻するまでその地にとどまった。その後はウィーンに戻って、同大公の没年までその宮廷に出仕した。1802年には一時的にプラハを訪れた。ロプコヴィッツ伯爵の宮殿でヴァイオリンを演奏中に、脳卒中の発作を起こして急逝した。63歳。ヴァーツラフ・ピフル フレッシュアイペディアより)

  • シャルル=ジャン・バチスト・サンソン

    シャルル=ジャン・バチスト・サンソンから見た脳卒中脳血管障害

    1754年 脳卒中で倒れて半身不随になる。当時15歳の息子であるシャルル=アンリ・サンソンをムッシュ・ド・パリ代理人に就任させる。シャルル=ジャン・バチスト・サンソン フレッシュアイペディアより)

  • 動脈スティフネス

    動脈スティフネスから見た脳血管障害脳血管障害

    脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、腎硬化症、狭心症・心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、動脈瘤などの心血管疾患の主たる原因は動脈硬化であり、その背景には動脈スティフネスの亢進がある。動脈スティフネス上昇には加齢、喫煙、糖尿病、脂質代謝異常、高血圧との因果関係があり、動脈スティフネス上昇が上記の様々な心血管疾患のリスク上昇に繋がっている。動脈スティフネス フレッシュアイペディアより)

  • 百会穴

    百会穴から見た脳血管障害脳血管障害

    中風七穴の筆頭に位置づけられており、脳血管障害やその後遺症である半身不随や言語障害などに効果がある。てんかんや自律神経失調症・不眠症などの神経・精神の症状から夜尿症、痔核などにも効果がある。百会穴 フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・ノートン

    メアリー・ノートンから見た脳血管障害脳血管障害

    1992年、デヴォンにて脳卒中で亡くなった。メアリー・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • ウィンドケッセルモデル

    ウィンドケッセルモデルから見た脳血管障害脳血管障害

    加齢が進むと動脈壁硬化により弾性血管のコンプライアンスが低下するため、ウィンドケッセル効果は減少する。原因は弾性繊維のエラスチンの分解・喪失が関与していると思われる。ウィンドケッセル効果の減少は脈圧を増大させるため、一回拍出量が一定の条件のもとでは収縮期血圧を上昇させる。収縮期血圧の上昇、即ち高血圧は、心筋梗塞、脳血管障害、心不全、その他様々な心血管疾患の危険因子となる。ウィンドケッセルモデル フレッシュアイペディアより)

  • マーサ・レイ

    マーサ・レイから見た脳血管障害脳血管障害

    1988年、マーサは脳卒中を患って引退を余儀なくされ、1990年には別の発作を起こして以降は車いす生活となった。その翌年の1991年、オシェアとの離婚から31年経っていたマーサはマーク・ハリスと7度目の結婚をラスベガスで果たす。マーサが75歳、ハリスが42歳だったこの結婚は一定の話題を呼び、ハリスはバイセクシャルの気があったものの、最終的に1994年のマーサの死まで連れ添うこととなった。マーサの死後、ハリスはビバリーヒルズに隣接するベル・エアーにあった自宅を含むマーサーの遺産の大部分を相続した。一方で、実の娘メロディーには何も相続されなかったとする。これに対して、2008年4月23日にハワード・スターンのラジオ番組『』にインタビュー出演したハリスは、遺産300万ドルのうち10万ドルを贈与したと証言した。その後、ハリスは二度の心臓発作を起こして一人娘のいるニューヨークに移り住んだ。マーサ・レイ フレッシュアイペディアより)

  • ペナンブラ

    ペナンブラから見た脳血管障害脳血管障害

    超急性期虚血性脳血管障害において、DWI が正常、PWIが異常な領域(DWI-PWI mismatch)は早期の血流再開によって救済可能な領域とみなされ超急性期血栓溶解療法のターゲットと考えられている。ペナンブラ フレッシュアイペディアより)

  • 岳人

    岳人から見た脳血管障害脳血管障害

    深田久弥「世界百名山」 - 1970年1月号(第271号)から始まり、1971年3月21日登山中の茅ヶ岳にて脳卒中で急逝するまで約1年余り、世界の各名峰を主題として41座が連載された。岳人 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠高

    大岡忠高から見た脳血管障害脳血管障害

    元禄14年(1701年)11月10日、病死。享年68。死因は卒中。家督は復帰した忠品が継いだ。大岡忠高 フレッシュアイペディアより)

420件中 41 - 50件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード