430件中 41 - 50件表示
  • 突然死

    突然死から見た脳血管障害脳血管障害

    突然死(とつぜんし、sudden death)とは、症状が出現してから24時間以内に死亡に至ることである。虚血性心疾患、心室性不整脈、大動脈瘤破裂、脳血管障害、てんかん重積発作、喘息重積など死因が特定できるものと、解剖などによっても疾患の特定できない原因不明の突然死がある。突然死 フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・ノートン

    メアリー・ノートンから見た脳卒中脳血管障害

    1992年、デボンにて脳卒中で亡くなった。メアリー・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • あばよ白書

    あばよ白書から見た脳血管障害脳血管障害

    宮地の独立に際しては、唯一組長の元に残り、若頭を任される。壁村耐三が卒中の再発で倒れた際に組長代行となる。あばよ白書 フレッシュアイペディアより)

  • 公立阿伎留医療センター

    公立阿伎留医療センターから見た脳卒中脳血管障害

    東京都脳卒中急性期医療機関公立阿伎留医療センター フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ヴァン・ビューレン・クリーヴランド

    ハロルド・ヴァン・ビューレン・クリーヴランドから見た脳血管障害脳血管障害

    1993年、パリの病院で死去。76歳。遺族によると、死の前週に脳卒中で倒れたという。ハロルド・ヴァン・ビューレン・クリーヴランド フレッシュアイペディアより)

  • ユージン・ラビノウィッチ

    ユージン・ラビノウィッチから見た脳卒中脳血管障害

    1973年5月15日脳卒中により死去した。 双子の息子のひとりヴィクター・ラビノウィッチ (Victor Rabinowitch, 1934年–) は生態学者であり、やはり『原子力科学者会報』の編集委員を務めている。 もうひとりのアレクサンダー・ラビノウィッチ (Alexander Rabinowitch) はロシア・ソ連史を専門とする歴史学者である。 ユージン・ラビノウィッチは1966年にユネスコよりカリンガ賞 (Kalinga Prize) を贈られた。 また科学者間の国際的な連携を促進したことに対して、1972年にアメリカ芸術科学アカデミー (AAAS) より特別賞を授与された。ユージン・ラビノウィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 横山操

    横山操から見た脳卒中脳血管障害

    1971年‐酒の飲みすぎにより(大変な酒豪でもあった)脳卒中で倒れ右半身不随となる。回復後は左手で制作を続けた横山操 フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・フョードロフ

    ボリス・フョードロフから見た脳卒中脳血管障害

    2000年からガスプロム、統一エネルギーシステム並びにズベルバンク(ロシア連邦貯蓄銀行)の取締役を務める。2008年10月、出張先のロンドンで脳卒中を起こし入院。治療が続けられていたが、その一ヶ月後の11月21日に入院先のロンドンの病院で亡くなった。ボリス・フョードロフ フレッシュアイペディアより)

  • モーデカイ・ブラウン

    モーデカイ・ブラウンから見た脳卒中脳血管障害

    1914年には、新興のフェデラル・リーグに移り、リーグ消滅後の1916年にカブスに戻り、現役を引退する。ブラウンの最後の登板は1916年9月4日のことで、奇しくも相手のクリスティ・マシューソンもこの試合が現役最後の登板だった。引退後は故郷インディアナに戻って1945年まで給油所を経営していたり、地元マイナーリーグの監督やコーチをしながら、ゲームやエキシビションで10年以上投げ続けていたという。晩年は糖尿病や脳卒中を患っていた。モーデカイ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 花岡堅而

    花岡堅而から見た脳卒中脳血管障害

    1955年、入院施設のなかった長野市吉田地区に医療法人慈恵会吉田病院を開設した。1958年に長野市医師会理事に就任し、1962年に日本医師会代議員、1970年から長野市医師会長を務める。1976年には長野県医師会長、1982年から1984年までは日本医師会会長に就いた。1986年に勲二等旭日重光章を受けている。戦時中の体験から長野県日中友好協会長を1985年から9年間務め、医学交流などを推進した。また、長野五輪招致委員会の自然保護専門委員長として、環境への影響が小さい白馬村・白馬八方尾根スキー場での滑降の開催の検討を提言した。1992年に脳卒中で倒れた後、1997年に心臓発作のため86歳で死去。正四位が追贈されている。花岡堅而 フレッシュアイペディアより)

430件中 41 - 50件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード